2010年11月16日火曜日

もしや謎の新発表はこれか? iPadをApple TVに変えてしまう「Lowtide」に超期待...―アップルTVは既存のテレビを消滅させる??

もしや謎の新発表はこれか? iPadをApple TVに変えてしまう「Lowtide」に超期待...

iPadの大進化が噂されてます...

いよいよの提供が予想される「iOS 4.2」では、iPadがググンと生まれ変わる可能性大ですけど、どうやら思わぬ伏兵も登場してくるかもしれませんよ。まるでiPadがスクリーン付きのApple TVになっちゃう感じでしょうかね。

そもそもApple TVにはiOSが搭載されていて、そこには「Lowtide」なる新機能の存在が判明してましたけど、どうやらApple TV上で独自のメニューインターフェースなどを提供しているLowtideが、iOSのアップデート提供と同時にiPadにもやって来そうなんです。ちなみにLowtideは、Apple RemoteをMacで使う時に表示されていた「Front Row」ベースのインターフェースみたいですね。普段はiPadでは見えないんだけど、いざ動画関連のアプリを立ち上げた瞬間に、Lowtideがオンになって、Apple TVの全機能をiPad上でも利用可能になってしまうんだとか。

Lowtide対応のApple TVからiPadへコンテンツをストリーミングして、同じくLowtide対応にアップグレードしたiPhoneでもモバイルシーンで続きが見られる...みたいな、「AirPlay」機能を進化させた利用シーンの実現なんかが期待されちゃってますよ。なにはともあれ、これは今晩のアップルの特別発表が非常に気になりますね~

【私の予測】テレビをプラットフォームにせよ!!アップルTVは既存のテレビを消滅させる?
アップルから、いよいよ謎の発表が明日行われます。いろいろな、噂がとびかっています。ビートルズの曲がiTuneで配信されることの発表だというまことしやかな噂もありましたが、これについてはすでに発表されたのではずれです。


さて、いろいろ考えて以下のことを考えたのですが、これを書いているうちに、結局前に言われていたことを思い出しました。そうです。いわゆる定額制です。iTuneは、現在は、曲を購入するというかたちだけですが、以前日本でもナップスターが提供していたようなサービスを提供するのだと思います。

実は、私は、ナップスターを利用していましたが、ことしの5月でそのサービスは停止しました。全く残念でした。要するに3000円くらいで、オン・ディマンドできき放題になるというサービスと、5000円くらいで、ダウンロードし放題になるというものです。ただし、ダウンロードしても、パソコンかナップスター対応の、携帯電話や、ミュージックプレイヤーでないと聞けませんでした。アップルでも、パソコン、iPod,iPhone,iPadで似たようなサービスを実施するのだと思います。

結局そうだと思います。

実は、その前に、以下の予測をたてていたのですが、書いているうちに上のナップスターのことをおもいだしましたし、以前どこかでいずれiTuneがこれをやるということが書かれていたのを思い出しました。絶対にこれだと思います。

しかし、以下の予測もアップルの戦略にからむので、せっかく書いたので残しておきます。

----------------------------------------------------------------------


第一、ビートルズの曲の配信など、単なるコンテンツの一つであって、さほど重要でもないし、新機軸でもないです。私は、上のニュースが明日の発表の真打ではないかと考えています。



いずれにせよ、PM12時前に書かないと、予測の意味がなくなるので、取り急ぎ書きました。



なぜなら、上のニュースや、最近発表されて、私も購入した(まだ届いていません)AppleTVなどは、実はとてつもない新たなビジネス・モデルに化ける可能性が高く、それこそ、大きな社会変革になる可能性が大だからです。アップルに限らず、現在成功している特に、IT関連企業では、いわゆるビジネス・プラットフォームを築いています。

大前研一氏は、ブレークスルー大学院のブログの中で、ビジネス・プラットフォームに関して以下のように述べています。

アップルやグーグルの戦略は自社としてはプラットフォームだけを提供し、その上で動作するアプリケーションを開放して、どんどん外部の力を借りて作ってもらう点にある。
私は拙著「新・資本論」の中で「21世紀の富はプラットフォームから生まれる」と述べたことがあるが、アップルが発売した話題のiPadを取り巻くビジネス環境を知る上でも、この考え方は非常に重要だと改めて感じている。
プラットフォームビジネスにおいては、トラフィック(アクセス数)が最も重要な要素であり、そこに集まる人が増えることで商流や情報流が発生して富が生まれる。
プラットフォームビジネスという概念は今後ますます重要になってくると思う。
http://blog.goo.ne.jp/ohmaelive/e/c283ad984d4c358bd192f0c485cfa846 

現在のテレビのシステムも旧来のアナログも、地デジを含めて、ビジネス・プラットフォームであることにはかわりがありません。しかし、いまとなっては、不十分なプラットフォームです。そうして、テレビを放映するためには、インターネットによる配信に比較すれば、多くの人と、資金を要します。それに、特に日本では電波法などの厳しい規制があります。他国でも、日本よりは厳しくはないですが、それでも、一定の規制があります。

アップルは、こうした既存のテレビではなく、インターネットを介した全く新しい、テレビのビジネスモデルを構築しようとしているのだと思います。だからこそ、敢えて、iPhoneや、iPadに普通のテレビを見られる機能を自らは付加しなかったのだと思います。既存のテレビでは、主に一方的に画像を流すだけで、ユーザーとインターラクディブな双方向のやりとりは制限されています。

さらに、おおかたのTVのCMは、一方的に流すだけであり、ユーザーがCMで見て気に入った製・商品をインターネットですぐに購入することはできません。アップルは、こうしたことを可能にすることを考えているのだと思います。それも、今までのテレビとは異なる、アップル独自のやり方でやるのだと思います。

Ustreamも、YouTubeもあるではないかと考えられる人もいますが、アップルTVの目指しているのは、こうしたものとは一線を画しているのだと思います。Ustreaや、YouTubeなどは、ほとんどが、個人が作成したものや、個人が勝手に、テレビの内容をコピーしたものなどを配信しています。これは、これで、素晴らしいことであり、まさに、こうしたものがあったからこそ、良い、悪いは別にして、先日の尖閣問題のビデオが流出され世界中に広まるというような出来事が起こったのだと思います。

しかし、インターネットでも、普通のテレビで放映されているような、プロが取材や編集をした番組そのようなものを見たいという人々のニーズは強いと思います。実際それに、近いものをケーブルテレビや、インターネットで放映したりしていますが、これは、一定の費用がかかります。

アップルTVでは、これをほとんど無料として、テレビを放映するだと思います。その先鞭をつけた、iTUneでの映画コンテンツのようなものは、有料で配信するのだと思います。しかし、無料のコンテンツにしても、その内容は、既存のテレビなどでは考えられないほど、高度化するととも、アップルらしく、新しい方式で実施するのだと思います。そうして、これらには、無論iAdを流すようにして、まさに、テレビを今風のビジネス・プラットフォームにしてしまうのだと思います。

ただし、アップルはポルノなどはおそらく、放映しないと思います。最近でも、アップルは、iTuneストアから、講談社の「妄撮」というアイドル・グラビア誌の電子書籍の配信を差し止めています。こうした方針は、アップルの目指す新機軸のテレビにも継承されると思います。おそらく、アップル独自の放映基準などを定めて、そこから外れるものは放映しないでしょう。

ただし、この基準も良くわかりません、ちなみに、下がその問題の妄撮のグラビアですが、ネットに流れているものを見た限りでは、すべてこの程度のもののようです。しかし、iTuneストアでは、もっときわどいものも販売されていたと思いますが、やはり、性的な妄想を刺激するものは判断基準から外されるということでしょうか?

iTuneストアで配信を差し止められた「妄撮」に掲載されているたグラビア
さて、明日の発表どうなるのか、今から楽しみです。明日の発表では、上の記事のようなことに加えて、アップルのこうした長期戦略も発表するのではないかと推測しています。しかし、これが、当たる当たらないは別にして、アップルの長期戦略の中には当然こうしたものも含まれているものと思います。

後で追加→なんか、この予測私の妄撮ならぬ、妄想になりそうです(笑)。



【関連記事】

海上保安官メモ全文起こしが提示するもの―私たちは、情報閉鎖のバーチャル・ワールドに住んでいるのか?


ADs by Yutakarlson
皆様のおかけで、ピザ・テンフォーは創業22周年を迎えました!!

ピザテンフォーのサイトから直接注文できるようになりました。

コメントを投稿

「党名への嫌悪感浸透、再生困難」立民・希望・民進ぶった切り 新著『“小池”にはまって、さあ大変!』が話題の安積氏―【私の論評】野党・労組は選挙結果は有権者の声であるという事実を再認識せよ(゚д゚)!

「党名への嫌悪感浸透、再生困難」立民・希望・民進ぶった切り 新著『“小池”にはまって、さあ大変!』が話題の安積氏 写真はブログ管理人挿入 以下同じ 特別国会は9日閉会し、永田町では野党を中心に政界再編に向けた動きが加速しそうだ。翌年の政党交付金の確保を目的に、...