2009年4月8日水曜日

【主張】ミサイル決議 この内容なら評価したい―計り知れない世界へのインパクト!?

衛星打ち上げ失敗~!

北朝鮮は、衛星の打ち上げに失敗した。今回の北朝鮮のミサイル打ち上げは、弾道ミサイルの技術力の誇示という面があったが、イランは衛星打ち上げに成功したこともあり、今回の北朝鮮の試みは失敗に終わったといえる。衛星打ち上げ能力もない国からは、弾道ミサイルを購入したりはしませんね。

【主張】ミサイル決議 この内容なら評価したい
(この内容すでにご存知の方は、この項は読み飛ばしてください)2009.4.8 03:01(産経ニュース)

 北朝鮮の長距離ミサイル発射に抗議する国会決議が与党と民主党、国民新党などの賛成多数で衆院で採択された。

 ミサイル発射は「明白な国連決議違反であり、容認できない」との立場を鮮明にし、日本独自の追加制裁などを求めている。国権の最高機関として、発射は許せないという毅然(きぜん)とした意思と姿勢を示す当然の決議内容だ。

 共産党は反対し、社民党は棄権した。両党は文案調整で「ミサイル」や「国連決議違反」などの文言を拒み続け、対北朝鮮制裁の強化にも慎重だった。

 決議の根本には「断固たる抗議」や「国際社会の一致した意思」を明確にし、日本の国益を守る考えがある。両党が北朝鮮擁護に回っている印象は否めない。

 北朝鮮に自制を求めた3月末の国会決議では、民主党が社民党などの意向を大幅に入れた。その結果、ミサイル発射が「弾道ミサイル計画に関連するすべての活動」の停止を求めた2006年の国連安全保障理事会決議に違反するとの文言を削除することになり、決議内容は後退した。

 今回、民主党は事態の重大さを認識したのか、野党共闘よりも決議内容を重視した。「各党で考えが違い、どうしても乗れない部分がある」(参院幹部)と判断し、文言を大幅に犠牲にすることを避け、多数決による採択としたのは当然だろう。ただ、社民党への気兼ねから、決議の共同提出者とはならず、与党の決議案に賛成する形をとった。

 野党が多数を占める参院でも、8日に抗議決議が予定されている。ほぼ同趣旨の決議案が、衆院と同様に与党と民主党などの賛成多数で採択される見通しだ。

 残念なのは共産、社民両党の態度だ。いまだに「人工衛星」とする北朝鮮の主張に耳を貸しているようにみえる。国連安保理での新決議採択に向け、日米韓が他の理事国などの賛同を求めて外交努力を積み重ねるさなか、これに対抗する中国、ロシアと同一歩調をとっている。

 米下院では、共和党が北朝鮮制裁法案を提出する方針を表明している。法案では、日本人拉致事件にも言及し、被害者の解放を求めているという。

 日本は北のミサイルで直接脅威を受け、拉致問題では被害を受けた当事国だ。自らの問題であることへの意識をさらに持ちたい。

計り知れない世界へのインパクト!?
今回の北朝鮮のミサイル発射の失敗は、世界に大きなインパクトを与えたと思います。ただし、それは、北朝鮮のミサイル発射や失敗したことではありません。それは、日本の対応に関するものです。これが、大きなインパクトだったと思います。

このミサイル打ち上げに関しては、打ち上げる前にもブログに掲載しましたが、麻生総理大臣がはっきり迎撃の宣言をしたことが、世界中に波紋を投げかけたと思います。そうして、一番あわてたのはおそらく、北朝鮮です。世界各国も驚いていると思います。

さらに、それに追い討ちかけるように、抗議の国会決議案が与党と民主党、国民新党などの賛成多数で衆院で採択されました。それも、ミサイルが打ち上げられてからほとんど間をおかずにです。このようなことは、今までの日本ではなかったことです。

今までの日本であれば、首相などが「遺憾です」などと発表する程度であったのが、今度は違いました。発射前には、迎撃のはっきりした声明があり、発射後には、抗議の国会決議案です。一番驚いているのは、北朝鮮だと思います。

それに、マスコミの反応も、今までとは違います。従来の北朝鮮擁護のような発言は影を潜めました。当たり前ですね、もしどこかの大手新聞が、擁護記事などを掲載すれば、今回は完全に購読数が激減すると思います。テレビでも同じことです。視聴率が激減することでしょう。日本のマスゴミは本来は、反日で北朝鮮擁護派のはずですが、さずかに今回は、背に腹はかえられなかったのでしょう。

韓国も、驚いていると思います。韓国は、この打ち上げは、衛星の発射であるとか、日本が軍事的対応をするのは遺憾である旨、大統領が発信してましたが、日本の確信に満ちた抗議の姿勢に驚いていると思います。

前にも、このブログにも書きましたが、おそらく、中国もかなり困惑しています。麻生総理が単なる、人気とりで言っているのか、それとも本気なのか真意を測りかねていると思います。アメリカも、オバマ大統領がプラハで声明をだしましたが、あれから間髪をいれずに今回の日本の国会議決です。オバマは、プレゼンテーションは旨いですが、未だにアメリカ財務省の主要ポスト15のうち、埋まっているのは1つだけ、それも前政権から留任が一人だけ決まっているというお寒い状況です。今は、外交どころではないという状況です。そこに、今回の強烈な国会決議です。

ロシアも、きつと、今までの日本とは違うということで、その真意を探ろうとしています。ロシアは、今金融危機の影響を受け、世界からのロシアに対する投資が引き上げてしまっています。日本との関係をあまりないがしろにできない状況にあるため、今後慎重に日本の態度を見極めることでしょう。

私は、以前から日本は、もっと強い発言をすべきだと思いましたか。今回の議決案、完全に発射前の迎撃宣言のさらなる駄目押しとなっています。だから、これには非常に満足です。今回のように、これからはこの調子で海外に向かって今までよりも、はるかに強いメッセージを発信してメッセージの通りに行動していくべきものと思います。

【関連記事】

北朝鮮ミサイルで迎撃準備 政府、厳戒態勢―世界的に大インパクトのミサイル迎撃宣言!!

北ミサイル 進まぬ国民保護、警報整備11%止まり―こういう仕事こそNPOに任せるべき?

忍び寄る“和製核兵器”の脅威…企業の甘い認識が核の闇市場を繁盛させる?-日本の技術流出は何をもたらすか?

【韓国 中央日報 社説】国家情報院「大韓航空機爆破ねつ造説」に介入したか-陰謀は実在したのか?

北朝鮮が韓国の民間機テロ脅迫、その理由とは―さほどの脅威ではない?

インド、中国製玩具の輸入を全面禁止-保護貿易主義に走る各国?

北朝鮮を締め上げる12の方法とは?

【竹島問題】 「日本が国際裁判で負けて悔しがる」寸劇も…竹島教育で「日本が根拠もなく日本領だと言うのが理解不能」と韓国の子供ら―地図は語る:中国の国家戦略では朝鮮半島は中国の領土、自治区にもなれない?(地図に見る、各国のとんでも国家戦略!!)


ADs by yutakarlsn

ピザテンフォー昨年の10月4日に生誕20年!!

ピザテンフォー昨年の10月4日をもちまして、創業20周年を迎えることができました。これも皆様のおかげです。

ピザテンフォー今月のおトクなキャンペーンは、「Mピザ人気3品1枚ご購入のお客様に、Sピザ1枚プレゼント」です!!



以下のバナーをクリックしていただくと、楽天デリバリーに飛びます!




ピザテンフォー一昨年の楽天デリバリーの「ファミリーへのおすすめ」部門で、堂々の2位となりました。ますます、便利になったテンフォーを是非ご利用ください。

YUTAKARLSON、USA 市長からのお願い

ランキングは、ありきたりのは面白くないので、私の街に是非投票してください。この私の街は、サイバー上のアメリカ国内に設置してあります。街の名前は、YUTAKARLSONと いいます。この街は、皆さんからのアクセスがあれば、アクセス数が街の住民数となり発展していきます。職場整備、交通の整備などはひと段落していますので、今度は人口を増やす必要があります。せびポチッと一つお願いいたします。

⇒⇒YUTAKARLSONの住民募集!!←←


0 件のコメント:

【ニュースの核心】中国問題が「ポスト安倍」の最大の焦点 親中勢力に“忖度”か批判加速か…候補の正念場が迫っている— 【私の論評】政治の世界は一寸先は闇、解散総選挙はおろか、禅譲できる人材が存在しない今安倍四選もあり得る!(◎_◎;)

【ニュースの核心】中国問題が「ポスト安倍」の最大の焦点 親中勢力に“忖度”か批判加速か…候補の正念場が迫っている トランプ大統領は、空母「ロナルド・レーガン」を南シナ海に派遣し、習主席率いる中国軍を牽制した 米軍と中国人民解放軍が南シナ海で同時に、軍事演習を展開...