2010年4月18日日曜日

首長新党 党名はなんと「日本創新党」!―政界再編成さらに加速するか?

首長新党 党名はなんと「日本創新党」!(この内容すでにご存知の方は、この項は読み飛ばしてください)

首長や首長経験者らによる「日本創新党」発足の記者会見に臨ん
だ山田宏杉並区長、中田宏 前横浜市長、齋藤弘前山形県知事
(左から)= 18日午後3時半、東京都港区北青山

東京都杉並区の山田宏区長らは18日午後、都内で記者会見し、地方自治体の首長と首長経験者を中心に「日本創新党」を結成すると正式に発表した。党首に山田氏、代表幹事に中田宏前横浜市長、政策委員長に斎藤弘前山形県知事が就任。「国家、地方、国民の自立」により「自由で力強い日本」を目指すと表明した。

山田氏は、夏の参院選では比例代表、選挙区合わせて10人以上の候補者を擁立する方針を明らかにし「5-10議席を獲得したい」とした。現職の区長である山田氏は出馬せず、中田、斎藤両氏が比例代表に出るとみられているが、具体名には触れなかった。

立党宣言は「(首長が)改革を実現して状況を改善しても、国政の失敗によってあしき状況が次々とつくりだされてしまう。もはや、この状況には我慢できない。『本物の政治』を確立し、新しい日本を創り上げるべく、立ち上がることを決意した」とした。

同党を応援する首長や首長経験者でつくる「応援首長連合」には、上田清司埼玉県知事ら26人が名を連ねた。

政界再編成さらに加速するか?!
さて、このブログでは、これまでにも何回も政界再編に関して掲載してきました。私の考えでは、あの小泉政権が圧勝した選挙の直前から、そうして今もその最中にあり、ここしばらく続く大政界再編の真っ只中にあるのです。

実は、あの小泉さんの大勝も、昨年夏の民主党の大勝も、大勝ではありません。多くの人は、議席数の違いにばかり目を奪われていて、どちらの場合も、一方的な圧倒的な大勝利だと思い込んでます。

ところが、現実は違います、小泉さんのときのいわゆる郵政選挙でも、今回の政権交代につながった選挙でも、得票数といとでみれば、600万内外の票差でしかありませんでした。これは、あれだけの数の議員を選出する選挙する国政選挙ですから、僅差といっていいものです。

はっきりいえば、小泉さんの時だって、わずかのことで民主党が勝った可能性もあったし、今回の政権交代選挙でも、民主党ではなく自民党が勝利した可能性もかなりあったということです。だから、本当の意味での政界再編成は全く終了していないのです。

次の参議院選挙では、この民主、自民が大きな勢力として残ってることから、新党が頑張ったとしても、政権を担える党にまで成長することはないと思います。

ただし、次の衆議院議員選挙では、自民、民主のいずれかと合同するか、あるいはこれからもさらに派生してくる他の新党と合同するかによって実質的なキャスティングボードを握る政党が必ず出てくるものと考えます。

そうなると、これから先に続く、政界大再編の行方が随分はっきりとしてきます。

このような動きは、今の日本にとっては良いことだと思います。この党に関しては、まだ政治綱領もでていないことから、まだ判断は差し控えたいですが、ただ、「国家、地方、国民の自立」ということをうたっており、特に「国民の自立」が盛り込まれていることが注目に値すると思います。

世界の先進国の中で、たとえばEUの小国である、スウェーデンやデンマーク(面積、経済ともに北海道と同程度)などを除けば、「国家による社会的救済」を信じる、あるいは当然とするのは日本だけだと思います。もうその夢は、ソビエト連邦崩壊とともに完全に消え去りました。もともと、国はそのような機関ではありません。こうした事は,政府の本筋の仕事ではないことを認識するところから、国民の政治に対する成熟がはじまります。「子供手当て」があるから、民主党とか自民党は一体何をくれるのか、などと言っているうちは、全くお話にならないわけです。

そういった意味では、日本創新党は期待できるかもしれません。これから、こういう新党がいくつか出て、日本の政界の再編成を強力に推し進めて、もう完全に制度疲労をおこしした自民党や、その自民党の焼き直しで、中の構成人員が変わっただけ、多少リベラりルと保守などの構成数が違うだけの民主党も、早くその使命を終えて、旧社会党のようになって頂きたいと思います。その意味では、自民、民主の役割は、最早、日本政界再編を行うための人柱に過ぎないと思います。

【関連記事】
■消費増税論 公然と 主要2閣僚 安定財源求め―マクロ経済音痴炸裂!!民主党はまた順番を間違えるか?
■財政健全化目標に債務残高対GDP比縮減など、達成時期を明示へ――本気でやれば、また失われた今度は失われた20年の再来か?
■小沢氏辞任に期待感=枝野行政刷新相―小沢氏、鳩山氏、小林千代美議員辞任に大反対!!
■舛添前厚労相、自民に必要なのは「小沢氏超える独裁的指導者」 ―新党を結成すべきか!!
■仕分け、スパコン補助金「限りなく見送りに近い」―事業仕分け結局は、巨大ブーメランとなって、民主党の命脈を絶つか?






ADs by yutakarlson
ピザテンフォー昨年10月4日で、創立21周年です!!
長い間のご愛顧真に有難うございます!!
YUTAKARLSON、USA 市長からのお願い
ランキングは、ありきたりのは面白くないので、私の街に是非投票してください。この私の街は、サイバー上のアメリカ国内に設置してあります。街の名前は、YUTAKARLSONと いいます。この街は、皆さんからのアクセスがあれば、アクセス数が街の住民数となり発展していきます。職場整備、交通の整備などはひと段落していますので、今度は人口を増やす必要があります。せびポチッと一つお願いいたします。
コメントを投稿

大勝をおさめた安倍政権が「まずやるべき」経済政策はコレだ―【私の論評】戦後最低議席数の野党第一党立憲民主党誕生(゚д゚)!

大勝をおさめた安倍政権が「まずやるべき」経済政策はコレだ 選挙後の課題は積みだから  高橋洋一       リベラルは弱体化したのか  22日投開票の衆院選。台風の直撃を受けて投票率は散々であったが、結果は予想通り、与党の勝利であった。前回筆者が示した予想と比...