2009年5月8日金曜日

【主張】温室ガス中期目標 実現可能な数値にしたい―地球温暖化二酸化炭素説がいつまでも主要な学説であり続けることはあり得ない!!

【主張】温室ガス中期目標 実現可能な数値にしたい(この内容すでにご存知の方は、この項は読み飛ばしてください)2009.5.8 03:42(産経ニュース)

ヨーロッパの黄昏時は、美しいが、国の経済や環境問題における黄昏(衰退)は
避けたいものだし、同じ衰退するにも円熟味を増した美しい姿でありたいものだ。

 二酸化炭素に代表される温暖化ガスの排出を日本は2020年までにどれだけ減らすのか。

 この「中期目標」の決定作業が国民の意見を募りながら進められている。今後10年間の日本の経済活動を左右し、国民の日常生活とも深くかかわる事柄だ。一人一人がしっかり考えなければならないテーマである。

 現在の世界の地球温暖化防止への取り組みは、2012年まで有効な京都議定書に基づいて行われている。今年12月にはデンマークでの締約国会議で、ポスト京都の国際枠組みが決まる。

 中期目標は、次期枠組みについての事前交渉の場で重要な意味を持つとともに、2050年という今世紀半ばの「長期目標」を確実なものにするための道標という性格も備えている。

 日本の中期目標策定にあたっては、専門家による政府の委員会で経済モデルなどを踏まえた討議が重ねられてきた。そうして6つの選択肢が示された。

 2005年の排出量を基準として比較すると、温室効果ガス「4%減」から「30%減」までの6ケースだ。日本としては、この選択肢の中で、最もゆるやかな4%減を中期目標とすべきだろう。現在行われている削減努力を継続するのが、この選択肢だ。

 欧州連合(EU)と比べて削減率が低いという意見もあろう。温暖化防止が急務であることに異論はない。そのためには二酸化炭素の排出削減が必要だが、肝要なのはその進め方である。

 地球温暖化が問題になる前から省エネに取り組んできた日本は、もともと排出量が少ない。世界全体の4%にすぎないのだ。生活の不便に耐え、景気を悪化させて25%削減を達成しても、世界全体ではわずか1%が減るだけだ。

 それよりも技術協力で世界に貢献すべきである。化石燃料を使う途上国の火力発電所の効率を、日本のメンテナンス技術で向上させれば、地球規模での大幅改善につながる。

 日本政府は、交渉の場で4%減の中期目標を示し、堂々と論拠と理想を述べればよい。それでこそ地球温暖化防止への取り組みで世界のリーダーシップが取れるというものだ。削減余地の大きな米国や中国などとは事情が異なる。

 削減率の安易な受け入れで、大きな負担を抱え込んだ京都議定書の二の舞いは避けたい。

地球温暖化二酸化炭素説がいつまでも主要な学説であり続けることはあり得ない

このブログでも、地球温暖化二酸化炭素説については、過去において何度もとりあげ、その間違いについて主張してきました。そうです。地球温暖化二酸化炭素説は、虚偽です。はっきりしています。このことについて、いまさらなぜそうなのかなど、ここには書きません。知りたい人がいれば、このブログの過去の記事をご覧になってください。

地球温暖化二酸化炭素説の間違いについて、私の中では完全に確信を持っていますので、二酸化炭素説が正しいとするような説をコメントに書き込まれても、私としては議論の余地は全くないと考えていますので、消去させていただきますことをここに最初に宣言しておきます。

二酸化炭素説は、誤りであるだけではなく、地球環境問題を考える上で非常に混乱をもたらします。その最たるものは、低炭素社会の実現(石油などの化石燃料(炭素:C)は有限のものであり、できるだけ無駄にせずに大事にすべきこと)と、地球温暖化二酸化炭素説(地球上のCO2の濃度が高まると、気温があがる、このまま放出し続けると地球全体が温暖化して大変な災厄をもたらす)こととは、一見似ているように見えるが全く異なることです。

このあたりが全く区別されず、同じこととして語られていることが多いです。私は、この両者は全く違い、はっきり区分しています。だから、私は地球温暖化二酸化炭素説には、反対であり、全くの虚偽だとおもっています。しかし、低炭素社会の実現に関しては、推進すべきものと思っています。

日本はすでに、随分前から二酸化炭素の排出量というより、省エネ(なるべく炭素を使わないこと)については、髄分前から取り組んできており現状では世界一省エネ技術が進んでいます。これ以上の削減は、非常に無理があり、これをさらに削減しなければならないような目標設定はすべきではありません。日本は、国民一人あたりの二酸化炭素の排出量においては、製造業が多いという産業構造などを勘案すると、すでに10年以上前から、世界で一番の省エネを実現しています。

あくまでも、地球温暖化二酸化炭素説にのっとって、大幅削減を目標にする必要はありません。あくまでも、省エネをすることを目標として4%を削減目標として、他先進国に日本と同等の省エネをすべきことを主張すべきです。

このブログでも、述べたように昨年より太陽の黒点活動が停滞しており、これが原因でこれから地球寒冷化に向かう可能性も大です。それに、現在学者の中でも、二酸化炭素説は誤りだとする人々が大勢を占めていますし、これからも増え続けていくと考えられます。いずれ、地球温暖化二酸化炭素説は看板を下ろさなければならない時代がやってきます。

以上のことを勘案し、日本は、地球温暖化二酸化炭素説は無視し、あくまで省エネ技術をさらに充実させる道をとるべきです。そうして、化石燃料を長持ちさせながら、そもそも、エネルギーそのものをあまり用いない、あるいは用いたとしても他の代替燃料を用いて、持続可能な低炭素社会を築いていくのです。これこそが、日本のとるべき新たな社会変革であり、これが成功すれば、アメリカのグリーン・ニーディー政策などは、足元にも及ばない人類の大偉業となります。

地球温暖化二酸化炭素説を信奉し、巨大二酸化炭素貯留施設を設置したり、巨大太陽光発電所や巨大風力発電所をいくつもつくったり、その他怪しげな似非科学によるおかしげなものに大量に投資したりするような愚かな真似はやめるべきです。さらに、サブプライム・ローンよりはるかに低劣なデリバティブ商品などに手を出したり証券化して取引するような馬鹿真似はすべきでありません。このようなことは、富をもたらすことはありません、もたらすのは負の遺産だけです。

上記で書いたようなことを強力に推進するEU諸国はもうすでに黄昏時に突入しています。もし、オバマ大統領が省エネではなく、地球温暖化二酸化炭素説を信奉し、EUのようなことを強力に推進した場合、将来多大な負の遺産を遺すことになります。いずれ、金融危機のようなことが二酸化炭素説を背景に起こるかもしれません。さらには、誤った地球温暖化二酸化炭素説に基づいて形成された、巨大環境産業に従事する多くの労働者の大量解雇がはじまるかもしれません。そうなれば、経済も環境問題でも、重大な遅延と停滞をもたらし、そのときには、パクス・アメリカーナと機軸通貨であるドルの時代は終焉を迎えることでしょう。

日本のとるべき道は決まっています。私たちは、そこに向かってわき目もふらず努力していくべきです。そうして、それが日本が生き残る道どころか、日本が大躍進する道につながります。

【関連記事】

太陽表面の黒点が異常に少なくなっている―これから地球寒冷化に向かう可能性がある!!

オバマ次期大統領 「日本を追い越せ」 代替エネルギー倍増で世界をリードする姿勢-黄昏EUの二の舞にならないように・・・・?!

温暖化:主犯は人間活動か自然変動か 専門家が学会誌討論-温暖化に関しては、温暖化災厄説のほうが問題がある

地球温暖化詐欺(3)-呪縛から解き放つ!!

温暖化防止会議、「化石賞」は開催国ポーランドに-日本にとって無礼千万、日本を愚弄する最低の詐欺集団会議、日本は参加すべきでない!!

温暖化ガス中期目標、09春にも複数案提示 政府検討会が初会合-京都議定書で請け負っている日本の目標は理不尽!!

JAXA:温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」公開-地球温暖化詐欺に対しては、金融危機に次ぐ朗報か?

海面が最高59センチまで上昇、「地球温暖化」の深刻な加速を国連の調査機関が正式に警告 - フランス-金融危機で危機を感じた地球温暖化詐欺グループのメッセージか?!

政府がCO2貯留コストを大幅削減へ 低炭素社会へ行動計画-黄昏EUの二の舞を踏まないため福田首相の手腕に期待しよう!!

ADs by yutakarlsn

ピザテンフォー昨年の10月4日に生誕20年!!

ピザテンフォー昨年の10月4日をもちまして、創業20周年を迎えることができました。これも皆様のおかげです。

ピザテンフォー今月の企画は、テンフォークイズ・スクラッチキャンペーンです。



以下のバナーをクリックしていただくと、楽天デリバリーに飛びます!




ピザテンフォー一昨年の楽天デリバリーの「ファミリーへのおすすめ」部門で、堂々の2位となりました。ますます、便利になったテンフォーを是非ご利用ください。

YUTAKARLSON、USA 市長からのお願い

ランキングは、ありきたりのは面白くないので、私の街に是非投票してください。この私の街は、サイバー上のアメリカ国内に設置してあります。街の名前は、YUTAKARLSONと いいます。この街は、皆さんからのアクセスがあれば、アクセス数が街の住民数となり発展していきます。職場整備、交通の整備などはひと段落していますので、今度は人口を増やす必要があります。せびポチッと一つお願いいたします。

⇒⇒YUTAKARLSONの住民募集!!←←

4 件のコメント:

ohide さんのコメント...

 yutakarlsonさん、まずはコメントありがとうございます。ブログも拝見させていただきました。
 ご卓見、誠に恐れ入ります。と同時に自分の浅学さに恥じ入る思いでございますm(__)m

 ただ、私のブログ内の記事にて皆様にお伝えしたかったのは、温暖化、寒冷化云々よりもむしろ「わかちあいの精神の重要性」といったことでありました。私の文才なきゆえに「地球温暖化への警鐘」と捉えられてしまい、申し訳なく思います。

 甚だ僭越ではありますが、yutakarlsonさんと、「限りある資源をわかちあいながら、その枯渇後に向けての対策を講じる」という意味合いで、今後の対応策については同じ意見ではないのかなぁと感じます。

 今後とも、よろしくお願い致します。

              ohide 拝 

yutakarlson さんのコメント...

ohide様、表面上では異なるように見えても、本質的には同じだと思います。地球温暖化などというあやふやな説に踊らされることなく、限りある資源を分かち合いながら、末永く用いるようにし、いずれ新たなエネルギーなどを模索するなどして、それも持続可能な新しい社会をつくっていくことが重要なのだと思います。
こうしたことを実現するために、世界ののトップランナーは日本であるというのが私の意見です。
こりからも、お気軽にお立ち寄りください。

ヤマモト さんのコメント...

運営するブログにコメントをもらった者です。

温暖化懐疑説うんぬんに関しては、どこか他のところへ持って行っていただきたいものです。僕はその手のプロではありませんので...。

現在世界が議論しているのは、「(これまでの知見を踏まえて)21世紀にどう進むか」です。"日本は十分環境配慮社会"、"おのずからこれまで貢献してきた"、そして温暖化懐疑・対策不要説――、これらは20世紀のことではありませんか。

僕らは学生の視点から、環境について日本の発展・国際社会での活躍の展望につながる未来志向の話題を提供しています。詳細は、ぜひこちらのブログをご覧になってください。

3Ecafeプロジェクトチーム =2030年、CO2-50%のエコシティに向けて!=
http://t3ecafe.tsukuba.ch/

yutakarlson さんのコメント...

ヤマモト様 コメント有難うございます。遺憾ながら、私自身は、地球温暖化二酸化炭素説ならびに、地球温暖化説に関しては、全く信用していません。これは、いずれ歴史が決着をつけてくれると思います。それが、3年後か、5年後か、10年後以降になるかはわかりませんが・・・・・。
しかし、本当の意味での低炭素社会の実現に関しては、反対するものではなく、大いに推進すべきものと思っています。
そういった意味では、共感できることも多々あるのではないかと思います。
これに懲りずにたまには、またご訪問ください。私も、訪問させていただきます。よろしく、お願いします。

大陸客の個人旅行禁止から2週間強、それでもあわてぬ台湾―【私の論評】反日の韓国より、台湾に行く日本人が増えている(゚д゚)!

大陸客の個人旅行禁止から2週間強、それでもあわてぬ台湾 蔡英文台湾総統 中国政府が8月1日に中国大陸から台湾への個人旅行を停止してから半月あまりが経過した。台湾メディアによれば、足元では、中国個人客が1日単位で貸し切ることの多い観光タクシーの利用に落ち込みが目立っ...