2007年5月20日日曜日

地図を活用したSNS『ちずる』

『ちずる』DCキャッシュワンが運営しているSNSです。ちずるは、地図を活用した全く新しいSNSです。『ちずる』に入るとGooglemapに自分の家を登録することができます。無論日本国内の自分の好きな場所にです。ここで簡単に『ちずる』の楽しみ方を掲載します。

◆ちずるの楽しみ方
【その1】 家を登録します!ちずるにアクセスしたら、まずは自分の家を地図に登録します。登録した家の近くのクチコミ情報を手に入れたり、近くに家を建てた人たちとのコミュニケーションを楽しめます。家は、実際に住んでいる場所に登録する必要はありません。興味のある地域や、よく遊びに行く場所など、自由に登録できます。

【その2】 ご近所さんにご挨拶家を登録したら、自分のマイページがご利用できます。マイページに表示されるご近所マップには、たくさんのお友達の家が表示されています。まずはご近所さんのマイページを訪問して、訪問帳に挨拶をしてみることができます。

【その3】 マイ地図を作ろう!マイページには、ご近所マップだけでなく、クチコミマップも表示されています。このクチコミマップは、自分がクチコミを投稿したスポットだけが表示されるマップです。自分が訪れたお店や観光地など、自分の思い出を地図に残すことができます。自分だけの地図を完成させてみてください。

以上は、入ってすぐに理解した内容です。まだまだ豊富な機能がありそうです。それは、追ってまた報告させていただきますが、まずはご自分の目でお確かめください。無論無料で登録できます。

SNS ちずる←クリックしてください。ちずるに入れます。

私はとりあえず、千代田区1-1東宮御所に登録してみました。お公家さんの言葉になんとなく、愛着があったので、何気なく登録してしまいました。ご近所様には「麻呂はルンバ山田(ハンドルネーム)でごじゃる。先ほどお目にかかった嵯峨山様は元気であらっしゃいました」などと挨拶しています。

この、ちずる、まだ使い始めたばかりなので、その効果のほどはまだわかりませんが、かなりの潜在可能性があると思います。ちょっと思いついただけでも、

①自分の好きなところ、あこがれている場所に仮に住んでみる。
たとえば、 暖かいところに住んでいる人であれば、雪の降る寒い町に住んでみるとか、寒いところに住んでいる人は暖かい町に仮にすんでみるとか。都会の人は田舎に、田舎の人は都会に住んでみるとか。遠距離恋愛している彼氏や彼女のすぐそばに家を登録するとか?
②以前住んでいたところに家を登録する
子供のころに住んでいた、まだ友達も存在するところに家を登録してみるなど。
③マーケティング調査
従来だと地図をみるだけでしたが、バーチャルな住民が住んでいるですから、そのバーチャルな住民にあたらに立てる店などの、アンケートや、希望、要望など聞いてみるなど。宅配ピザのテンフォーのような業種では非常に重宝しそうです。

とにかく思いついたのはこれくらいですが、まだまだ沢山利用方法がありそうです。
下のバナーをご覧になってください。『ちずる』に入ることができます。
↓下をクリック!
SNS ちずる

0 件のコメント:

トランプ減税が富裕層より労働者層を助けたことがIRSデータで証明されたと新聞論説―【私の論評】トランプ減税が花咲いた米国、日本には花さか爺はいないのか(゚д゚)!

トランプ減税が富裕層より労働者層を助けたことがIRSデータで証明されたと新聞論説 ドナルド・トランプ前大統領 <引用元: JustTheNews 2021.12.5 > ヒル紙に先週出た論説は、ドナルド・トランプ前大統領が2017年に実施した減税が富裕層よりも労働者―そして中間層...