2013年1月11日金曜日

中国戦闘機、尖閣に異常接近 自衛隊はF15でスクランブル対応―【私の論評】きちんと手順と段階を踏んで最終的には撃墜せよ!!それでも、中国は日本と戦争できないわけがある!!

中国戦闘機、尖閣に異常接近 自衛隊はF15でスクランブル対応:
J7

 中国の挑発行為が止まらない。政府関係者によると10日昼ごろ、中国軍の戦闘機数機が、沖縄県・尖閣諸島北方の東シナ海にある日本の防空識別圏に入ったのを航空自衛隊が確認し、那覇基地からF15戦闘機が緊急発進(スクランブル)した。中国軍機は間もなく防空識別圏から出た。領空侵犯こそなかったが、とうとう中国は戦闘機まで飛ばしてきた。

日本自衛隊のF15


 「昨年末から現在まで特異な事例が続いている。一瞬の隙なく、しっかりと警戒態勢を取る」

 小野寺五典防衛相は11日の閣議後の記者会見でこう語った。

 防衛省幹部によると、識別圏に入ったのは戦闘機J7やJ10など。防空識別圏は、領空侵犯に備えるために各国が独自に設定するもので、東シナ海にある日本の識別圏の大半は日中両国の中間線より中国寄りにある。

J10

 中国の挑発行為としては、国家海洋局所属の航空機が昨年12月に尖閣諸島付近で領空侵犯し、その後も接近飛行は継続。防衛省は警戒を強めているが、今回の動きは「特異なケースではない」として公表しなかった。

 航空自衛隊南西航空混成団司令を務めた佐藤守・元空将は「領空侵犯に続く脅迫行為だ。中国は戦闘機を出したときの(自衛隊の)反応をみている。手順通りに緊急発進し、追い払ったという点では確かに特異なケースではない。今後もさらに接近するならば、警告射撃など手順通りに行動すべきだ」と指摘。

 そのうえで、「尖閣問題は注目されており、特異なケースではなくても国民に知らせるべき。中国は今後、さらに飛行距離の長い戦闘機を飛ばすなど、挑発を繰り返すだろう」と分析した。


【私の論評】きちんと手順と段階を踏んで最終的には撃墜せよ!!それでも、中国は日本と戦争できないわけがある!!

 中国のJ10や、J7が領空侵犯をしたそうですが、これはどのような戦闘機なのか以下に掲載しておきます。
ユーロファイター・タイフーン

6月に実施された「レッドフラッグ・アラスカ」合同軍事演習において、ドイツの2機の「ユーロファイター・タイフーン」戦闘機が、F-22「ラプター」を撃墜しました。韓国軍事関連サイト「新羅空軍フォーラム」は26日、ユーロファイター・タイフーンの成功により、高性能レーダー、ミサイル、武器搭載能力を持つ第4世代戦闘機が、未来の空中戦で第5世代戦闘機を効果的にけん制できることが証明されたと伝えました。中国の「殲−10(J10)」戦闘機はユーロファイター・タイフーンと多くの共通点を持つ高性能戦闘機であり、システム・技術のアップグレードにより、米国のF-22に対抗し、「殲滅−20」戦闘機の戦力を補う能力を持つことになるかもしれません。システム・技術のアップグレードにより、殲−10がF-22に対抗可能かもしれません。

中国の戦闘機の開発水準は、欧州と比較して大きく遅れています。殲−10は単発戦闘機で、その技術アップグレードの余地も双発戦闘機のユーロファイター・タイフーンに及びません。そのため、中国が殲−10のレーダー、ミサイル、武器搭載能力を全面的にアップグレードさせたとしても、全体的な性能ではユーロファイター・タイフーンの水準に達しません。しかしこれらのアップグレードにより、殲−10は少なくともドッグファイトにおいて、F-22に対抗する能力を持つことになるかもしれません。中国は現在も第5世代戦闘機の量産化を実現していませんが、殲−10により米国の第5世代戦闘機からの「技術的圧力」を効果的に抑制することができるかもしれません。

殲−10は、地域の空中戦において決定的な力を持つ、中国空軍初の軍用機となるかもしれません。また殲−20を始めとする中国製第5世代戦闘機が大量に就役した場合も、技術アップグレードを実施した殲−10は高い価値を持つ軍用機として、長期に渡り中国空軍のために就役することになるでしょうう。

殲20


第5世代戦闘機の殲−20は、世界で3機目の大型第5世代戦闘機(その他の2機は、米国のF-22とロシアのT-50)の中で開発が最も遅れていますが、今後の開発が最も期待されているようです。殲−20の実際の就役期間が米国とロシアを上回ることはないでしょうが、将来的に中国空軍の絶対的な主力となることは間違いありません。全体的な性能がやや劣る発展型の殲−10は、今後も殲−20の重要な補助的戦力となり、中国空軍に大量に配備されることになるでしょう。(中国網)



現実的には、中国のJ7は、練習機であり、J10はF16かF15程度のものと捉えておくと良いと思います。上の動画では、中国の本土から、尖閣諸島まで12分としています。しかし、これは逆にいえば、日本からもこれくらいの時間でいけるということになります。

この戦闘機が、何機日本に来ようと、日本の自衛隊だけでも、かなり簡単に撃ち落とすことができます。それは、戦闘機による迎撃だけではなく、無論イージス艦などからも、迎撃可能です。今のところ、中国人民解放軍は、日本と戦争をして制空権を確保できるだけの力はありません。

世界最強の哨戒能力を持つ日本の哨戒機


また、海軍力も極度におとっており、日本の対潜哨戒能力が世界一であるため、中国の艦艇は、日本とまともに戦争をすれば、すぐに撃沈されて手も足もでません。潜水艦にいたっては、日本のものとは比較の対象にもなりません。中国の潜水艦は、工作技術が劣っていため、ガンガンとドラム缶を叩きながら、水中に潜っているようなもので、あっという間に日本の哨戒機に補足され、簡単に撃沈されてしまいます。

空軍も、海軍も、本格的に戦争になった場合、日本の自衛隊に対して手も足もだすことができず、日本の空軍機や、艦艇を発見する前に、やすやすと海の藻屑と消えさることになります。中国人民解放軍が、日本に対して敵対行動をとろうにもいまのところ、不可能です。

日本の潜水艦「そうりゅう」 スクリュー音があまりに小さいので、中国は補足できない

それに、沖縄には、アメリカ軍も駐留していますし、アメリカ軍はオスプレイを配備しています。まあ、中国が尖閣列島に領土的野心を持っていたとしても、中国人民解放軍には、尖閣列島に侵攻して、奪い取るような能力は全くありません。

それに、極めつけは、このブログでも哨戒したように、中国が日本に向けて核ミサイルを発射しても、かなり高い確率で、イージス艦に撃墜されてしまうということもあります。これは、以前このブログでも哨戒したことがあります。

静音性能が極度に劣る中国の潜水艦。すぐ撃沈されてしまう。

そうなると、中国人民解放軍が、日本に攻めてくるということになれば、自滅覚悟でこなくてはならないということになります。そんな、冒険は、中国はしないしできないでしょう。

ただし、便衣兵を尖閣に100人程度上陸させるようなことはできるかもしれないし、やるかもしれません。

いずれにしても、日本としては、中国側が船や飛行機で挑発してきた場合、最小は、警告する次の段階では、警告射撃をするなど、国際法にのっとり、粛々と実施し、最終的に撃沈するとか、撃墜するなどのことをすべきです。このような形で撃墜、撃沈すれば、中国側は文句をいうでしょうが、戦争にはならないし中国もそれはできないでしょう。

尖閣に便衣兵が上陸しても、同じように対処すれば良いだけです。国際法にのっとり、警告、警告射撃、威嚇射撃などして、退かないというのなら、全員撃ち殺せば良いだけのことです。それで、戦争になどはならないです。しようにも、できない中国の現実があります。

すべての武器を外した状態で、空母から発艦したJ15

こんなことをいうと、中国には、空母があるとか、先日戦闘機が発艦、着艦していたなどとおっしゃる方もいらっしゃるかもしれませんが、あれは、単なるアクロバットです。なぜそんなことがいえるかといえば、確か発艦・着艦したのは、J15でしたが、ミサイルなどの装備を全部外して行なっていました。あれでは、全く実戦はできません。どうして、あんなに虚勢を張るのか良くわかりません。

虚勢を張るのは、やはり、自信のなさのあらわれです。それに、空母自体にも問題があります。これまでの歴史からすると、中国の空母「遼寧」の最大の問題は「水面下」にある可能性があります。改装は行われていますが、基本的には1980年代のソ連が使っていた古い技術が使われているからです。

ロシアが保有するヴァリャーグの同型艦「アドミラル・クズネツォフ」は、エンジンやほかのシステムに多くの問題を抱えており、20年間の就役中に、実際に配備されたのは数えるくらいしかありません。もともと、ロシアの技術に問題があったものを改修したとしても、まともに機能するとは思えません。

このような中国が、日本と戦うことは、単なる冒険でしかありません。ただし、現状はそうですが、中国は、過去においてはどんどん軍事費を増やしています。しかし、日本は、ここ数年は減らしつづげています。いつまでも、この優位を保とうと思えば、日本も軍事費を増加するしかありません。私は、そう思います。皆さんは、どう思われますか?

【関連記事】

「尖閣諸島は日本領土」広東の企業幹部が人民日報記事など証拠挙げ、賛同広がる―【私の論評】中国は、一枚岩ではないことと、反日デモは、反共産党デモの裏返しでもあることを認識すべき!!

 http://3.bp.blogspot.com/-apTQDPoc_to/UDiynbMHy7I/AAAAAAAARHg/XuXkYwKl3sY/s640/and_243994+(1).jpg

【尖閣国有化】「日本が譲歩すれば、中国のさらなる侵略招く」 米軍事専門家―【私の論評】安全保障のためにも、まずは財政・金融政策をまともにせよ!!

 

中国紙、尖閣領空侵犯は「海空両面からの巡航常態化」の始まり 「戦闘機派遣の用意も」―【私の論評】尖閣を取られたら、次は沖縄、沖縄をとられたら次は日本であることを忘れるな!!

 

「尖閣は日本の施政権下にある」米議会が特別声明 中国の軍事行動に対抗―【私の論評】中国のアジアでの覇権拡大を阻止したいというのがアメリカの本音!!護憲派は、国際的視野からみればただの頑固者? 

 「日本は憲法改正せよ」が米国議会で多数派に―【私の論評】憲法を改正するか、中国の属国になるか、アメリカの51番目の州になるか、あなたはどの道を選択しますか?


変態御用一般人化したマスコミ―【私の論評】すべての問題を解消するには、いずれ憲法を改めるしかないか?!


自衛隊「最新装備」実は世界最高レベルで中国軍丸裸にできる―【私の論評】いろいろな意味で中国幻想は捨て去ろう!!


【北ミサイル発射予告】PAC3が宮古島に到着 ミサイル日本領域落下で迎撃―【私の論評】ミサイルの日本領域落下で迎撃ではなく、日本領域通過で迎撃せよ!!

コメントを投稿

富岡八幡宮事件に見る、組織に「怨念」を抱く者の恐ろしさ―【私の論評】組織の精神を健全に保たなければ怨霊が輩出することになる(゚д゚)!

富岡八幡宮事件に見る、組織に「怨念」を抱く者の恐ろしさ 富岡八幡宮の殺人事件で、容疑者による、関係者やマスコミに宛てた長文の遺書が話題となっている。「怨霊」「祟り」など、真に受け難い文言が書かれているが、事件の舞台が神社である以上、これを「頭のおかしな容疑者の独り言」として...