2011年11月6日日曜日

[字幕付き] Japanese Bread! 日本のパンは美味しいです♥―【私の論評】確かに、ここ10年で日本のベーカリーは相当進んだ?!

[字幕付き] Japanese Bread! 日本のパンは美味しいです♥ 


上は、九州在住のミカエラさんの動画です。私は、常々最近の日本のパンは格段に美味しくなったと思っていたので、本日は、これを掲載します。

以下は、この動画に関する、本人のコメントです。

 I really like Japanese Bread! Have you tried Japanese Bread? What's your favorite kind of Japanese Bread! 

日本のパンが大好きです。美味しいです。あーちょっとお腹減って来たわ! おすすめな日本の食パンはなんですか?是非コメントの形でご意見教えてください!

フェースブックあります! http://www.facebook.com/ciaela
ツイッターもあります!http://www.twitter.com/ciaela
ブログもあります! http://ciaela.wordpress.com

【私の論評】確かに、ここ10年で日本のベーカリーは相当進んだ?!
最近、日本のいわゆるベーカリーという業態かなり美味しくなったように思います。だからこそ、上のように、おそらく、バンをもともと食べていた国の人がこのような動画を掲載するのだと思います。この方は、これ以外にも、食に関する動画をたびたびYouTubeに掲載しています。

神戸の老舗ベーカリーケルン
さて、日本のベーカリー業界に関しては、神戸などのよにう本当に戦前からあるような老舗もありますが、実は、20年ほど前にかなりいろいろな地域にできた時期があります。その時代には、スーパーやコンビニで販売されていたパンなどは、あまり美味しいものではありませんでした。サンドイッチなども、コンビニのものは、パサパサしてあまり美味しくなかったことを覚えています。

その頃は、私の会社の近くにも、結構古くからやっているベーカリーがあり、サンドイッチというと、その店で購入したもののほうが、コンビニよりもはるかに美味しかったことを覚えています。そうして、そのころ、いわゆる、各地にできたお洒落な新しいベーカリーなど、みなそんな感じでした。私の記憶では、その頃は、いわゆる、惣菜パンというのか、サラダが入っていたり、ソーセージや、ハムとかチーズとかいろいろ入っているものが結構あったと思います。札幌にも駅地下にあって、良く昼ごはんに食べていたと思います。

そんな時代が少しつついたころに、今から10年少しまえでしょうか、セブンイレブンで、焼きたてパンなどを導入するようになりました。それを期にそれまであったサンドイッチなども随分変わりました。それまで、いわゆる菓子パンの域を出ていないパンが、要するに非常に美味しくなったのです。当時も販売されて、今でも販売されているものとして、下の写真のようなものがあります。



それに、サンドイッチも随分変わりました、その頃食べたもので、クラブハウスサンドイッチは、今でも販売されているのですが、当時の平均的なベーカリーなどで販売しているものより美味しく感じました。今でも、これは、販売されていますが、数年前にはは、アメリカンスパイシークラブハウスサンドイッチというもの販売されいてこれも非常に美味しかったです。


コンビニで美味しいサンドイッチや、パンなども販売されたせいでしょうか、最近では、あまりベーカリーに行かなくなりました。本当に、その頃は、コンビニのパンが普通のベーカリー並になったように感じました。

しかし、最近、またベーカリーに行く機会がありました。近くに20年前からあった、ベーカリーの支店ができたこともありましたり、先程述べた近所のベーカリーも未だに健在です。それで、両方に本当にしばらくぶりで行った見たのですが、やはり、随分変わっていました。

従来から比較すると、いわゆる惣菜パンの類は随分減ったように感じました。そのかわり、焼き菓子のようなパンや、パンそのものの美味しいものがいろいろと置いてあるという感じでした。そうして、両方から買って食べてみましたが、両方共とても美味しかったです。この10年くらい、私が足をあまり運ばなかったうちに、コンビニとの競争もあって、既存のベーカリーもかなり努力したのだと思います。

だからこそ、昔からやっているところも、そのまま生き残り、もう一方は新たに支店を出す言ができたのだと思います。

このような競争があったからこそ、今の日本のベーカリーのパンは、外国の人が称賛するまでに成長したのだと思います。確かに、日本独自のパンもたくさんありますし、さらに、最近では、米粉パンも普通になり、あのモチモチ感はとても小麦では出せない日本独自のものだと思います。

さて、こうした、競争これからどうなるのでしょうか?これは、日本ではないですが、外国の事例で、参考になるものがあります。

それは、いま洪水で、さかんに報道されているタイのセブンイレブンです。






実は、セブンイレブンの店内でパンの生地をこね、パンを焼き、そして焼きたてのパンを店内で販売しているのをご存知だろうか? セブンイレブン店内に小さいパン焼きオーブンを設置されており、店員がコネコネした生地をそこで焼いているのです。しかもこれ、メチャウマなんです!

セブンイレブンが店内でパンを焼いているのは、微笑みの国・タイ。すべての店舗ではありませんが、店内で焼いたパンを販売しているセブンイレブンがいくつかあり、低価格で焼きたてのパンを食べることができるのです。日本でも店内でお弁当を作っているコンビニエンスストアがりますが、パン生地をコネたり焼いたりしているコンビニは、まだごく少数だと思います。ただし、最近は、実際に焼いて販売しているところがあります。

パンの美味しさ、これも、競争すれば、行き着く先はこのようになるのでしょうか?しかし、日本などは、タイと違い、人件費がかなり低いからこのようなことができるのかもしれません。しかし、この問題を何とかして解決すれば、日本でもかなりできるようになるかもしれません。それに、パンということであれば、日糧とか、ロバパンとか、いわゆるメーカーが大量に製造販売しているパンも、従来から比較すれば、ずいぶん美味しくなったと思います。昔、アメリカで食べたトーストが随分美味しいように感じましたが、今では、かえって、日本のほうが美味しいです。ただし、私は、日本で良く売られている厚切りのは、駄目です。しかし、日本でも、薄いものでもカリカリ焼いても十分に風味があり美味しいです。

既存のベーカリーも油断していられませんね。しかし、日本のこうした競争によって、日本のパンは、いつの間にか、欧米などの水準を超えてしまったかもしれません。最近では、かなり高級なベーカリーは別として、普通のベーカリーなら、すでに欧米よりも美味しいように思いませんか?私は、昔美味しいと思って食べたドイツの伝統的なパン(パンの名称は忘れました。それにドイツのパンがすべて不味いというつもりはありません)など、今は不味くて食べられません。

本当に世の中変わっていきますね。昔は、パンといえば、若者が食べるものであり、高齢者はあまり食べないと思われていたのが、最近では、高齢者のほうが食べるというアンケート調査もあります。これは、やはり、パンが従来と比較すれば、格段に美味しくなってきたということとも関係していると思います。

いずれ、パンも日本が世界を制する日も近いかもしれません。そう思うのは、私だけでしょうか?

【関連記事】

外食のマナー(食事そのもの2)-ワインとパンはどうするの?!


ピザ特集(1)-ピザの歴史




コメントを投稿

若者は保守化しているのか 雇用改善で政権支持の実態、左翼色強い報道にも縁遠く―【私の論評】まもなく実質賃金も上昇しはじめ、吠え面をかく反安倍派?

若者は保守化しているのか 雇用改善で政権支持の実態、左翼色強い報道にも縁遠く  毎日新聞の記事で、20代以下と30代の若者に内閣や自民党の支持者が多かったという調査結果が紹介されている。「政治的な知識不足」「現状維持を望む」といった解釈のほか、「雇用の売り手市場」なども要因と...