2013年1月29日火曜日

危険度高い中国の領空侵犯 空自の対応が中国空軍出動の口実に―【私の論評】自衛隊機への命令はネガティブ・リストとして、明らかな領空侵犯については粛々と手続きに従い撃墜するのか世界の常識!!

危険度高い中国の領空侵犯 空自の対応が中国空軍出動の口実に:




日中間の尖閣諸島をめぐる緊張状態は厳しさを増している。尖閣領有を主張する中国が、実効支配の常態化を狙いとして強硬姿勢をエスカレートしているからだ。特に昨年12月13日の海監隊の飛行機による領空侵犯(領空侵)を契機に軋轢(あつれき)が複雑化し、深刻化してきた。

この記事の続きはこちらから!!

【私の論評】自衛隊機への命令はネガティブ・リストとして、明らかな領空侵犯については粛々と手続きに従い撃墜するのか世界の常識!!

ソ連時代から領空侵犯していた、ツポレフ
上の記事納得がいきません。空自の対応が中国空軍出動の口実にというタイトル自体がいかがなものかと思います。日本の領空は、日本のものであって、そこに無断で、領空侵犯すれば、最終的に撃墜されても文句はいえないはずです。

詳細は、上の記事をご覧いただくものとして、上の記事では、中国機領空侵犯に対する一般的な手続きが掲載されていました。その部分だけを以下に引用させていただきます。
中国の領空侵に対する我が方の対応は、自衛隊法84条に基づく空自の任務となっており、これは国際的な通例でもある。一般的な手順は、不明な接近機に対しては無線で警告が出され、無視される場合は、航空機を発進させて侵入機に接近して羽を振るなどの警告を出し、退避させるか、誘導着陸を迫る。それでも領侵事態になれば信号弾(曳光(えいこう)弾射撃)で警告し、最後の手段は撃墜という段取りとなる。
私は、手続きを踏んでも退去しない中国軍機が存在した場合は、着実に上記の手順を踏んで、撃墜すべきものと思います。領空侵犯し、撃墜されたとして相手側に対してそれだけで、戦線布告や、その他の戦争行為などをする口実にはできません。それは、世界の常識です。あくまで、領空侵犯した側が悪いのです。だから、こそ、領空侵犯などしないのが、普通です。どうしても、領空をとおらなければならないとしたら、前もってその理由とともに、連絡すべきです。

最近領空侵犯するようになった、中国J10戦闘機

昔大韓航空機が当時のソビエトの、領空を侵犯して、撃墜されたなどという悲劇もありました。上記の手続きを踏んでも、途中で引き返すなどのことをしなければ、どこの国だって撃墜します。領空侵犯して、上の手順を踏んでも退去するなり、戦闘機の誘導に従わなければ、民間の旅客機だって撃墜されても文句はいえませんす。それが世界の常識です。

この世界の常識に対して、日本だけ、例外になるべきではありません。それから、このような事態に直面した際のパイロットに対する命令は、いわゆるネガティブ・リストによるものとすべきです。

スクランブル発進するF112
軍隊の命令方式にも二種類があります。一つは、ポジティブ・リストによる命令であり、もう一つは、ネガティブ・リストよる命令です。ポジティブ・リストとは、あれをしても良い、これをしても良いと、事細かくさだめていて、これによる命令だと、良いと書かれていない事柄については、命令を受けた人はやってはいけないことになります。あいまいな場合は、いちいち上の判断をあおがなくてはなりません。

一方ネガティブ・リストとは、あれをやってはいけないとか、この条件のときは、こうしてはいけないなどと書いてあり。やってはならないこと以外は、命令を受ける人の裁量でやっても良いという命令の方式です。
ネガティブ・リストによりパイロットの命を守れ!!

そうして、日本の自衛隊以外の世界の軍隊は、ほとんどがネガティブ・リストに基づく命令という体型になっています。

平時なら、ポジティブ・リストで良いのでしょうが、領空侵犯などの緊急時には、ネガティブ・リストとすべきと思います。ありとあらゆる状況設定しても、ポジティブ・リストでは限界があります。ネガティブ・リストであれをやってはいけない、この条件ではこうしてはいけないなどと命令を守り、それ以外のことは自らが判断できるわけでですから、機敏に対応できます。


私は、中国戦闘機の領空侵犯に限らず、いずれの国の国籍の戦闘機であろうと、上記の手続きを踏めば、普段からこのような状況になった場合にはネガティブ・リストによって命令し、やってはならないことを示し、それに忠実に従うようにさせ、それ以外はパイロットの判断で、撃墜すべきと思います。ボジティブ・リストによる命令であれば、パイロットがやって良いかどうか、上に判断をあおいでいるうちに、機会を逸するどころか、撃墜されてしまいます。

いざというときは、粛々とネガティブ・リストに従い行動し、最終的には、撃墜するというようにして、それを国内外に告知することだけでも、一定の抑止力になると思います。逆にやらないほうが、相手側にも舐められて、不利な状況になると思います。特に中国はそうです。もし、撃墜すべきときにしなければ、今後ますます増長して、日本の空を我が物顔で、どごでも飛び回るようになると思います。そのような国日本は、主権国家ではなくなります。皆さんは、どう思われますか?

【関連記事】

中国戦闘機、尖閣に異常接近 自衛隊はF15でスクランブル対応―【私の論評】きちんと手順と段階を踏んで最終的には撃墜せよ!!それでも、中国は日本と戦争できないわけがある!!


中国は軍事力過大評価か=ウィキリークス―【私の論評】中国の海軍力は日本にとっては、でくのぼう水準だが・・・・・!!


中国は世界で最もストレスの大きい国に―【私の論評】日本の円高・デフレを終わらせ、中国麻薬漬け政策を終わらせ、中国に新社会秩序を打ちたてよ!!

 

衝撃予測!「中国は尖閣諸島に100人単位の活動家を上陸させる」 米専門家−【私の論評】尖閣の動きは、中国権力闘争だけでなく日本政局にも密接に絡んだ動きか? 

 

【中国の本性】習近平氏が反日デモを指揮? 尖閣巡り「習VS胡」激化―【私の論評】犯罪者が国家元首になる国家とはいかに?!!

コメントを投稿

【激闘10・22衆院選】自民危ない与野党大接戦の59選挙区 立憲民主追い風、失速から挽回試みる希望 選挙プランナー分析―【私の論評】実体は民主党菅政権の立憲民主党に引導を渡せ(゚д゚)!

【激闘10・22衆院選】自民危ない与野党大接戦の59選挙区 立憲民主追い風、失速から挽回試みる希望 選挙プランナー分析 希望の党の失速で、枝野代表率いる立憲民主党は 躍進の勢いだ=17日午前、東京都葛飾区 10・22衆院選の投開票日まで1週間を切った。報道各社は中盤情...