2014年4月1日火曜日

【歴史戦】「慰安婦=性奴隷」に対する日本の反論文書を入手 国連報告は「不当」「歪曲」と批判も撤回―【私の論評】エイプリル・フールなみの慰安婦問題に、そろそろ日本も決着をつけるべき時、本来史実としてあるものは、ないものより断然有利なはず(゚д゚)!

【歴史戦】「慰安婦=性奴隷」に対する日本の反論文書を入手 国連報告は「不当」「歪曲」と批判も撤回

ラディカ・クマラスワミ氏

慰安婦募集の強制性を認めた平成5(1993)年の河野洋平官房長官談話を引用し、慰安婦を強制連行された「性奴隷」と認定した96年2月の「クマラスワミ報告書」について産経新聞は31日、日本政府がいったん国連人権委員会(現人権理事会)に提出しながらすぐに撤回した反論文書を入手した。文書は報告書を「極めて不当」「無責任で予断に満ち」「歴史の歪(わい)曲(きょく)に等しい」と厳しく批判したが、非公開のため「幻の反論文書」となっている。

文書はクマラスワミ報告書が国連人権委に提出された直後の96年3月にまとめられたもので全42ページ。撤回した理由について、複数の外交筋は「反論することで、かえって慰安婦問題の議論を起こしかねないと懸念したためだ」と述べる。

報告書は、強制連行の証拠はみつかっておらず「もっぱら被害者自身の口頭証言に基づく」と指摘しながらも、河野談話を根拠として、強制連行を認定した。

これに対し反論文書は、クマラスワミ報告書を「偏見に基づく」「随所に主観的な誇張」などと強調。報告書が明確な誤りの多いオーストラリア人ジャーナリストのジョージ・ヒックス氏や、戦時中に下関で労務調達に従事し「奴隷狩り」で慰安婦を集めたと虚偽証言した吉田清治氏らの著作を引用していることから、「本来依拠すべきでない資料を無批判に採用」と批判した。

法的議論についても、報告書が日本の法的責任を求めたことを「誤った国際法の解釈」とし、「およそ法的には成り立たない恣意(しい)的な解釈に基づく政治主張」と突っぱねていた。

日本政府は反論文書を撤回後、元慰安婦への支援を行うアジア女性基金の取り組みなどを説明し、報告書の否定を求める記述を削除した「日本の施策」とする文書に差し替えた。

報告書の慰安婦問題に関する部分への国連人権委の評価は「留意(テークノート)」にとどまった。当時の日本政府関係者は事実上、不採択の扱いになったとの見解を示し「国際的にはぎりぎり話を収めた」と語るが、報告書の事実誤認は正されなかった。



◇クマラスワミ報告書

国連人権委員会の「女性に対する暴力」特別報告官に任命されたスリランカ出身の女性法律家、ラディカ・クマラスワミ氏が日本や韓国を訪問し、戦争被害者らから聞き取りし、まとめた報告書。北朝鮮には代理人が訪れ調査した。慰安婦に関する記述は「付属文書1」として添付された。日本政府に対し法的責任の受け入れと被害者への補償など6項目を勧告している。

【私の論評】エイプリル・フールなみの慰安婦問題に、そろそろ日本も決着をつけるべき時、本来史実としてあるものは、ないものより断然有利なはず(゚д゚)!



本日も、サイトを見ているといわゆる慰安婦問題の記事が掲載されています。特に、韓国側の主張は、本日の日付を考えると、まるでエープリルフールのように中身がないです。

中身がないにしても、sex slaveなど発想が薄汚いというか、エイプリルフールのように、ウイットやユーモアがあるようなものではなく、多くの人々のただ不愉快にさせる罪深いものです。

意味が良くわかりませんが、これも本日のエイプリルフールの画像らしい?

昨日のブログにも掲載した、倉山満氏の言葉を以下に掲載します。

「そもそも、学問や議論の基礎ができていない人間が平気で経済評論家を名乗れてしまう風潮をおちょくるため、リフレ派最弱のエコノミストと名乗らせていただきます」。

これは、経済に関する倉山氏の言葉ですが、これは経済に関わらず、歴史問題についてもあてはまることです。

「そもそも、学問や議論の基礎ができていない人間が平気で歴史問題専門家を名乗れてしまう風潮」もこの世の中に蔓延しています。そうして、これは日本だけではなく、世界規模の現象です。

ラディカ・クマラスワミ氏もまさに、このような歴史問題専門家の一人です。この方、そもそも歴史家でもなんでもありません。門外漢であり、問題外です。法律家が歴史問題を正しく判断できるとは限りません。この人物の来歴などサイトで調べてみましたが、詳細はどこにも掲載されていません。

謎の人物です。国連もなぜこのような「女性に対する暴力」特別報告官に任命したのか、理解の苦しむところです。事実の裏取りもせずに、吉田清治氏らの著作を引用しているという時点で、問題外です。はっきりいわせていただければ、幼稚です。それにこのような重大な問題の調査など、一人だけで担当するのは最初から無理です。複数の立場による、複数の人間に調査をさせるべきだったでしょう。



このような問題は、やはり歴史学者などで複数の立場の人から構成された、委員会などを設立して解明していくべきでしょう。そうして、委員会のメンバーは、学問や議論の基礎ができていて、定評ある歴史問題専門家であるべきことは、言うまでもないことです。

それにしても、日本もそろそろ、慰安婦問題にははっきりと決着をつけるべきときに来ていると思います。本来、様々なドキュメントとして本来史実としてあるものは、史実として存在しないものより断然有利なはずです。慰安婦問題に関しては、史実としてそのようなものがなかったことを示すドキュメント類は豊富に集まるでしょうが、そうではないもの関しては集めようがないし、集まったとしてもすぐに偽装と見破られるものしか集まりません。

慰安婦問題に関しては、歴史的に古くからある問題ではなく、平成4年あたりから激化したものです。このあたりのこと、マスコミなどでは一部を除きほとんど報道されませんし、報道されるとすれば、韓国側に立った極めて不適切なものが多いので、以下にこの問題に関する最近の決定版ともいえる動画を掲載させていただきます。

まず、動画の解説と、動画そのもの三つを掲載させていただきます。

平成4年の朝日新聞による捏造報道に始まったいわゆる「従軍慰安婦」をめぐる問題は、­官憲等による強制性を韓国に迎合する形で根拠なく認めたことが明らかになっている「河­野談話」による呪縛や、官民挙げての韓国の狂奔などにより、今なお日本人の尊厳を貶め­続けている。いわれなき罪過を次世代へ持ち越さないために、チャンネル桜独自取材によ­る VTR もまじえ、その虚構と「嘘」を徹底的に検証する特別番組をお送りします!







慰安婦問題など、今後も政府が放置しておけば、ますます激化するだけです。そろそろ日本も決着をつけるべき時がやってきたようです。

私はそう思います。皆さんは、どう思われますか?

【関連記事】

慰安婦問題の「主犯」は福島瑞穂弁護士―【私の論評】まずは、日本の悪人を始末しないことには慰安婦問題は解決しないし、「戦後体制からの脱却」は難しい(゚д゚)!

池田信夫 blog : 自称「慰安婦」の矛盾だらけの証言 - ライブドアブログ―【私の論評】池田先生GJ(・.・;)従軍慰安婦問題を語る輩は余程の馬鹿か、詐欺師(゚д゚)!ところで、橋下氏は策士?

倉山満が訊く、 「慰安婦問題を語る 『文玉珠 ビルマ戦線楯師団の慰安婦だった私』を紐解く」 ゲスト 朝鮮問題研究家 松木國俊 【チャンネルくらら】―【私の論評】<お知らせ>ちょっと笑える歴史検証番組が始まります、その第一弾は慰安婦問題!次回もお見逃しなく(゚д゚)!

元慰安婦報告書、ずさん調査浮き彫り 慰安所ない場所で「働いた」など証言曖昧 河野談話の根拠崩れる―【私の論評】こんなずさんな調査で、談話を発表されたのではたまったものではない!ずうずうしい韓国の反日は、自ら招いた面も否めない!今こそ、歴史的事実をもとに反論すべきとき!

朝日新聞 スクープ扱いで「インドネシア慰安婦」でっち上げ―【私の論評】化けの皮が剥がれた朝日は反日、親中の立ち位置を変えていないことがはっきりした!もう、日本から消えるか、人民日報日本支局と名称を変更せよ(゚д゚)!

【関連図書】

すべては朝日新聞から始まった「慰安婦問題」 (WAC BUNKO)
山際澄夫
ワック
売り上げランキング: 1,184



日本人なら絶対に知っておきたい従軍慰安婦の真実 (OAK MOOK)

オークラ出版 (2013-07-11)
売り上げランキング: 50,032


コメントを投稿

半島緊迫ウラで権力闘争 習氏と正恩氏“絶縁”にプーチン氏、米中手玉の“漁夫の利” 河添恵子氏緊急リポート―【私の論評】半島情勢を左右するロシアの動き(゚д゚)!

半島緊迫ウラで権力闘争 習氏と正恩氏“絶縁”にプーチン氏、米中手玉の“漁夫の利” 河添恵子氏緊急リポート 習近平 朝鮮半島危機の裏で、中国とロシア、北朝鮮が狡猾に動いている。中国の習近平国家主席は、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と“絶縁状態”で北朝鮮への影...