2009年10月25日日曜日

事業仕分け:ヒアリング中断 与党側と調整不足、民主・小沢氏が不快感示し-もともと鳩山政権は小沢氏の傀儡政権に過ぎないし、それに、新人議員には貫禄がなさ過ぎる?!

事業仕分け:ヒアリング中断 与党側と調整不足、民主・小沢氏が不快感示し(この内容すでにご存知の方は、この項は読み飛ばしてください)



まあ、このような新人議院に「事業仕分け」を行わせ
るということになれば、私だって不快感を示したくなる

 行政刷新会議(議長・鳩山由紀夫首相)の下で「事業仕分け」を担う国会議員チームは23日午後、財務省からのヒアリングを予定していたが、中止した。民主党の小沢一郎幹事長が22日夕の政府民主党首脳会議で、人選などで十分な調整がなかったと政府側に不快感を伝えたことが影響し、取りやめに追い込まれた。新人議員14人をメンバーから外して再スタートする見通しだが、首相の指示で始まった一大プロジェクトは、内輪の調整不足で出遅れる事態となった。

 「怒とうのような日々が1カ月ほど続くと思う」。作業チームを統括する枝野幸男元政調会長は23日朝、メンバー約30人を前に作業開始を宣言。しかし、休憩中に小沢氏に近い議員から新人議員に会合への出席自粛を求める電話が入り、午後の会合は中止となった。

 民主党国対は衆院選で誕生した143人の新人議員に対し、国会開会中は火曜から金曜の朝に1時間ほどの研修を行うと決めていた。一方、作業チームには14人の新人議員が参加。仕分け作業が本格化すれば、研修や国会の委員会活動との両立が困難と見られ、国対側に問題視する空気が広がっていた。

 山岡賢次国対委員長も23日午後、平野博文官房長官に「研修を優先していただきたい」と要望。平野氏は「仕切り直します」と応じた。

 チームは半分の規模で来週から活動を再開する見込みだが、32人のメンバーは22日に首相官邸で鳩山首相自身から「必殺事業仕分け人」と激励された面々。変更があれば「首相の権威にかかわる」(中堅)との声も出ている。

もともと鳩山政権は小沢氏の傀儡政権に過ぎないし、それに、新人議員
には貫禄がなさ過ぎる?!

新人議院には、研修が必須
上の記事での、中堅議員は、ボケているのではないでしょうか。中堅というから、比較的若いのでしょうか、脳が固まっているのかもしれません。鳩山政権はもともと、小沢氏の傀儡政権であって、小沢さんの前では、鳩山さんにはもともと権威などないのです。全く組織での序列を知らないのが、中堅国会議員の中にもいるということで、がっかりさせられます。

小沢さんは、本来現在の民主党の中では序列でいえば、トップです。しかし、献金問題などがあったため、代表を退いているだけです。代表を退いているため、総理大臣にもなれませんでしたが、現在でも、序列ではトップであり、それにふさわしい地位として幹事長をしているわけです。

組織というと、いわゆる組織図上の公式組織と、そうではない生身の人間の非公式組織という二つの側面があります。だから組織上の序列についても、実際には二通りあるといっても過言ではありません。ただし、これがあまりにも乖離しすぎると、組織として成り立たなくなるときもあります。

組織図上の序列といえば、組織図上の上から下までのそれぞれの職位などが持つ権限ということです。この場合、通常は、代表取締役社長が序列のトップということになります。対外的に会社を代表するといことでは、トップです。

しかし、生身の人間の組織の場合は、必ずしも代表取締役が序列のトップではいな場合もあります。顕著な例は、創業者企業の場合、創業者の長男が代表取締役になっているのですが、実質上は、創業者が序列の実質上のトップというような例があります。こういった場合、無論、代表取締役などと交渉しても、なかなか話しが進まないことがあります。実質上は、創業者と話をしなければならないというわけです。しかし、また、代表取締役を全くないがしろにするというわけにもいかず、バランスをとるのが難しいところです。

営業マンでも、これで失敗する例が良くあります。営業先の会社などにいって、担当部署の部長などと話して、商談が進んでいるような錯覚を持っていたら、他に本当の決裁権限者がいて、全く商談が進まず、結局は他社に負けてしまうなどという例です。大きな会社で、そのある部署に対して売り込みをするのだから、そのトップである部長に話しをつければなにもかもうまくいくと思ったら全くの筋違いだったりすることがあるのです。

実際には、その部署には他の実質上の決済権限者がいたりするのです。場合によっては、その部署を社長が直接見ている場合もあります。あるいは、同じ部長でも、財務担当部長のほうがはるかに強力な権限をもっていたりして、その人がOKと言わなければ何も進まない場合もあります。担当部署の部長は、ただ稟議書などに印鑑を押すだけだったり、実際に導入する際に立ち会って、実務的な仕事をするためのトップだったりすることも十分ありえるということです。

上の記事をみていれば、やはり、小沢チルドレンといわれる、新人議院動画でみていても、非常に頼りげなげです。あんな連中は、事業仕分けをやったとしても、立ち会っている官僚などは全く納得しないのではないかと思います。民主党にとっては、かえって逆効果になるかもしれません。私も、上の動画を見ていて、本当に頼りげないと思いました。この人たちには、まず、国会議員として何をしなければならないのか、そうして、次の選挙で再選を果たすためには一体何をすればよいのかをまず、学ばせることが重要だと思います。

まさに、小沢さんも同じことを考えていたのだと思います。これらの、人たち、まず立ち居振る舞い、物事の考え方の筋道、等々、まずは基本を徹底しなければどうにもならないと思います。まずは、国会議員としての社会性や、社会常識を叩き込むことからはじめなければなりません。だからこそ、小沢さんも新人議院研修をかなり重要なことと考えており、だからこそ、難色を示したのだと思います。

いわゆる議員としての貫禄はどこから出てくるのか
さて、皆さん上記の動画で小沢チルドレンを見ていて、どう思われたでしょうか?特に何が欠けていると思われたでしょうか?

さて、下に政治家として有名な、チャーチルの肖像写真を掲載します。その下に答えを掲載しますが、この写真と上の新人議員たちとの大きな違いはなんでしょうか?いきなり答えをみてしまうと、あまり、ためにはならないような気がしますので。特に、すぐに答えが出てこないような人は、じっくり考えてみてください。



民主党新人議員と、チャーチルとではどこが違うのか?


↓↓以下が答えですが、こちらは、最初から見ないでください。


さあ、その答え皆さん理解できたでしょうか?それは、「貫禄」です。民主党新人議員の方々は、つい最近まで、まさか自分が「国会議員」になる時が来るとか、それでなくても、そのような高い地位につくことなどと、想像もしたこともなく、夢にも思い描いたことがないでしょう。おそらく、たとえば、医師になったり、弁護士になって、一人前に働ければ、それが自分の最高の人生と思っていた方々がほとんどではないかと思います。だから、決定的に欠けているのは、いわゆる「貫禄」というものです。

対して、チャーチルの方は、子供のころからエリートでしたから、余程のことがない限り、自分は将来高い地位につくと考えていて、子供のころから、そのような教育・訓練を受け、それに対する心構えは十分にできていたことでしょう。

ところで、貫禄の語源とは「貫禄の「貫」は中世以後、田地に用いた単位で、田地の収穫高を銭に換算し表にしたものだそうです。室町時代には、部下の知行する石高、いわゆる「知行高(ちぎょぅだか)」を表示するのに用いられました。貫禄の「禄」は、官に仕える者に与えられる給与のことです。つまり、貫禄は領地の大きさや給与の額など、武士の値打ちを表す語てせ、それらの多い者が「貫禄のある人」でした。しかし、今では、本来の意味とは異なってきています。給料が高くても、貫禄のない人、逆に給料が安くても貫禄のある人がいます。

さて、いわゆる貫禄というものは、どこから出てくるのでしょうか?それについて、もっとも重要なのは、内面からにじみ出てくる自信です。しかし、これを、すぐに持てといっても民主党新人議院の方には無理でしょう。

まずは、「形」から入ることが重要です。では、「貫禄」を出すための「形」とは一体どんなものでしょう?


1.あごをひくこと
まずは、あごがひくことです。あごが上がっているようでは、まずどう頑張っても、貫禄はでてきません。上のチャーチルの写真をみてください。しっかりあごをひいているので、十分貫禄が出ています。あごを引くことにより、相手に見える表情はいかにも自信ありげにみえます。上のチャーチルの写真、憎憎しげなほど自信ありげですね。

それに対して、上の動画の新人議院の方々、ほとんどの人が顎があがっています。おそらく、新人議員の方々は座っていて、コメンテーターが立って意見などを聴いているため、そちらに視線を向けるとこのようになるのでしょうが、それでも、多少顎をひく形にしないと間が抜けて見えます。特に、テレビなどでは、コメンテーターを意識することも大切ですが、その先にいる視聴者を意識すべきです。

2.姿勢を良くすること
上のチャーチルの写真をみると、やはり姿勢は良いです。姿勢が良いと、悪いときよりも、腹が前にでます。太った人は、やせた人より貫禄があるようにみえますが、それは、腹が前にでているからです。姿勢が悪いと、腹が後ろに引けて、本当に貧相にみえます。貧相な人の話など誰がまともに受けるでしょぅか?

3.沈黙に耐えること
上の写真のチャーチル、写真であるが故に、ものを語りませんね。だからますます、貫禄が出ています。人に会ったとき、特に交渉ごとなどにあたっては、挨拶などは別にして、本題を切り出すのは、なるべく相手に最初にさせることです。こういった沈黙に耐えることが「貫禄」をかもし出します。

以前、チャーチルの動画をみたことがありますが、それは、時間の都合などで、チャーチルがいきなり喋りだしました。しかも、雄弁な彼を強調したかったのでしょう、ペラペラと喋りまくり、全く軽薄に見えました。なんというか、あの体型や独特のキャラクターから、まるで、道化師のようにすら見えてしまいました。普段のチャーチルは、自分からペラペラ喋るということはなかったでしょう。それに、最終的にチャーチル自信も喋りすぎで失敗しています。終戦後しばらくたってから、与党だった保守党は選挙で敗退して、残念ながらチャーチルが表舞台に出ることはなくなりました。このころのチャーチルは、戦勝国ということもあり、かなり雄弁になっていました。フランスの、ドゴールも最終的には同じようなミスを犯していたと思います。

これは、普段の交渉ごとや会議などみていてもわかるでしょう。席についたとたん、ペラペラと先に本題を話してしまう人は、かなり軽薄に見えます。あまり高いものを売るのではない営業マンなどはこれでいいのでしょぅが、目に見えないシステムを売ったり、全く新規のものを導入する営業マンがペラペラ喋るとうまくはいかないでしょう。ちょっとでも、沈黙が続くと、それに耐えられなくなって、すぐペラペラ喋り始める人がいますが、それでは、あまりに軽薄に見えてしまいます。それよりも、相手方に喋らせるべきです。話のうち、相手方が9割も喋るようになれば、商談成立です。

4.ゆっくりとした動き
西欧ではギリシャ時代から、貴族のような身分の高い人が急ぎ足で歩くことは、下品なこととされてきました。確かにあまり早足の人は、貫禄があるようにはみえません。ゆっくり歩くとは、いっても、あまりに遅ければ、病人かなんかのようにみえてしまうでしょうが、やはり、あまりに早い人は落ち着きがないようにみえます。椅子に座るにしても、有る程度動作がゆっくりしていれば、軽くは見られません。歩き方に関しては、イギリスの身分の高い人たちなどを見ていると、適度な二本の線に沿って、堂々と歩いています。左右に体が揺れるようなことはほとんどありません。アメリカの普通の黒人の歩き方をみていると、一本の線に沿って歩いていて、歩みを進めるごとに、体が左右にふれて、まるで軽く踊りを踊っているようです。むろん、オバマ大統領はそのような歩き方はしません。そこにいくと、ロシアの場合、革命ため伝統が途切れたせいでしょうか、プーチンが首相の就任挨拶に向かうときの歩き方は、妙に体を左右に振っていて、見苦しいものがありました。

5.間合い
ものを語るにしても、早口は軽く見られます。それに、何かを聴かれたあとで、即答でペラペラ喋るというのも軽いです。やはり、間合いを図る必要があります。テレビなど見ていると、芸能人などで、何でも即答で通そうという人が見受けられます。しかし、これは、軽薄そのものです。皆さんが、誰かに話しをしているときこちら側から何か質問をしたときに、相手が間髪を入れずに、すぐに答えて、しかも、その答えが見当違いのもので、そういうことが何度も続けば、その相手はかなり軽い人間に見えると思います。やはり、質問したときに、間合いがあったり、あるい、間合いの後で、疑問点など質問してくようであれば、信頼の置ける人間だと思うでしょう。間合いも貫禄のための重要なファクターです。

6.自分に対する自信
これを最後にしたのは、やはり、これか一番重要だからです。貫禄の中でも、内面からにじみ出てくる自信に勝るものは他にはないでしょう。いくら、上記のことができたとしても、これがなければ、本物の貫禄にはなりません。

特に上の動画の新人民主党員の方々、マニフェストを完全に記憶しているという人の数が少なくて、驚いてしまいました。このくらいしっかり記憶しておかなければ、自信など出てこないのが当たり前です。

しかし、最初は形から入るという話をしましたから、どうしても自信がなくても、ある意味では開き直るべきでしょう。

上記の動画で新人民主党議員の人たちからは、内面から滲み出てくる自信というものがほとんど感じられませんでした。しかし、どんな経緯があったとしても、有権者からの信任を受け、選挙で選ばれて議員になったことには変わりありません。そういった意味では、もっと自信を持つべぎです。

特に、上の動画で、ワタミの社長と、もと検察庁の方名前は忘れてしまいましたが、この二人が新人議院に対して相当厳しいことなども言っていましたが、彼ら自身はどうなのでしょうか?彼らは、有権者の信任を受けて、検察庁に奉職したり、ワタミの社長をやっているわけではありません。自分で努力して、自ら、地位を築いたということです。その彼らが、偉そうに、次の選挙で戻って来れる人は誰もいないなどと言っているわけです。こうした彼らを「私たちは、あくまでも有権者の方々に選ばれている」のだということを背景として、彼らをたしなめるくらいのことはしても良かったと思います。驕り高ぶってはいけませんが、そうした態度が有権者の方々に誠実に応える姿勢であり、ひいては、自らの自信にもつながってくると思います。

しかし、貫禄に関しても、上記のようなことは、特に新人議員に必要なものだと思います。逆に、このようなことが普通にできるようになれば、今度は自然体という姿勢が必要になってくると思います。有る程度、年齢がいったり、経験をつんだ人がいつも上記のようにしていれば、逆に貫禄ではなく、驕り高ぶりとみられかねません。「実るほど頭をたれる稲穂かな」という格言を思い出すべきだと思います。とはいっても、経験を積んだ人は、上記のような形を完全にマスターしているため、意識しないで自然体になっていることはいうまでもありません。しかし、新人ならまずは、上記のように形から入るべきですし、それをしないで周りの人から、軽いとか、信頼が置けない人物などと見られることは大きな損失だと思います。

さて、新人議員の方々には、まずは、上記のような「貫禄」を形から身に着けてもらいたいものです。そうして、いずれ、それが本物になるように、「内面から滲み出てくる自信」を発揮して、国政に積極的に参加していただきたいと思います。これを本当に身につけた人は、次の選挙でも、党派に関係なくご自身の力できっと戻ってくることができるでしょう。

【関連記事】

外相「天皇お言葉」発言、政治利用との批判も-稀代の大失言は全くナンセンスで余計なおせっかい!!

小沢メール問題-民主党の挙動小沢シフトのほうがよほど重要で危険だ!!

原口総務相、子育て手当の財源を地方に求めるなら、選挙すべき-民主党マニフェストを頑なに実現すれば国が滅びる?!!

小沢、谷垣氏がてこ入れ=民主、自民幹部が現地入り-参院2補選=来年参院選を占う大事な選挙!!

H2Bロケット、打ち上げ成功 「商業化、大きな武器に」-新政権の目利き度を測る目印?!

鳩山内閣が本格始動-日本の政界の長期にわたる大変革が始まった!!

鳩山代表に欧米から反発噴出 「東アジア共同体」に「友愛」-評論家的態度は慎むべき

【日本の議論】日の丸裁断による民主党旗問題 国旗の侮辱行為への罰則は是か非か-国旗への侮辱行為は当然罰則でしょう!!

鳩山首相、米へ出発…オバマ大統領と会談へ-初の訪米は国旗に会釈できる鳩山さんが適任だった!?

ADs by yutakarlson

ピザテンフォー今月1日で、創立21周年です!!

長い間のご愛顧真に有難うございます!!

10月5日より、テイクアウトピザ半額!

25%OFF、お夜食セットなどのNewサービスをスタートしています!!

詳細は、以下のサイトをご覧ください!!

テンフォー・サイト


テンフォーのピザは楽天デリバリーからも購入できます!!

以下のバナーをクリックしていただくと、楽天デリバリーに飛びます!




ピザテンフォー一昨年の楽天デリバリーの「ファミリーへのおすすめ」部門で、堂々の2位となりました。ますます、便利になったテンフォーを是非ご利用ください。

YUTAKARLSON、USA 市長からのお願い

ランキングは、ありきたりのは面白くないので、私の街に是非投票してください。この私の街は、サイバー上のアメリカ国内に設置してあります。街の名前は、YUTAKARLSONと いいます。この街は、皆さんからのアクセスがあれば、アクセス数が街の住民数となり発展していきます。職場整備、交通の整備などはひと段落していますので、今度は人口を増やす必要があります。せびポチッと一つお願いいたします。

⇒⇒YUTAKARLSONの住民募集!!←←


コメントを投稿

税制改正、「官邸vs自民税調・財務省連合」の政治力学 細かな増税重ね緊縮路線へ―【私の論評】警戒せよ、緊縮で日本経済はまた停滞する(゚д゚)!

税制改正、「官邸vs自民税調・財務省連合」の政治力学 細かな増税重ね緊縮路線へ 内部留保の活用をした企業への減税措置を言い出した麻生太郎財務相  2018年度の税制改正は、年収850万円超の会社員や高収入の年金受給者の控除見直しなどが柱となっている。今回の税制改...