2013年1月9日水曜日

安倍政権が、朝鮮学校を高校無償化の対象から外す方針を決めた(朝日新聞)―【私の論評】世の中の変化に追いつけない朝日新聞、まだ大昔のままの姿勢は新聞廃刊になるまで続く!!

安倍政権が、朝鮮学校を高校無償化の対象から外す方針を決めた(朝日新聞「声欄より)

朝鮮人学校の入学式

経済力にかかわらず高校に進み学べる社会にする。無償化の趣旨を考えると、例外を設けるべきではない。

教育内容に朝鮮総連の影響が及んでいること、拉致問題の進展がないことなどから、現時点では国民の理解が得られない。下村文科相はそう説明している。

たしかに拉致、事実上のミサイル実験などから国民の不信は強い。

朝鮮人学校の職寝室


北朝鮮指導者の肖像画を教室に掲げ、独裁体制を肯定するような授業をしているとすれば受け入れがたい。

ただ、制度の対象は生徒個人であって、学校ではない。日本の大学に進学する生徒も多い。日本社会の一員となる。

子どもたちだ。生徒たちの学びを保障し、かつ日本や国際社会の価値観をきちんと学んでもらう。両立の手立てを
探りつづけるべきだ。

これまで文科省は、無償化を認める場合には留意事項をつけ、日本の政治・経済の教科書を教材の一つとするなどの自主的改善を促すとしてきた。無償化対象にして回路を保ちつつ、こうした改善を働きかける。その方が社会全体にとって有益ではないか。

神奈川県は県内の朝鮮学校に県として補助金を出すにあたり、拉致や大韓航空機の爆破事件をめぐる教科書の記述などの疑問点を指摘した。その結果、十分でないにせよ記述は一部改訂された。横田めぐみさんを題材にした映画を使い、拉致問題を教える授業も行われた。働きかけの回路をもつことで一歩前に進んだといえる。

セクシーな朝鮮のモーターショーコンパニオン

朝鮮学校を対象から外す手続きにも疑問がある。

外国人学校への無償化適用は文科省令に定められている。そこから、朝鮮学校を審査対象とする根拠の条項だけを削除するというものだ。

この条項に基づいて、朝鮮学校からは2年以上も前に申請が出ている。ところが、その審査をずっと先送りした末に、条項そのものをなくして審査を打ち切る。これはおかしい。

ルールの変更を検討するにしても、まず審査の結論を示すのが先だろう。民主主義社会の価値観に合う教育を求める側が、手続きの公正さに疑問をもたれることがあってはなるまい。(抜粋)

【私の論評】世の中の変化に追いつけない朝日新聞まだ大昔のままの姿勢は新聞廃刊になるまで続く!!

朝日新聞による異常な安倍内閣成立の報道


さすが、中国人民日報の記事です。いや、違ったか、朝日新聞でした。しかし、本当に中国人民日報のような論評です。文部省がとか、文部大臣が高校無償化の対象から外すという表現ならまだ理解できるのですが、わざわざ「安倍政権が」と表題に入れるところが、背後の意図をありありと感じさせます。よほど、安倍晋三氏個人が嫌いなのだと思います。安倍首相誕生のときにも、上のようにさんざんぱら、悪態をつきまくった特集を出しています。就任したばかりの首相としては、いかに再選といっても異常です。こんな新聞は、他国には存在しないでしよう!!

もう、馬鹿馬鹿しくて、論評する価値もないです。

とはいいながら、若干説明します。

高校無償化とはもともと、2010年4月に施行された高校無償化法に基づくものです。

この法律により、公立高校は授業料を徴収しません。私立高校は「就学支援金」という形で低所得者世帯などでは実質授業料免除の形に近いものとなります。

この法律によれば、文部科学省が「高校に類する課程」と認めた専修学校や外国人学校も対象となります。

しかし、朝鮮学校は判断が見送られていました。結局、民主党ははっきりと無償化にしないという結論を出せずにズルズルと引き延ばしてきたのす。

今回、のこの措置は、文部科学相に内定した下村博文元内閣官房副長官が朝鮮学校無償化に対し強い拒絶を示しており、その意向を反映したものとなったようです。

現在経済制裁を行っている「潜在的敵国」である北朝鮮の支配下にある朝鮮学校を無償援助するというのはそもそも異常なことです。

「当然」、「当たり前」という声が大勢を占めるのは当たり前のことである。その当たり前のことが出来なかったのが民主党政権でなのです。

それにしても、上の記事相当インパクトがあったようです。

まずは、ツイッターの状況を以下に記します。この記事内容凄まじく拡散されています。


ツイッターでは「朝鮮学校」、「適用しない」、「授業料無償化」がトレンドワードに浮上。ニュースが大きく拡散しています。拡散の内容は、このニュースの告知とともに、「当然」「当たり前」というものがほとんどです。


「2ちゃんねる」でも関連ニュースのスレッドが立ち、26日、10:50時点で勢いランキングの2位。スレッドはprat2まで進んでいます。


ちなみに、上の画像では、順位が読み取りにくいので、以下に掲載しておきます。
1位:【政治】亀井静香氏、未来離党へ
2位:【政治】安倍政権、 朝鮮学校には授業料無償化を適用しない方針★2
3位:【食文化】 七面鳥の代用品で「クリスマスはKFC」 フライドチキンCMに海外から驚きの声 「これは悲しい」「ジョークか何かだろ」★5

それにしても、このネット上での人気ぶり、朝日新聞はどう受け止めているのでしょうか?朝日新聞といえば、一時「アサヒる」という言葉が流行りました。

アサヒる問題(アサヒるもんだい)とは、朝日新聞(2007年9月24日付)に掲載された安倍晋三氏に関する石原壮一郎のコラムをきっかけに、インターネット上で流行した「アサヒる」という言葉が朝日新聞への批判やパロディ化の一形態として使われるようになったことに関する一連の議論や論争を指します。

以下に当時の動画を掲載します。


なにやら、この当時から、朝日新聞ほとんど変わっていません。朝日新聞主筆・若宮啓文氏は、「安倍叩きは社是である」と放言したと伝えられています。これは、不偏不党が建前の新聞社において、その建前を真っ向から否定する世紀の大暴言で­あり、いくら左翼スタンスの朝日新聞であるといえども許される水準の発言ではありません。これに関する動画を以下に掲載します。



それにしても、もう時代の空気も変わったというのに、相変わらず、朝日新聞は、このような記事を掲載すれば、安倍首相をけ落とせるとでも思っているのでしょうか?だとすれば、本当に、時代錯誤も甚だしいです。これだけ世の中が変わって、朝日新聞の上記のような記事が、ネット上で大批判されているにもかかわらず、世の中の変化に追いつけない朝日新聞新聞のこの姿勢は、廃刊になるまで続くことでしょう。廃刊の日も近いと思います。そう思うのは、私だけでしょうか?

関連記事

朝日新聞デジタル:景気後退入りの可能性 動向指数、6カ月連続下落 - 経済―【私の論評】景気後退・雇用悪化を絶対に日銀のせいにしない日本大手マスコミの不思議!! 

 

「ひと」欄で大宣伝 朝日新聞 大誤報の赤っ恥―【私の論評】私たちは、ネットなどの、新しいメディアなどを取捨選択して、自分の頭で考えないと、正しい情報に出会えないと覚悟を決めなければならない!! 

もう寝言はやめてくれ朝日新聞 国債暴落煽って増税後押し−【私の論評】日本の大手新聞は、この論調。新聞だけ消費税をまぬがれるためにこうした記事を掲載するというのなら、立派な裏切り者!!

テレビによる恐るべき“洗脳”の実態―【私の論評】自分が自分の主人公であり、誰からもマインドコントロールされていないという感覚を持て!!

テレビ朝日が自民党・安倍総裁の経済政策を批判するよう経済学者に強要 −【私の論評】幽霊の正体見たり枯れ尾花!!

 

【正論】日本大学教授・百地章 朝鮮学校の無償化は違憲の疑い―法律解釈もできない民主党?!

 

 

コメントを投稿

「党名への嫌悪感浸透、再生困難」立民・希望・民進ぶった切り 新著『“小池”にはまって、さあ大変!』が話題の安積氏―【私の論評】野党・労組は選挙結果は有権者の声であるという事実を再認識せよ(゚д゚)!

「党名への嫌悪感浸透、再生困難」立民・希望・民進ぶった切り 新著『“小池”にはまって、さあ大変!』が話題の安積氏 写真はブログ管理人挿入 以下同じ 特別国会は9日閉会し、永田町では野党を中心に政界再編に向けた動きが加速しそうだ。翌年の政党交付金の確保を目的に、...