2013年1月14日月曜日

たかじんそこまで言って委員会20130113 安倍総理が出演―【私の論評】驚愕の飯島勲参与の発言!!官邸が左翼に占拠されるとはこういうことだ!!

たかじんそこまで言って委員会20130113 安倍総理が出演






この番組、1月13日には、何と安倍総理が出演されたということで掲載しました。しかし、この番組のもっとも驚くべきことは、安倍総理の出演すらも霞んでしまうような、民主党時代の官邸の酷い有様です。本日は、それに関して掲載させていただくことにします。

【私の論評】驚愕の飯島勲参与の発言!!官邸が左翼占拠されるとはこういうことだ!!

たかじんのそこまで言って委員会に出演した安倍総理

上の動画で、安倍総理出演は凄いことだと思います。現役の総理がこの番組に出るのは、はじめてでしょうし、それどころか、この種の番組に現役総理が 出演するということはなかったことだと思います。総理がこの番組に出演することになったのは、まだ総裁にもなられる前に、何度かこの番組にでて、たかじんさんと総理になったら 出演するという約束をしていたという経緯があるようです。あのような経緯があった後で、この番組に出ていた、安倍さん生き生きとしていたのを覚えています。しかし、あの頃、安倍晋三氏が、また総理に返り咲くなどと考えた人は、私も含めて誰もいなかったと思います。

総理出演も驚きの事実なのですが、それよりもこの番組の終わりのほうでの飯島勲参与の発言がかなり衝撃的でした。その部分だけの動画を以下に掲載させていただきます。



詳細は、上の動画をご覧いただくものとして、飯島勲参与の驚愕の発言の概要は、以下のようなものです。
民主党政権は官邸に左翼や前科1犯の者が出入りできるようにしてて、機密情報がいつ漏れてもおかしくない状態になってた。村役場以下の状態でした。官邸に入れるカードが1000名に配られていた。その中の80名は左翼的な人たちで、公安からマークされている人だった。それに、私が調べた範囲では、その中に一人明らかに犯罪者が存在した。 新聞は6紙の中で1紙選んで回し読み、来客があってもお茶が出ないというか、原則自分持だった。重要なポストの人にも、車がなくて、電車や地下鉄で移動するなどのことがあった。名刺も自分持ちの部分があった。
それにしても、酷い有様です。このような状況ですから、官邸がうまく機能しないのは当たり前のことです。 結局、民主党はあまりにおこちゃまだったので、優先順位の付け方が全くわかっていなかったということです。だから、決定すべきことも決定できずに、漂流していたというのが事実だと思います。

民主党政権に乗っ取られていた頃の官邸

官邸がこのような村役場のようになっていたということは、本当に恐るべきことです。このような有様だから、民主党政権下では、結局何もできず、マニフェストにもなかった増税だけを置き土産に、徹底的に跡を濁して去って行ったというのが真相です。

野田佳彦内閣は26日午前の臨時閣議で総辞職し、482日の在任期間を終えた。

このような有様から、民主党は、危機管理がまったくできておらず、"敵(外国やマスコミなど)"の仕掛ける情報工作に振り回されどうしで、漂流していたということが良く理解できます。おそらく、主婦感覚の素朴理論に囚われ、誤った政策を誤っていると全く認識できなかったのだと思います。だから、あのように、アメリカにも中国にも、ロシアにも、韓国や北朝鮮にも、振り回され翻弄され続けたのだと思います。そうして、いわゆる、根拠のない、いわゆる空気に騙され続け、どうにもならなくなったのだと思います。

民主党の危機管理能力の甘さについては、このブログでも何回も指摘していました。ここにその記事のURLを掲載します。

首相が北朝鮮砲撃を報道で知ったと語る、もはや“無政府状態”の危機管理態勢を憂う―【私の論評】国家統治のできない甘露煮頭の民主党には、もう自主的判断で政権を降りていただく以外にない?

これじゃどうしようもありません。政治がどうのこうのというレベルではありません。やはり、菅さんや、仙谷さんのような市民運動家には、政治は荷が重すぎるという事です。民主党の全閣僚すべて、党幹部のすべてがこの調子なのだと思います。
今でも記憶に生々しい、北朝鮮によるヨンピョン島の砲撃

安全保証がどうのこうの、憲法がどうのこうの、日本国解体がどうのこうのなど、論じる足る知性も、教養も、こころづもりも何もないということです。そもそも、日本解体を推進しながら、日本国という国の国政を司るということは無理な注文です。全く、現実を正しく認識できない、なんといっていいのか、甘露煮のような甘さです。彼らの頭の中身は、甘さで煮詰まった、甘露煮頭だということです。甘露煮頭で国政を司ってもらっては困ります。
この記事は、菅さんが総理大臣をしているときのものですが、自分で書いていながらも、何やら納得がいきませんでしたが、官邸が上記のような有様てであれば、このようなことになってしまうのもいたしかたがないということです。

もう二度と、このようなとんでもないことにならないように、間違っても、第二、第三の民主党政権などできあがらぬようにすべきです。民主党政権によって、日本は、かなり打撃をうけましたが、まだ、立ち直るチャンスは十分あります。しかし、時がたち、国民が、民主党政権の有様を忘れてしまえば、また、同じことが繰り返されるかもしれません。 そうなれば、本当に日本は解体されてしまい、かねません。そんなことには、絶対ならないように、日本人は、民主党政権の愚かさを語り継いでいくべきものと思います。歴史の中に組込、正しく後世の人びとに伝えていくべきです。そう思うのは、私だけでしようか?

【関連記事】

前原氏「慎重だった日銀に何が…」 2%目標検討に皮肉―【私の論評】でてきたでてきた、自民党公約違反をしろと勧める民主党の有害無比な主張!!そんなことより、今は反省が必要なのでは? 

事業仕分け:JICA大幅縮減 4法人8事業「廃止」判定―劇場型政治の小粒なSMショー第二段始まる!!

外相「天皇お言葉」発言、政治利用との批判も-稀代の大失言は全くナンセンスで余計なおせっかい!!

【日本の議論】日の丸裁断による民主党旗問題 国旗の侮辱行為への罰則は是か非か-国旗への侮辱行為は当然罰則でしょう!!

【日本解体3法案】 ステルス作戦で準備着々-民主党、連合と傘下の自治労、日教組は、これらについてシミレーションをしていない!!


コメントを投稿

半島緊迫ウラで権力闘争 習氏と正恩氏“絶縁”にプーチン氏、米中手玉の“漁夫の利” 河添恵子氏緊急リポート―【私の論評】半島情勢を左右するロシアの動き(゚д゚)!

半島緊迫ウラで権力闘争 習氏と正恩氏“絶縁”にプーチン氏、米中手玉の“漁夫の利” 河添恵子氏緊急リポート 習近平 朝鮮半島危機の裏で、中国とロシア、北朝鮮が狡猾に動いている。中国の習近平国家主席は、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と“絶縁状態”で北朝鮮への影...