2009年5月16日土曜日

新型インフル、国内初の発生確認 神戸の高校生、陽性-いよいよ国内発生早期に突入!!

新型インフル、国内初の発生確認 神戸の高校生、陽性(この内容すでにご存知の方は、この項は読み飛ばしてください)
2009年5月16日13時10分(Asahi.com)

新型インフルエンザ初の国内感染したという高校生が通っている県立神戸高校

 厚生労働省は16日、国立感染症研究所での詳しい検査で、神戸市内の県立高校3年生の男子が新型の豚インフルエンザに感染していることを確認した、と発 表した。検疫を除く国内で初めての発生。同じ高校に通う2人の高校生も、神戸市環境保健研究所の検査で、陽性反応が出ている。政府は同日午後、対策本部の 幹事会を開き、国内対策をこれまでの「第1段階(海外発生期)」から「第2段階(国内発生早期)」に切り替える予定。

 厚労省によると、3人とも渡航歴はなく、国内で、人から人への感染が広がっている可能性がある。この高校ではほかにも17人が体調不良を訴えており、感染の広がりを調べる疫学調査は5月10日にさかのぼって実施する。

 朝日新聞の取材では、県立神戸高校の生徒らだという。

 政府の方針は今後、水際での食い止め重視から、地域での感染拡大防止を主眼にした段階に移る。

 舛添厚労相は16日午後、記者会見し、「国民の皆さんは正しい情報にもとづき、どうか冷静に対応頂くようお願いします」と呼びかけた。

 舛添厚労相は会見で「患者と濃厚接触した方には外出自粛の要請を行うことになる」と話した。今後については、「まずは正確な情勢把握を急ぎたい」とする一方、国内対策について「感染の状況に応じて、臨機応変に適切にやっていきたい」と述べた。

 神戸市は16日午前7時、矢田立郎市長を本部長とする「新型インフルエンザ対策本部」を開催。3人が通う神戸高校がある同市灘区と、東灘区や中央区の全市立小中高校と幼稚園の計75校園を22日まで7日間、休校・休園にすることを決めた。

いよいよ国内発生早期に突入!!

新型インフルエンザもいよいよ、海外や海外渡航者の感染という段階から、国内感染の段階になってきました。いよいよ間近に迫ってきたという感じてす。

この男子生徒らの1週間の行動があるサイトに掲載されていたので、そのまま掲載します。

◇男子生徒らの行動

8日 神戸市内の県立高校3年の男子生徒Aが所属するバレーボール部でインフルエンザがはやり、1人が休む

9日 同部で2人が休む

11日 生徒Aが悪寒を訴える

12日 登校後に37.4度の発熱。簡易検査でA型インフルエンザと判明し、学校を休んで治療開始。主治医が保健所に連絡

15日 同校2年の生徒Bが37.4度の発熱。学校を早退しA型と判明。夕方39.7度の発熱、治療開始。生徒Aはせきがあるがほぼ回復。神戸市環境保健研究所の検査で新型の結果。午後11時ごろに厚生労働省に連絡

16日 未明に生徒3人が入院。生徒Bも同研究所の検査で新型感染の結果。検体を国立感染症研究所に運び最終確認の検査

とにかく、この高校生らは渡航暦もないことから、学校側も、行政側も感染経路がつかめていません。感染経路がはっきりしていれば防ぎようもありますが、そうではないので、今後感染が拡大していく可能性は大きいです。

この影響を受けて神戸まつりも中止される。 17日の神戸まつりパレードに出場する予定だった「神戸サンバチーム」のパーカッションリーダー、西内俊介さん(34)=神戸市灘区=は、「神戸サンバ チームが結成40周年を迎え、メンバーも一生懸命練習していた。中止を伝えると落ち込んでいた」と話している。同チームの浅倉夕紀子さん(26)=同市須 磨区=は「神戸まつりは、1年で最も楽しみにしている日。15日に新しい衣装をメンバーに配り、今年もがんばろうと声をかけあった。状況を考えれば仕方な いが、中止ではなく延期なども考えてほしい」と話していた。

昨年の神戸サンバチームの活躍の様子

これから、この余波だんだん他の地方にも伝わっていく可能性があります。そうなると、経済にも悪い影響を与えるのではないかと心配です。最近は、パンデミックの影響でしょうか、また、円高ドル安に傾いたりしています。これは、やはり、危機的状況にいたったときを考えると円が安心だという心理の裏返しだと思います。日本の経済まだまだ不十分ながら最近上向きの傾向もみせており、前四半期の伸びがマイナス2パーセント台だった、EUや、アメリカなどよりも少し良いくらいになっていますが、これが腰砕けになることが危惧されます。

パンデミックの影響など跳ね除けて、経済活動がどんどん伸びてくれないと困ります。パンデミックの影響で、また、昨年度末のように「巣篭もり」消費がまた増えるかもしれません。

そうなると、ネット販売や宅配などが伸びるのでしょうか?宅配ピザは、流行るかもしれませんね。2年前の夏は、暑くて家で料理をしたくないという主婦の要望から、どこのピザ宅配も8月には対前年比で10%の伸びを記録しました。昨年度末も、ケーキ屋さんやピザ宅配などがかなり伸張しました。

それに、メキシコでは、鮭の缶詰がかなり売れたそうです。冷凍食品や、缶詰、瓶詰めその他日持ちする保存食品などは伸びそうな気がします。保存食品でありながらも、珍しいもの、美味しいものなどいけそうな気がします。

いずれにしても、商売というものは、新型インフルエンザが蔓延したとしても、人々の生活がある限り継続し続けなければならないものです。人々のニーズを満たし続ける商売でパンデミックなど吹き飛ばして、体も元気で景気も明るくありたいものです。

【関連記事】

部屋に缶詰「パソコンほしい」 ホテルでの「停留生活」―このような場合への備えは万全か?

新型インフルエンザ発生 WHO、警戒水準4へ引き上げ-これがパンデミック対策だ!!

豚インフルエンザ 国際的に懸念される事態-このようなときこそ、リスク管理能力が問われる?!

中国当局が鳥インフルエンザ感染情報を隠蔽、市場に流出する感染鶏-現在の世界最大の危機は、中国に潜んでいるかもしれない!!



ADs by yutakarlsn

ピザテンフォー昨年の10月4日に生誕20年!!

ピザテンフォー昨年の10月4日をもちまして、創業20周年を迎えることができました。これも皆様のおかげです。

ピザテンフォー今月の企画は、

テンフォークイズ・スクラッチキャンペーンです。



以下のバナーをクリックしていただくと、楽天デリバリーに飛びます!




ピザテンフォー一昨年の楽天デリバリーの「ファミリーへのおすすめ」部門で、堂々の2位となりました。ますます、便利になったテンフォーを是非ご利用ください。

YUTAKARLSON、USA 市長からのお願い

ランキングは、ありきたりのは面白くないので、私の街に是非投票してください。この私の街は、サイバー上のアメリカ国内に設置してあります。街の名前は、YUTAKARLSONと いいます。この街は、皆さんからのアクセスがあれば、アクセス数が街の住民数となり発展していきます。職場整備、交通の整備などはひと段落していますので、今度は人口を増やす必要があります。せびポチッと一つお願いいたします。

⇒⇒YUTAKARLSONの住民募集!!←←


2 件のコメント:

はまかぜ さんのコメント...

こんばんは。今日は私のブログに、コメントありがとうございました。それにしても、インフルエンザの感染、拡大が恐ろしいですね。感染力が強いこともあって、やはり広がるのが早いですね。

そして私の住んでいる地域でも、すぐそばの同じ市内で感染者がでてしまいました。その記事も書いていますので、よかったら見てください。

ではでは、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

山田 豊 さんのコメント...

はまかぜ様 コメント有り難うございます。
今回のインフルエンザは、感染力は強いようではありますが、弱毒性のようで、感染しても重篤になる人は少ないです。
気をつけるには、やぶさかではないですが、あまり神経過敏になる必要もないような気がします。
あまり過敏に反応しすぎて、都市機能が麻痺したり、経済が停滞してしまう事のほうが恐ろしいです。
記事に関しては、さっそく拝見させていただきます。これからもお気軽にお立ち寄りください。

バイデンが持つウクライナ〝泥沼化〟戦略―【私の論評】ウクライナで失敗すれば、それは米国の失敗ではなく「中露・イラン枢軸国」の「米国連合」への勝利となる(゚д゚)!

バイデンが持つウクライナ〝泥沼化〟戦略  ワシントン・ポスト紙コラムニストのデビッド・イグネイシャスが、1月6日付け同紙に、バイデン政権はウクライナをロシア軍に攻め込まれてもこれに頑強に抵抗するハリネズミのような国にすることを検討しているとの論説(‘Biden wants to ...