2009年4月26日日曜日

豚インフルエンザ 国際的に懸念される事態-このようなときこそ、リスク管理能力が問われる?!

豚インフルエンザ 国際的に懸念される事態(この内容すでにご存知の方は、この項は読み飛ばしてください)

メキシコとアメリカで豚インフルエンザのヒトへの感染が相次いでいることについて、WHO・世界保健機関は、各国の専門家による「緊急委員会」を開 き、「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」という認識を示しました。その一方でWHOは、世界的な流行を引き起こすかどうかについては現時点で断定 できないとして、引き続き情報収集にあたる方針を示しています。

メキシコでは、豚インフルエンザの感染が疑われる人が1000人を越え、このうち68人が死亡したほか、ア メリカでも8人の感染が確認され、ヒトからヒトに感染した疑いが強まっています。こうした事態を受け、WHOは25日、日本時間の25日午後11時すぎか らおよそ3時間、各国の専門家による「緊急委員会」を初めて開き、対応を協議しました。

委員会は協議後、声明を発表し、今回の事態について、「国際的に懸 念される公衆衛生上の緊急事態だ」として、現状は深刻だという認識を示しました。そのうえで声明では、インフルエンザの疑いがある症状や深刻な肺炎が、通 常と異なる規模で発生しないかどうか、すべての国が監視を強めるよう呼びかけています。また、6段階の警戒レベルを、現在の「フェーズ3」から、引き上げ るかどうかについてはさらなる情報が必要だとして、今回は見送っています。WHOのマーガレット・チャン事務局長は、「緊急委員会」に先立って記者会見を 行い、今回のインフルエンザが世界的な流行を引き起こすかどうかについては、「潜在的な可能性はあるが、現時点で十分な情報がなく断定できない」として、 引き続き情報収集にあたる方針を示しています。

このようなときこそ、リスク管理能力が問われる?!

とにかく、パンデミックにならないことを祈るばかりです。各国政府、情報があれば、包み隠さず開示しましょう。メキシコ政府の情報開示にも多少混乱があったようです。

鳥インフルエンザと豚インフルエンザは、別物ではない。通常の豚だけのインフルエンザであれば、人に感染はしない。

上の画像クリックすれば、大きな画面で見ることができます。

メキシコ政府開示時を巡って混乱か?

メキシコのコルドバ保健相は24日、今月16日には警戒態勢に入っていたことを明らかにしました。しかし、政府が国民に発表したのはウイル スの型がほぼ確定した23日になってからで、どの時点で国民に公表すべきかという問題を浮き上がらせました。

メキシコ市でのインフルエンザ流行が報じられたのは22日。国民は「季節はずれの流行」と考えていました。政府が、豚インフルエンザ発生を緊急発表したのは23日午後11時ごろ。翌朝まで知らない国民も少なくありませんでした。

24日会見した保健相によると、最初の症例が見つかったのは今月13日。同16日には疫学的警戒を始めた。23日午後4時ごろにウイルスがほぼ判明しました。

警戒感が一気に広がった24日。カルデロン大統領とメキシコ市のエブラルド市長は同日の予定を急きょ変更し、対策に当たりました。

24日午前、メキシコ市当局は予防接種のためワクチンをかき集めていました。ところが、同日午後、コルドバ保健相は会見で「ウイルスは新型で有効なワクチンはない」とし、接種はしないことに方針転換。インフルエンザ治療薬タミフル、リレンザで対処するとしました。

政府が23日夜に発表した対策の第1弾は、メキシコ市・州の学校の24~27日の休校。だが、保健相は、24日午後には「新たな指示を出すまで授 業の再開はしない」と期限設定しない方針を明らかにしました。地元メディアに対し保健相は、警戒態勢が10日ほど続く可能性を指摘し、休校が長引く可能性を示 唆しました。

政府はインフルエンザ感染予防として、あいさつで握手やキスはしない▽食べ物や食器を他人と共有しない▽マスクをする▽人込みを避ける--ことを 呼び掛けた。メキシコ国際空港では、チェックイン時に問診票を乗客に書かせ、感染の疑いのある乗客の搭乗を防ぐ措置をとっています。陸軍は市民にマスクを 配りました。

このほか、メキシコ市の公的行事なども取りやめになり、同市・州の博物館や図書館なども閉鎖になりました。

メキシコ市在留の邦人は約3000人。同市の日本人学校も24日から休校になりました。

保健相は23日夜の緊急発表で「現在のところコントロール可能」とし、24日の会見では「パンデミック(大流行)ではない」と強調しました。

米も同時期に感染 加州2郡、メキシコと隣接

米疾病対策センター(CDC)によると、せきや発熱、嘔吐(おうと)などの症状が出たカリフォルニア州サンディエゴ郡の少年(10)が、4月14日、今回の一連の感染で初めて豚インフルエンザと断定されました。少年は3月30日に発症していました。

続いて4月17日に感染が判明したのは隣接するインペリアル郡の少女(9)。3月28日に発症し、40度の高熱を出していました。

その後の調べで4月24日に新たに6人の感染が確認されました。内訳は、カリフォルニア州サンディエゴ郡の父(54)と娘(16)=9日に治療開始▽同郡の子供▽インペリアル郡の女性(41)=12日に発症▽テキサス州グアダループ郡の16歳の少年2人=10日以降発症。

インペリアル郡の女性は自己免疫疾患があり、熱、頭痛、下痢、嘔吐と筋肉痛を訴え15日から1週間入院した。米国の感染者8人のうち入院したのはこの女性だけで、現在は8人全員が回復しました。

感染者の出たカリフォルニア州の2郡はメキシコと国境を接しており、テキサス州の郡も中南米系移民が3割を超える。豚と接触した患者はいません。患者同士が接触したケースは一部で、感染経路は今のところ不明です。

米政府は、メキシコへの旅行規制はしていません。

やはり、このようなときこそ、リスク管理能力が問われるのだと思います。メキシコ政府の情報開示にも多少混乱があったようですが、パンデミック関連に関する情報開示など、なるべく混乱が起きないようにあらかじめ発生しそうなときを想定してマニュアルなど整備しておくべきだと思います。事が発生してからでは、混乱を助長することになります。

国家レベルだけではありません。やはり、学校や、企業でも、そうして一般家庭でもパンデミックが発生しそうになった場合、情報開示のタイミングや、どうしたら最も被害を最小限にとどめられるか、予め定めておく必要があると思います。あなたの職場やご家庭にそのような備えはありますか?


【リスク管理に関する関連記事】

忍び寄る“和製核兵器”の脅威…企業の甘い認識が核の闇市場を繁盛させる?-日本の技術流出は何をもたらすか?

中国当局が鳥インフルエンザ感染情報を隠蔽、市場に流出する感染鶏-現在の世界最大の危機は、中国に潜んでいるかもしれない!!

ウォール街救済でCEO報酬の激減も、不良資産を積み上げた経営者の責任は?―もっと単純にそんな経営者は辞任でいかがでしょうか?

自衛隊機の中国派遣見送り、アジア安保会議でも話題に-結果的には日本外交の勝利か?

ADs by yutakarlsn

ピザテンフォー昨年の10月4日に生誕20年!!

ピザテンフォー昨年の10月4日をもちまして、創業20周年を迎えることができました。これも皆様のおかげです。

ピザテンフォー今月のおトクなキャンペーンは、「Mピザ人気3品1枚ご購入のお客様に、Sピザ1枚プレゼント」です!!



以下のバナーをクリックしていただくと、楽天デリバリーに飛びます!




ピザテンフォー一昨年の楽天デリバリーの「ファミリーへのおすすめ」部門で、堂々の2位となりました。ますます、便利になったテンフォーを是非ご利用ください。

YUTAKARLSON、USA 市長からのお願い

ランキングは、ありきたりのは面白くないので、私の街に是非投票してください。この私の街は、サイバー上のアメリカ国内に設置してあります。街の名前は、YUTAKARLSONと いいます。この街は、皆さんからのアクセスがあれば、アクセス数が街の住民数となり発展していきます。職場整備、交通の整備などはひと段落していますので、今度は人口を増やす必要があります。せびポチッと一つお願いいたします。

⇒⇒YUTAKARLSONの住民募集!!←←

0 件のコメント:

香港人に英国籍付与、英議員の提案は香港問題の流れをどう変えるか?―【私の論評】コモンウェルズの国々は、香港市民に国籍を付与せよ(゚д゚)!

香港人に英国籍付与、英議員の提案は香港問題の流れをどう変えるか? □ 立花 聡 (エリス・コンサルティング代表・法学博士)  多発デモや混乱、情勢の混迷を深める香港(参照 『香港問題の本質とは?金融センターが国際政治の「捨て駒」になる道』 )。中国による武力介入が懸念さ...