2011年11月5日土曜日

受け入れ反対には「『黙れ』って言えばいい」 石原都知事のがれき問題発言に賛否両論―【私の論評】なぜ、否定論がでてくるのか理解出来ない?!

受け入れ反対には「『黙れ』って言えばいい」 石原都知事のがれき問題発言に賛否両論


  東日本大震災で発生した岩手県のがれき受け入れ始めた東京都に対し、都民らから反発の声が出ていることについて、石原慎太郎都知事が「『黙れ』って言えばいい」と発言し、ネットで賛否両論出ている。

   2011年11月3日、都は岩手県のがれき約30トンを受け入れ、処理を始めた。東北以外の自治体が震災がれきを受け入れるのは全国初だという。

「みんな自分のことしか考えない」

   一方で、報道によると受け入れを表明した9月末から11月4日までに都に3000件以上の意見が都民らから寄せられ、そのうち9割が反対や苦情だったという。

   石原都知事は4日の定例会見でこうした状況に触れ、「力があるところが手伝わなかったら仕様がない。みんな自分のことしか考えない。日本人がダメになった証拠の一つ」と、発言。いつもの石原節を炸裂させ、さらに、

「何も放射能ガンガン出ているものを持ってくる訳じゃないんだから。測ってなんでもないから持ってくる。東京だってバカじゃありません。『黙れ』って言えばいいんだ」
と言った。


【私の論評】なぜ、否定論がでてくるのか理解出来ない?!

石原都知事
私は、この石原都知事の言うことは、もっともなことであり、なぜ、反対論がでてくるのかよく理解できません。昨日も、テレビでみていて、反対派の主婦が「やっぱり放射能のこともあるので、子供のことも考えると反対です」と答えていたのを見て、奇異に思いました。

私の感覚であると、多少放射能があったとしても、どこかに遮蔽物のあるところに保管するものとして、安全に保管するのであれば、問題はないとさえ思っています。それに、都では、現地でも放射能を測定し、都内でも再度測定して安全性を確認してから、保管するものとしています。それであれば、とくに反対する理由はないと思います。

まさか、都内の人住んでいるところの、道路や空き地などに無秩序に捨てるというわけではないでしょう。無論東京だって、広いですから、保管するところは、いくらでもあります。まさか、街のど真ん中に捨てるように放置するなどのことはあり得ないと思います。

考えてみれば、都内からも、おそらく、蛍光塗料として使われていたのと思しきものが発見されたこともあります。あの事件では、確か、かなり高い放射能が計測されたはずです。その近くを大勢の人が日々通っていたわけですから、そんなことから比較すれば、よほど、瓦礫のほうが安心です。

それに、メッキ工場などがあれば、青酸カリもあるはずですし。病院だって、放射性物質はありますし、化学工場にだって、危険な物質はいくらでもあります。大学だって、科学実験や、薬学の研究をするところでは、危険な物質が蓄積されているところもあります。

最近工場ウォッチングで脚光を浴びている
化学工場は、危険物質の集積場でもある
それに、環境省では、1990年代に起きた「ダイオキシン汚染騒動」により、国内の焼却炉の能力は改善したので、放射性セシウムはフィルターで99・99%が削減できるとしています。また、放射性物質濃度が1キロ・グラム当たり240ベクレル以下なら、焼却灰でも埋め立て可能で、岩手県のがれき汚染の最大値は、陸前高田市の同104ベクレルだといいます。同省は「安全性を説明し、自治体に協力を要請していきたいとしています。それに、あのダイオキシン騒動も今からみれば、滑稽で、さほどの危険もないことがわかっています。

被災地の瓦礫
はっきり、危険だとわかっているなら、反対するのもわからなくはないですが、これでは、単なる風評被害と似た様なことで、反対しているだけと受け取られても仕方ないと思います。私なら、自分の住む函館市が瓦礫を受け入れたとしても、反対するなどということは思いも浮かばず、函館市は良いことをしたと誇らしく思うだけだと思います。

今は、こうした瓦礫も受け入れて、震災地の人々を助ける側に回るのが、震災を受けなかった地域の人々の義務でもあると思うのは、私だけでしょうか?東日本震災では、震災直後の被災地の日本人の人々の忍耐強さ、我慢強さ、整然として秩序を崩さない姿勢が海外からも高く評価されました。

被災地のコンビニで列をつくって待つ秩序正しい日本人
このブログでも、そのことについては、何回か書いています。でも、それは、たまたま、東北地方や地方などに限ったことであり、都内では、そのような助けあい精神のない人も多数でてきたということなのでしょうか?  賛成派、是認派の方々の多くは、わざわざ、電話をかけたり、メールを発信したりはしていないのかもしれませんが、9月末から11月4日までに都に3000件以上の意見が都民らから寄せられ、そのうち9割が反対や苦情だっとは、驚きです。  この現象あの日航の企業年金問題でも、同じような傾向が見られました。日航がつぶれかけているというのに、ある女性の日航OBが、「企業年金を減額されることは、絶対に嫌だと」テレビの取材に堂々と答えていました。日本にもいわゆる恥じを感じるとか、惻隠の情というものが薄れているニッポン人が多くなっているのだと感じました。

これが、私の素直な感想なのですが、皆さんは、どうお考えになりますか?

【関連記事】

<世論調査>80%が「中国社会の道徳は後退した」と回答=少女ひき逃げ放置事件―中国―【私の論評】経済よりも社会を優先する日本、その正反対の中国!!?

被災地の自衛隊、10万人態勢解除へ 政権方針―【私の論評】自衛隊、米軍、レスキュー隊、警察の皆さん、他の多くの皆々様も本当にお疲れさま、そうして本当に有難うございます!!

【ウォールストリート・ジャーナル社説】不屈の日本―【私の論評】素早い対応で、世界に不屈日本神話をみせつけよう!!


コメントを投稿

財務省と総務省の「地方へのカネ」めぐる醜い争いが勃発中―【私の論評】抜本的税制改革が必要だ(゚д゚)!

財務省と総務省の「地方へのカネ」めぐる醜い争いが勃発中 国民はだれも得してませんよ やめたい財務省、続けたい総務省 2018年度の予算編成に着手している財務省が、不況対策として設けられている地方交付税の「歳出特別枠」を廃止する方向で調整を始めた。 歳出...