2007年5月26日土曜日

ピザ特集(1)-ピザの歴史

私の会社はオーディンフーズといい、正式名称「フードファクトリー・テンフォー」という名称のピザ宅配を生業としています。だから、今回から数回にわたり、ピザ特集を組みます。本日は、その第一回目です。今回はピザの歴史を掲載します。ピザというと、皆さん知っているようで知らないことが、沢山あると思います。これに機会にピザの歴史を知っていただき、さらにピザに対して親しみを持っていただければ幸いです。

①ピザ(pizza)
日本語では「ピザ」とも呼ばれるが、イタリア語の原音に忠実に表記すれば「ピッツア」となる。英語では「ピザ」と言う。
②ピザの定義
小麦粉、イースト、塩、オリーブオイルで作られた円盤状の生地の上に、色々なトッピングを乗せて焼いたもの。
③pizzaの語源
説① pizzaと言うのはイタリア語の古語で意味は「ポイント」
説② ラテン語のpinsereの過去形で意味は「押しつぶす、打ち砕く、粉にする」
説③ 語源は不明
④ピザの歴史
円盤状の丸パンは、イタリアだけでなく、世界各地の文明に存在していた。
イタリア・トスカナ地方に住んでいたエトルリア人の丸パンが、現在のフォカッチャ(focacia)に発展し、ピザの原型となったとされている。
フォカッチャというのは、「火で焼いたもの」という意味である。フォカッチャは、プレーンなパンで、チーズと一緒に食べたり、肉や魚介類を乗せて食べたりしていたようである(乗せて焼くのではない)。
pizzaという言葉ができてから200年くらいは、ピザはフォカッチャに似たものだったようである。
下は、フォカッチャの写真です。私の記憶では、20年前にフォカッチャと言っても誰も知りませんでしたが、いまでは多くの人が知っています。

ⅰ.【16世紀】
ピザの誕生。ピザが初めて作られた正確な年号は分からない。トマトが伝来する以前のピザは、フォカッチャに限りなく近かった。 
トマトの伝来【1522】
伝来した当初は、トマトには毒性があると信じられており、鑑賞用として栽培されていた。そんなトマトを料理に使用し出したのは、ナポリの貧しい民衆で、彼らは、丸パンをトマトと一緒に食べるようになった。
「トマト」はイタリア語では「pomodoro(金のりんご)」と呼ばれる。
16世紀の後半から17世紀にかけての間に、トマトは食用として栽培されるようになったが、本格的に食用として普及したのは18世紀に入ってから。
ⅱ.【17世紀】
ピザはナポリ以外の地域ではあまり知られていない、ナポリの郷土料理のような存在だった。これまで、ピザは民衆の食べ物だったが、ナポリ王フェルディナンド2世【1578~1637】がピザを気に入り(きっかけは不明)、城に、ピザ作り用のキッチンを設置したことで貴族達の間にもピザが広がっていった。
ⅲ.【18世紀】
トマトが本格的に料理に使用され始める。
最も古いピザの公式レシピができる。
ⅳ.【19世紀】
ナポリでピザの店開店【1830】
しかしまだ、ピザはナポリ以外の地域ではあまり知られていない食べ物だった。
ピザ・マルガリータ(Pizza Margherita)の誕生【1889】
ピザに興味を持ったイタリア王のウンベルト1世とマルガリータ王妃は、ピザ職人の中で最も有名だったラファエル・エスポシートを城に呼び、ピザを献上させ、エスポシートは、緑色のバジル、白色のモッツァレラチーズ、赤色のトマトでイタリア国旗を表現したピザを献上した。このピザを王妃がとても気に入り、そのピザは王妃の名前にちなんで「ピザ・マルガリータ」と名づけられた。このことがあってから、ピザはナポリ以外の地域でも知られる料理となった。19世紀の末、イタリア移民によって、ピザはニューヨークにもたらされた。
下は、ピザ・マルガリータの写真です。大きいですね。
ⅴ.【20世紀】
ニューヨークでピザの店開店【1905】
Gennro Lombardiによってニューヨークにピザの店がオープンしたが、ピザはあまり一般化されなかった。
シカゴスタイルのピザの誕生【1943】 Ike Sewellによって作られる。これも普及しなかった。

次回は、ピザの現代史ともいうべき「ピザの普及」を掲載します。楽しみにしていてください。






0 件のコメント:

【日本の解き方】「悪い円安論」は本当なのか? 経済全体ではプラスの影響の方が大きく、原油高よりデフレが問題だ―【私の論評】現在の日本においては、スタグフレーション懸念より需要不足のほうが深刻(゚д゚)!

【日本の解き方】「悪い円安論」は本当なのか? 経済全体ではプラスの影響の方が大きく、原油高よりデフレが問題だ 4月1日以降値上げをする会社も増えたが・・・・・・  このところ為替相場で円安が進み、原油価格が上昇基調となったことを受けて、メディアでは「悪い円安」「悪い物価上昇」「ス...