2009年5月25日月曜日

北朝鮮核実験成功裏に実施―結局は根本的な解決は武力介入しかない?

北朝鮮核実験成功裏に実施

 北朝鮮は25日、地下核実験を成功裏に実施したと発表した。核爆発力とコントロールを新たな段階まで強めたという。2006年10月に続く2回目の核実験により、北朝鮮の国際的な孤立は一層深まることになる。

 今回の核実験後に考えられるシナリオがロイターニュースに掲載されていました。それをそのまま、以下に掲載し、その下に私なりの考えをまとめてみました。

■1■核実験は北朝鮮にとって最大の挑発行為の1つであり、国際社会に対する威嚇(いかく)はこれでいったん落ち着く可能性がある。そうなれば、今回の核実験が地域の金融市場に与える影響も短期的なもので済む可能性がある。

25日の東京外国為替市場は東アジアの国際的緊張が高まるとの思惑から円相場が反落しました。ただ、日経平均株価は終値で反発し、市場全体への影響は限定的との見方が大勢です。おそらく、他の市場でも同じことでほとんど影響はないでしょう。

■2■2006年10月の前回核実験よりも性能面などで優れた核兵器を製造したことが今回の実験データで示されれば、近隣諸国への軍事的脅威は高まることになる。

北朝鮮の核実験について、専門家からは観測された地震波が前回(06年10月)の数倍~十数倍と大きいため、実験は成功したとの見方が出ている。したがって、程度に関しては今の段階ではなんともいえないが、日本を含めた近隣諸国への軍事的脅威は高まった。

■3■北朝鮮と同国最大の支援国である中国との関係は悪化するとみられる。国連安保理常任理事国である中国は、安保理による対北制裁強化に拒否権を発動しないと考えられ、北朝鮮への国際的な制裁は一段と強化されるとみられる。

北朝鮮が前回06年10月に核実験を初めて実施した際、体面をつぶされた形の中国は「横暴」という強い表現を使って北朝鮮を非難していました。今回は「断固反対」を表明し、6カ国協議の軌道に戻るよう要求している。われわれ日本人は、中国と北朝鮮とは、両方とも共産主義を標榜する互いに友好国同士であるとみなしがちであるが、実はそんなことはない。北朝鮮は、王朝国家であり、共産主義とは縁もゆかりもない。全く異質な国家である。これは、ロシアにとっても同じことです。北朝鮮は、中国にとっても、ロシアにとっても隣国であり、核実験、ミサイルも両国にとって脅威です。安保理では、両国とも北朝鮮に対する制裁強化に対して、今後拒否権を発動しないでしょう。

■4■国連安保理による既存の対北制裁決議は、北朝鮮による今年4月のロケット発射を受けて実施が強化されており、北朝鮮側は今回の核実験による経済的制裁強化はすでに織り込み済みである可能性がある。

全くその通りだと思う。ただし、日本やアメリカなどは、制裁措置として、北朝鮮側が全く思いもかけなかったような制裁を課していくことが重要であると考えます。日本、アメリカが共同で「テロ支援国家」の再指定を行うなどの措置が有効だと思います。

■5■北朝鮮は寧辺(ニョンビョン)の核関連施設を全面的に再稼動させる可能性が高い。同施設では年間に核爆弾1個分の核分裂性物質を製造することができるが、専門家によると、全施設の本格的な再稼動には約1年かかる。

今回核実験に持ちいた核燃料はすでに過去に製造をしたものを備蓄してあり、それを使ったものと考えられます。これは、■6■にもかかわってくることですが、各関連施設わ全面的に再稼動させなければ、今後核爆弾を製造できないため、そうなると新たな外交カードも切りにくくなるため、確実に実施することでしょう。

■6■北朝鮮は核爆弾6─8個を製造するのに十分なプルトニウムを持っていると考えられているが、今回の核実験により、同国に備蓄されている核分裂性物質は大きく減少したとみられる。

■5■で述べたとおり。

■7■北朝鮮はオバマ米政権に核兵器保有国として認めさせ、米朝間の直接交渉に引き込もうとするとみられる。

オバマ米大統領は25日、北朝鮮の核実験について声明を発表、「国連安保理への露骨な反抗で、無謀にも国際社会に正面から挑戦している」と批判しました。北朝鮮による今回の核実験は、「核のない世界」を提唱して世界の核軍縮、核不拡散の流れを主導しようとしていた米オバマ政権にも冷や水を浴びせかけるものです。やはり核開発を問題視されるイランのような国に拡散の流れを波及させないためにも、北朝鮮への対応で国際社会の足並みをそろえられるかどうかがカギと なります。

結局は根本的な解決は武力介入しかない?

アメリカはいままで、いろいろと北朝鮮問題に関して手を打ってきましたが、結局はことごとく失敗だったということです。この問題は、北朝鮮を国家として認めていることからいろいろ問題が起こってくるのだと思います。

いくら、国家としての体裁を整えていたにしても、やはり、北朝鮮は「ならず者国家」であり、アフガニスタンに存在するタリバン派と同じように国家というより、テロリスト集団とみなすべきです。

もう、これ以上何をやったとしても、6カ国協議には戻らないと思います。現在のところ、イランなどと比較しても、低水準にあるミサイル技術や、核技術ではありますが、いずれ核弾頭なども開発するかもしれません。

テロリスト集団に核兵器を持たせるわけにはいきません。これには、もうおそらく、武力介入しかないと思われます。もう、北朝鮮は国家ではないとみなし、近隣諸国とも連携をとって、国連軍として武力介入すべきと思います。これは、テロリスト集団に対する武力介入ですから、戦争ではありません。戦争とは、国家対国家が行うものです。武力介入後は、国連の信託統治領として、統治するようにして、テロリスト集団を排除して、朝鮮人民の国として整備し、朝鮮人民による自治を認め、いずれ、独立させる方向に持っていくべきです。

国連軍には、近隣諸国が全部が参加することとし、共同作戦をとるものとします。国連軍の指揮官は、国連安保理などで公正な手続きで選ぶべきだと思います。

以上のようなことを書くと、夢物語や妄想のように思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、過去において、独裁者に対して譲歩したり、宥和政策をとって失敗した事例は多いです。

イギリスもヒトラーに対して宥和政策をとって失敗しました。当時のイギリス国民は、宥和政策をとった当時のチェンバレン首相を英雄として、称え、宥和政策を現実的な政策ととらえました。しかし、実際には、この宥和政策こそ、ヒトラーをつけあがらせ、ヨーロッパの全土が戦場となり悲惨な結果を招いてしまいました。独裁者に対する宥和政策など、一時効果があるだけで、それでかたがつくと考えることは、それこそ、妄想です。

国内政治では、平和ボケで認識の甘い若手2世議員が目立ち、政治の意味が全くわかっていない連中が多いようですが、政治とは早い話権力闘争の繰り返しです。さすがに、現代では武器を用いたりはしませんが、その本質は古から変わらず、権力闘争に勝ち抜いたものがその国を治めることには変わりはありません。

国際政治も同じことです。国家間の権力闘争ということになります。いつまでも、北朝鮮のような国をの傍若無人なやり方を許しておけば、他の国もつけあがり、ますます国際政治は混乱します。この問題は、避けて通れません。いずれ、解決しなければならない重要な課題です。いつまでも、権力闘争を続けるわけにはいきません。どこかで均衡点を見つけ出す必要があります。

早く、世界がこの現実に目覚めて欲しいと思います。

【関連記事】

北朝鮮最高人民会議 奇策路線に未来はない―ますます孤立する北!?

【主張】ミサイル決議 この内容なら評価したい―計り知れない世界へのインパクト!?

北朝鮮ミサイルで迎撃準備 政府、厳戒態勢―世界的に大インパクトのミサイル迎撃宣言!!

北ミサイル 進まぬ国民保護、警報整備11%止まり―こういう仕事こそNPOに任せるべき?

忍び寄る“和製核兵器”の脅威…企業の甘い認識が核の闇市場を繁盛させる?-日本の技術流出は何をもたらすか?

【韓国 中央日報 社説】国家情報院「大韓航空機爆破ねつ造説」に介入したか-陰謀は実在したのか?

北朝鮮が韓国の民間機テロ脅迫、その理由とは―さほどの脅威ではない?

北朝鮮を締め上げる12の方法とは?

【竹島問題】 「日本が国際裁判で負けて悔しがる」寸劇も…竹島教育で「日本が根拠もなく日本領だと言うのが理解不能」と韓国の子供ら―地図は語る:中国の国家戦略では朝鮮半島は中国の領土、自治区にもなれない?(地図に見る、各国のとんでも国家戦略!!)


ADs by yutakarlsn

ピザテンフォー昨年の10月4日に生誕20年!!

ピザテンフォー昨年の10月4日をもちまして、創業20周年を迎えることができました。これも皆様のおかげです。

ピザテンフォー今月の企画は、

テンフォークイズ・スクラッチキャンペーンです。



以下のバナーをクリックしていただくと、楽天デリバリーに飛びます!




ピザテンフォー一昨年の楽天デリバリーの「ファミリーへのおすすめ」部門で、堂々の2位となりました。ますます、便利になったテンフォーを是非ご利用ください。

YUTAKARLSON、USA 市長からのお願い

ランキングは、ありきたりのは面白くないので、私の街に是非投票してください。この私の街は、サイバー上のアメリカ国内に設置してあります。街の名前は、YUTAKARLSONと いいます。この街は、皆さんからのアクセスがあれば、アクセス数が街の住民数となり発展していきます。職場整備、交通の整備などはひと段落していますので、今度は人口を増やす必要があります。せびポチッと一つお願いいたします。

⇒⇒YUTAKARLSONの住民募集!!←←

コメントを投稿

富岡八幡宮事件に見る、組織に「怨念」を抱く者の恐ろしさ―【私の論評】組織の精神を健全に保たなければ怨霊が輩出することになる(゚д゚)!

富岡八幡宮事件に見る、組織に「怨念」を抱く者の恐ろしさ 富岡八幡宮の殺人事件で、容疑者による、関係者やマスコミに宛てた長文の遺書が話題となっている。「怨霊」「祟り」など、真に受け難い文言が書かれているが、事件の舞台が神社である以上、これを「頭のおかしな容疑者の独り言」として...