2010年10月3日日曜日

尖閣諸島問題めぐり東京などで大規模反中デモ―【私の論評】中国と戦う前に、報道規制、報道統制と戦わなければないらなのか?

尖閣諸島問題めぐり東京などで大規模反中デモ

抗議デモに参加する人たち
(CNN) 尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件をめぐり、日本では東京など7都市で2日、中国に対する抗議デモが行われた。

参加者らは日の丸を掲げ、「中国の領海侵犯を許さない」などと主張した。

デモを主催した田母神俊雄・元航空幕僚長は、尖閣諸島は日本固有の領土だとの立場から、日本が防衛しなければ中国はこれを取り上げる行動に出ると述べ、中国側を非難した。デモに参加したある男子学生は中国への強い怒りを示し、衝突で破損した日本の巡視船の修理費用は中国側が支払うべきだと語った。一方、55歳の女性参加者は、中国よりも日本政府の「弱腰」外交を批判したいと話し、「私たちは国としての誇りを取り戻すべきだ」と主張した。

事件では、日本が逮捕した中国人船長を釈放したが、中国側は日本に謝罪と補償を要求。日本側はこれを拒否している。日中関係の悪化は政府間外交や民間交流、観光の分野にも及んでいる。

【私の論評】中国と戦う前に、報道規制、報道統制と戦わなければならないのか?
CNNは上記のように、日本だけではなく、英語版でも同じ内容を報道しています。しかし、なぜか、このデモ内容完璧に日本の報道機関は何も報道していません。沖縄で、何か左翼系デモがあると、会場の様子や、集会場の場所からみてすぐにわかってしまうにもかかわらず、人数を5倍10倍にさばよんでも、さかんに報道するのとは対照的です。

このことについては、ガジエット通信でも以下のように報じています。
現在問題となっている尖閣諸島問題に対して渋谷で2600人がデモ行進を行ったのはご存じだろうか。このことは日本よりも海外のメディアが大々的に報じておりなんと日本の地上波テレビニュースやそのほかメディアでは全く取り上げられていない。
CNNのサイトでは「China accused of invading disputed islands」という見出しで取り上げており、写真も掲載されている。日本では希にない大規模デモ。最近では外国人参政権反対デモなどが記憶に新しいだろうか。
実際にGoogleで検索してみても出てくるのはブログばかりでマスコミは一切出てこない。
デモ隊は「尖閣諸島は日本固有の領土です 中国の領海侵犯をゆるさない」や「中国の圧力恫喝に屈した弱腰の民主党政府を許さない!」などと書かれたプラカードを手に持ち行進している。中には英文に訳された物まである。
今回のデモ行進はマスコミだけでなく民主党側も華麗にスルーしそうだ。
このデモ、日本以外では報道されています。日本語に限ってみても、少なくともサーチナでは報道しており、「日本国旗を手に菅内閣の対中外交を批判 」という表題で、特に菅内閣への批判を強調しています。

私も、この件実際にいくつかの検索エンジンで調べてみたのですが、確かに、このデモに関しては、日本の報道機関は全く報道していませんでした。

ちなみ、YouTubeでは、このデモが挙行される日時など前もって報道していました。それが、下の動画です。


私は、YouTubeのこの動画に、「このデモの実写動画も、必ず掲載すべき、日本の報道機関の偏向ここに極まれり」という内容のコメントをしました。本当にそう思います。そうして、この動画の趣旨に大賛成です。これを報道しない日本の報道機関には、全く失望しました。

実写動画はないものの、渋谷でのデモの画像はありますので、それを以下に掲載します。




今朝、前原外務大臣がこの尖閣問題について語っているのを聴きました。その中で、彼が語っていた中国像は、以前このブログでも紹介した、アメリカの一般的な見方と全く一致するものでした。要するに、現在中国のGDPは、世界第二位であり、そのうちアメリカと同じくらいになるか、いずれアメリカをも凌駕するであろとうというものでした。

しかし、私はこの以前のこのブログに掲載したように、別のチャネルから、中国は第二の経済大国にはなっていないし、これからも、なれないこと、それどころかここ10年は衰退することを掲載しました。それに関しては、以下の【関連記事】のところに、URLをコピペしておきますので、まだ読まれていない方は是非ご覧になってください。まあ、中国が第二の経済大国になったということ自体については、最近全く日本の報道機関も報道しませんし、中国側としても、2012年の党大会の時には、保守派がどう出るのか(たとえば、現体制の経済対策の失敗をなじるとか)わからないので、あまり報道しないので、多くの人も、薄々気づいているか、あるいは、変だとか、おかしいと感じていらっしゃるのではないかと思います。

それにしても、中国と対峙している今、中国が敵であることには違いないのですが、その前に国内に敵が存在すること、皆さんも良くおわかりになったと思います。デモ内容日本では、全く報道機関など報道しなかったのですから、ニュースをマスコミでしか見ない方、そうでなくても、見過ごしたりしている方、かなりいらっしゃると思います。この内容、また、皆さんのブログや、ソーシャルメディアなどで拡散して頂きたくお願い申し上げます。リンク、転載など全くご自由になっていただいて結構です。

ところで、その後良く調べなおしたら、当日のデモ様子の動画がありました。それを下に掲載します。


それから、CNNのニュースでは、全国7都市で開催されたと報道していますが、これは、間違いです。全国16都市です。この規模、すごいです。これについては、市民メディアのJANJAN.blogを見ていただければ、詳細がわかります。これほどの規模のものを一切報道しないとは・・・・・。何か日本も中国の報道と似てきたような気がします。中国では毎年、小さなものまで入れると、2万件以上もの暴動があるにもかかわらず、報道されるのはほんの一部です。

地方紙までも全く触れないということであれば、これは、報道規制もしくは、報道管制があったと考えるべきかもしれません。中国側のなんらかの脅しがあったのかもしれません。たとえば、今回のこの報道をすれば、今後中国側の情報は一切入れないとか・・・・・・。記者会見にも参加できないとか。あるいは、民主党が余計なおせかいをしたとか?いずれにせよ、恐ろしいことです。日本のメディア、一致団結して、今回の報道をすべきだったと思います。そうすれば、中国としても、報道規制のかけようがなくなると思います。なにせ、中国は、日本国民に対して中国幻想を植え付けるために、日本のメディアはなくてはならない存在ですから。

もし、中国による規制であれば、もうこんな国とは付き合いきれません、かねてからこのブログにも掲載しているし、それに半分常識とも思える、中国とのつきあいは、最低限にしてインドへのシフトを徹底的にすすめるべきです!!



【関連記事】

日本「衝突の真相を世界に説明」 中国、「対日重視」と「関係修復」に初言及―【私の論評】これから内部分裂でますます、精神病理疾患国家中国は不安定化する!!リスク管理の観点から、中国からは手をひくべき!!

温首相、政治改革に言及 内部分裂激化の証しか―恥知らずの中国は尖閣問題で日本のご機嫌を損ねると破綻する?

【中国人船長釈放】インド、“中国脅威論”を裏付ける―世界最大の民主国家インドはなぜアメリカ公認核保有国になることが出来たのか?インドの智慧を見習おう!!

中国の圧力に譲歩=民主政権、態収拾優先-中国人船長釈放―日本が譲歩しなくても良かった六つの理由!!この問題は民主党にとって、普天間の二の舞になるか?

【尖閣衝突事件】東南ア、毅然対応期待 南シナ海で対峙 強い関心―日本は日清戦役で東郷平八郎がイギリス艦を撃沈したときの胆力を思い出すべきだ!!


直言極言】守れ尖閣!目覚めよ国民!緊急国民行動[桜H22/9/10]―世界で最も恵まれた日


中国巨大な壁にぶちあたる【China Hits A Great Wall】―この記事の内容は、このブログでも再三掲載したことであり驚くには値しない!!


【村田春樹】これでも謝罪しますか?韓国反日記念館の実態[桜H22/8/31]―代表戦どちらに転んでも、良いことはない!!


『それが国民の程度かも』 細田幹事長すぐ撤回 首相批判にいらだち―「それがマスゴミの程度かも」というのが本当だ!!



ADs by Yutakarlson
ピザテンフォー誕生祭開催中!!(Mサイズ5品40%オフ)おかげさまで、テンフォーは創業22周年を迎えました!!テンフォー誕生祭、明日までです。この機会に是非ご利用ください!!

ピザテンフォーのサイトから直接注文できるようになりました。
コメントを投稿

【日本の解き方】景気拡大による人手不足、苦境に陥るのはブラック企業 労働者には賃上げの好機―【私の論評】長期と短期でみた雇用対策のありかた(゚д゚)!

【日本の解き方】景気拡大による人手不足、苦境に陥るのはブラック企業 労働者には賃上げの好機 このところの人手不足を深刻だと感じ、景気への悪影響を懸念する企業も少なくないようだ。ただ、人手不足は労働者や景気にとって本当に問題なのか。そして人手不足を解消するにはどのような方法があ...