2013年1月26日土曜日

【高木桂一の『ここだけ』の話】国賊か!? 「赤旗」で“日本叩き”に加勢の自民党元重鎮―【私の論評】とうとう出た真性偽装転向コミンテルン!!

【高木桂一の『ここだけ』の話】国賊か!? 「赤旗」で“日本叩き”に加勢の自民党元重鎮

20日付「しんぶん赤旗」日曜版は1面で安倍政権の「癒着とバラマキ」を
批判する一方、4面に慰安婦問題をめぐる加藤紘一氏の見解を掲載した


安倍晋三首相が旧日本軍による慰安婦募集の強制制を認めた「河野洋平官房長官談話」(平成5年)の見直しを表明したことに対し、自民党の加藤紘一元幹事長が20日付の共産党機関紙「しんぶん赤旗」日曜版紙上で批判した。自民党の元重鎮が他党の機関誌にわざわざ登場して“身内”を攻撃するとは、寡聞にして知らない。慰安婦問題をめぐって米紙ニューヨーク・タイムズはじめ海外メディアが「日本叩き」を強める中、加藤氏が加勢した格好だ。

偽装転向コミンテルンの加藤氏
くだんの加藤氏の“問題コメント”の全文は以下の通りだ(年号は西暦で掲載されたが、筆者が和暦に書き直した)。
 朝鮮半島出身 のいわゆる「従軍慰安婦問題」については、私が宮沢喜一内閣の官房長官だった時、平成3年12月から4年7月まで調査しました。関係資料が保管されている 省庁で調べて、「慰安所の設置、慰安婦の募集に当たる者の取り締まり、慰安所設置の築造・増強、慰安所の経営・監督、慰安所・慰安婦の衛生管理、慰安所関 係者への身分証明書の発給等について、政府の関与があったことが認められた」と結論を出しました。その時点で、すでに、政府として「筆舌に尽くしがたい辛 苦をなめられた全ての方々に対して、改めて哀心よりお詫びと反省」を表明しました。

私の次の河野洋平官房長官のときに、さらに調査して「強制性」を認めました。この一連の調査や見解を覆そうという今の動きに、私としては賛成できないし、右バネがききすぎて、外交的にも大丈夫なのかと思います。
  こういう状況になると、当然、近隣諸国が懸念を持つでしょう。近隣諸国ばかりか、アメリカもこの問題に強い関心を持っていることに私も驚いたことがありま す。19年の安倍首相・ブッシュ大統領の会談では、安倍首相が「お詫び」せざるを得ませんでした。アメリカは、人権問題という点からこの問題をとらえてい たのでしょう。
 近隣諸国やアメリカの関心は、軍の強制連行があったかなかった、といった狭い議論ではありません。全体として人権侵害があり、それを否定することなど考えられないと見ているのです。
山形3区で落選し支持者に頭を下げる自民党の加藤紘
繰り返すまでもないが、河野談話は根拠のないまま慰安婦の強制連行を認めたものだ。談話が出される前、当時の宮沢内閣が集めた2百数十点に及ぶ公式文書には、旧日本軍や官憲が慰安婦を強制連行したことを裏付ける資料は皆無だった。

 ところが、談話発表の直前にソウルで行った韓国人元慰安婦からの聞き取り調査だけで強制連行があったと決めつけてしまった。安倍首相が「私たちの子孫にこの不名誉を背負わせるわけにはいかない」として、談話見直し方針を打ち出したのは当然のことである。

 そこで加藤氏は「強制性」が裏付けられなかったことにフタをして、慰安婦問題を「人権問題」だと強調することで、「歴史を否定する新たな試み」 「右翼民族主義者」と安倍首相を口汚く酷評したニューヨーク・タイムズ紙や、これを諸手を上げて評価する日本共産党など左翼勢力に、「安倍政権批判」「日 本叩き」をたきつけているようなものである。

 加藤氏は官房長官時代、慰安婦問題への軍の関与に初めて言及する談話を出し、3日後、それを 「手土産」に訪韓した宮沢首相は盧泰愚大統領に対して8回も謝罪、反省の言葉を述べた。こうした「贖罪外交」「土下座外交」が翌年の河野談話へと“発展” したわけで、「河野談話の生みの親」の加藤氏としては、同談話の見直しなんて、あってはならないことなのだろう。

この記事の詳細はこちらから!!

【私の論評】とうとう出た真性偽装転向コミンテルン!!

それにしても、驚きの発言と、行動です。これはもう、加藤氏自身が自分は「偽装転向コミンテルン」であることを自白しているようなものです。それにしても、言っていることは鳩山氏や、村山市とほとんど変わりありません。これほどはっきりした事例が出てくるとは思ってもみませんでした。

南京虐殺記念館にて。鳩山馬鹿夫妻。

これは、私がこのブログで以前から主張してきたように、最早対立軸は保守・革新、右翼・左翼などは全く関係なく、戦後体制から脱却と温存派の対立であるということです。コミンテルン本部も、最早昔のように、いわゆる日本の革新とか、左翼に対してだけ司令を出すというのではなく、そんなものには関係なく、温存派に対して出すように変わってきているのだと思います。

自民党の中にも、加藤氏のような戦後体制温存派がいるということです。今回は、たまたま加藤氏が選挙に落ちたため、たがが外れて思ったとおりのことを言えたというだけの話です。選挙に当選して、今でも自民党の中に入れば、とうてい言えるような筋合いのものではないと思います。

それにしても、痩せても枯れても元自民党の重鎮です。このような非常識な発言はやめてもらいたいものです。


加藤氏、村山市と中国に行くそうですが、またまた、第二の鳩山発言みたいなことを繰り返すのだと思います。本当に困ったものだし、あきれ果ててしまいす。

歴史上、日本が滅ぼされたパターンを観察すると、外部の敵より内部のほうが多く、彼ら敵を10倍ぐらいの力で叩かないと駄目なようです。特に、今年7月の参院選までは経済再生に集中しないと敵の思う壺です。半年間で国民が経済復活を実感できなければ、それ以外の政策も全滅ですから。ここは意図して意識して、安倍政権を応援して、敵を叩きまくる必要があります。


今年7月までにデフレ脱却以外の政策について上の加藤氏のように、声高に語るのはいかがなものかと思います。そういう人は偽装転向して味方のフリをして誤った方向に政策を誘導するスパイなのだと思います。10倍の力で叩き潰しましょう。昨年あたりまでは、このブログで、こういう偽装転向組が、出てくることを予言し、警戒する記事を書いていましたが、この予言は事実になりました。

偽装転向コミンテルンを撃ちまくれ!!

今回の加藤氏の行動は、まさしく予言のとおりとなってしまいました。今後、こういう輩がたくさんでてきます。そうして、中国や韓国は、これらの愚者達を利用できるだけ利用するし、マスコミはその尻馬にのります。そうして、安倍政権への反対の空気を作り出し戦後体制脱却をなんとしてでも、阻止しようとします。

しかし、見方によっては、加藤氏などまだましかもしれません。なぜなら、先にも述べたように、加藤氏の場合あまりにもはっきりしているからです。それよりも、もっと厄介なことがあります。それは、いかにも味方のようにうまく偽装して、安倍総理の近くから、あたかも正しいことを言っているかのように装いその実本心は戦後体制から脱規を阻止するために、妄言を述べる輩です。こういう、輩は、加藤氏のように目立たないだけに、本当に厄介だと思います。しかし、火のないところに煙はたちません。予めたくさん出てくることを予期しておき、一見正論に見えるような、妄言をはいたとしても、まともに信じるようなことはやめましょう。そうして、これら売国奴どもを徹底的に叩きまくりましょう!!

【関連記事】

安倍首相、ぶら下がり拒否の理由を投稿―【私の論評】マスコミの安倍叩きの機会を阻止するためにも良いことだ!!

【印象操作?】NHK、異常に顔色の悪かった安倍総裁[桜H24/12/20]−【私の論評】怒涛8枚の写真で描く、偽装転向コミンテルンの仕業!!

 

 

 

『朝ズバッ!』が痴漢ニュースで安倍晋三氏の映像を流す / 悪質なサブリミナル効果を使った世論操作? 安倍氏「またかとの思い」−【私の論評】安部総裁ネガティブ・キャンペーンは、中国による反日デモと本質は同じ、国民の目を他にそらすためのものである!!



テレビ朝日が自民党・安倍総裁の経済政策を批判するよう経済学者に強要 −【私の論評】幽霊の正体見たり枯れ尾花!! 

2012-12-06 ニコ動・安倍晋三元総理がリフレ派に転向した訳―【私の論評】安倍総裁の主張する財政・金融政策は、強い日本をつくり最終的に「戦後レジームからの脱却」を目指すものだ!!

 

UPDATE1: 「無制限」緩和は額ではない、物価目標2%達成まで緩和継続を=安倍自民総裁―【私の論評】ただ反対すれば、良いというものではない!反リフレ派は、反対するだけではなく、日本経済が良くなるための対案を提供せよ!!


コメントを投稿

半島緊迫ウラで権力闘争 習氏と正恩氏“絶縁”にプーチン氏、米中手玉の“漁夫の利” 河添恵子氏緊急リポート―【私の論評】半島情勢を左右するロシアの動き(゚д゚)!

半島緊迫ウラで権力闘争 習氏と正恩氏“絶縁”にプーチン氏、米中手玉の“漁夫の利” 河添恵子氏緊急リポート 習近平 朝鮮半島危機の裏で、中国とロシア、北朝鮮が狡猾に動いている。中国の習近平国家主席は、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と“絶縁状態”で北朝鮮への影...