2010年4月24日土曜日

子ども手当554人分申請、「タイで養子縁組」…不受理―鳩山にはめられた日本国民?

子ども手当554人分申請、「タイで養子縁組」…不受理(この内容すでにご存知の方は、この項は読み飛ばしてください)


海外には子沢山なところも多い          

兵庫県尼崎市在住の50歳代の韓国人の男性が22日、同市役所を訪れ、タイで養子縁組したとする554人分の子ども手当の支給を申請していたことが分かった。市は「養育の実態がない」などとして、不受理にした。

市こども家庭支援課によると、男性が市役所を訪れたのは22日昼前。妻がタイ出身で、「タイの修道院と孤児院の子ども計554人と養子縁組した。子ども手当の申請をしたい」と申し出たという。

男性は養子縁組を証明する公的な文書として、タイ語で書かれた数十ページの書類を持参し、そこに書かれた子どもの名前や出身地、生年月日などを示したという。市から照会を受けた厚生労働省子ども手当管理室は「制度の趣旨に合わない。支給の対象外」と回答したという。

同省は、海外に子どもが住む在日外国人への子ども手当の支給について、年2回以上の面会▽来日前に親と同居歴がある▽継続的に生活費などを送金――などの条件を通知しているという。

2010年度の子ども手当の支給額は1人あたり月額1万3千円。この男性の場合、仮に支給されれば、年間の支給額は554人分で、8642万4千円になる。

鳩山にはめられた日本国民?
本日は、別なことを書こうと思っていたのですが、昨日と同じような内容になってしまうかもしれません。昨日は、事業仕分け題材として、鳩山さんの本質に迫りました。本日は、上記の子供手当にを題材として、ふたたび鳩山さんの本質に迫ります。

昨日は、旧ソ連解体や、旧ユーゴスラビアの例をだして、200年前にカントが国民国家の終焉を問いたり、その後も、いわゆる天才ともいわれる人々がそれを説いたにもかかわらす、20世紀末から、今世紀に入ってからも、いわゆる複数民族の国家が解体されて、民族国家や国民国家になっていることを例にあげて。国民国家が主流になっていることを語りました。

これとは対照的に鳩山さんが若い頃から標榜し、今にいたるまで、全くブレることのない、新左翼的な思想の中には、国民国家の終焉という考え方があります。要するに、共産主義による世界共同体という幻影的な思想が根強くあります。国民国家の国民より、世界市民という考え方があります。

ユーゴスラビアの解体が、国民国家や民族国家を志向していたのとは、全く逆に、日本解体は日本国を旧ユーゴスラビアのように複数民族の国家にするという考え方に立脚しています。要するに、日本の国そのものを旧ユーゴのように国民国家として分裂させる解体ではなく、日本を日本人という国民を中心とした国民国家から、旧ユーゴスラビアのような、複数民族からなる連合体とすることを志向しているのです。だから、最近の潮流からは全く逆のことをしようとしているわけです。

さて、ここで、もう一度上の記事のことを思い出してください。さて、子供手当てに関しては、上記のように、酷い手落ちがあります。要するに、手落ちがあっても迅速に手当てができるように急いだということです。

なぜ、こんな手落ちがあることがわかっていながら、こんなに急いだかといえば、昨日このブログで述べたように、たとえ総理大臣をやめることになったとしても、あるいは民主党が崩壊しても、結局は日本国解体の道筋がつけられれば、自分の理想を追求できたことになり、後は野となれやまとなれでも構わない、それで良いと思っているのです。

だから、普天間基地問題でも、かなり追求されたとしても、さほど気にすることもなく余裕しゃくしゃくなのです。彼にとって、新左翼的な立場から、結局は、日米関係に大きな亀裂がはいり、将来的には日米が離反するようになればそれで良いのです。いかにも、破壊好きで、創造することを知らない新左翼的な考え方です。

こども手当ても、まさに、鳩山さんの新左翼的な考えたかを実現するための、道具です。こちらのほうは、日米離反どころか、日本を多民族、特に東アジア圏の人々を増やすための一つのツールなのです。

実は、子供手当てを少子高齢化に悩む日本国民のためなどとしてはいるものの、それは単なる隠れ蓑であって、彼が本当に目指すのは、子供手当てが魅力で、日本に大挙して群がる近隣の中国人、韓国人、北朝鮮人、その他アジアの人々を増やして、日本を多民族国家にして、日本の国民国家を解体することが真の目的なのです。

そうして、このようなこととは、全く知らずして、昨年の選挙で民主党に投票した人たちを騙したのです。彼の本当の理想は、日本国解体であり、そのためにのこそ、子供手当てを実施したのです。だから、国民のほとんどは、鳩山さんにはめられたのです。

もうすでに、国民国家解体の楔は打ち込まれたのです。次の段階では、外国人選挙権(外国人の権限強化)、夫婦別姓(日本の家制度の完全破壊)、人権擁護法案(他民族の人権擁護を隠れ蓑に、他民族の権利の強化)を通して、さらに、日本国を解体して、国民国家を確実に粉砕する方向に向かおうとしているのです。

鳩山さんをみくびってはいけません。彼は、彼の信念に従って動いているのであり、そうして、今のところ、それは成功しているのです。鳩山さんは党内情勢に関してはその調整に手間取ることはあって一見「ブレて」いるようにみえますが、根底のところでは微動だにしていません。

さて、皆さんは、日本という国民国家がなくなっても良いのでしょうか?最悪のシナリオを描いてみると、一度、国民国家が崩壊して、多民族国家になって、それを元に戻そうとすれば、それこそ、ボスニア・ヘルツェゴビナのような内乱状態になってしまいます。挙句の果てには、民族浄化運動になってしまうかもしれません。しかも、それは、日本人に対する民族浄化になるかもしれません。仮に、国民国家をとりもどすことができても、内乱の挙句の果てに、コソボのようになって多数の死傷者を出して、現在の日本領土の大きな部分を他民族にのっとられているかもしれません。

皆さん、そんなことになっていいのですか?そんなことにしたくないから、「たちあがれ日本」や「日本創新党」などの動きもあるのです。鳩山さんと、鳩山さんを強力に支持する民主党内の新左翼。着々と日本解体に向かって歩を進めています。新左翼と、親中派の小沢さんが結びついて、強力な権力を持った現在、他の民主党員はこれに逆らうことはできません。さて、皆さんは、これでも次の選挙で民主党に投票しますか?

【関連記事】
■事業仕分け:JICA大幅縮減 4法人8事業「廃止」判定―劇場型政治の小粒なSMショー第二段始まる!!
■首長新党 党名はなんと「日本創新党」!―政界再編成さらに加速するか?
■消費増税論 公然と 主要2閣僚 安定財源求め―マクロ経済音痴炸裂!!民主党はまた順番を間違えるか?
■財政健全化目標に債務残高対GDP比縮減など、達成時期を明示へ――本気でやれば、また失われた今度は失われた20年の再来か?

■橋下知事ら「大阪維新の会」設立 地域政党、30人参加―国政にも新しい動きがないなら、マクロ経済を正しく理解した麻生さんを再擁立すべきか!!
■事業仕分け:ヒアリング中断 与党側と調整不足、民主・小沢氏が不快感示し-もともと鳩山政権は小沢氏の傀儡政権に過ぎないし、それに、新人議員には貫禄がなさ過ぎる?!
■仕分け、スパコン補助金「限りなく見送りに近い」―事業仕分け結局は、巨大ブーメランとなって、民主党の命脈を絶つか?
■特別会計も事業仕分け、仙谷行政刷新相が方針-民主党はまた順番を間違えた!!特別会計が本丸だ!!

ADs by yutakarlson
ピザテンフォー昨年10月4日で、創立21周年です!!
長い間のご愛顧真に有難うございます!!
YUTAKARLSON、USA 市長からのお願い
ランキングは、ありきたりのは面白くないので、私の街に是非投票してください。この私の街は、サイバー上のアメリカ国内に設置してあります。街の名前は、YUTAKARLSONと いいます。この街は、皆さんからのアクセスがあれば、アクセス数が街の住民数となり発展していきます。職場整備、交通の整備などはひと段落していますので、今度は人口を増やす必要があります。せびポチッと一つお願いいたします。


コメントを投稿

イオンまた値下げ 「インフレ目標で価格決めない」 ―【私の論評】真摯に市場の声を聴けば今の日本経済が見えるはず(゚д゚)!

イオンまた値下げ 「インフレ目標で価格決めない」  イオンのチラシ イオンは23日、グループのスーパー2800店舗で25日から、プライベートブランド(PB)の食品や日用品114品目を値下げすると発表した。値下げ幅は平均で10%程度。同社は昨秋と今春にも合わせて約520...