2010年11月25日木曜日

ソニー、電子ブック端末『Reader』とコンテンツ販売発表 - 12月10日から―【私の論評】問題は、コンテンツとビジネスモデルだ!

http://journal.mycom.co.jp/news/2010/11/25/070/index.html


【私の論評】問題は、コンテンツとビジネスモデルだ!
さて、ソニーもようやっと、送れること数年でまともに、電子書籍の分野にはいろうとしています。しかし、これが成功するためは、まずは、コンテンツがどれほど充実しているかということと、ビジネスモデルの問題ということになります。

リーダーのハード自体は、そこそこであれば、この際対した問題でもないし、競争優位の源泉ともなりません。このあたり、ソニーはいままで手痛い失敗ばかりしてきたのですが、今度は是非うまくやってもらいたいものです。

これで、失敗すれば、私はソニーは二度と世界的な企業にもなれないし、それこそ、韓国のサムソンの後塵を拝するような企業に成り下がると思います。

それにその公算のほうが大きいです。なぜに、ハードの発表ばかりして、戦略を発表しないのでしょうか?それこそ、アップルのように?

しかし、もし日本の企業であることの利点を最大限に活かすことができて、日本の書籍に関して、アメリカのアマゾンのような地位を築くことができれば、話は別になるかもしれません。

ソニーは、かつて、コロンビア・ピクチャーの買収を手がけていましたが、あれはソニーにとって、特に何にもならなかったのではないかと思います。その点、アップルあたりはかなり利口ですね。何も、映画会社を買収しなくても、相手側から配給してもらえるようにすれば、良いだけの話ですから。そうして、iTuneで映画を配信するというサービスを日本でもやりはじめました。

さて、ソニーはeコマースに、電子書籍という形で参入しようとしているようですが、このブログにも掲載したように、eコマースの本質は広告です。成功している、eコマースはすぺてなんらかの形で広告を組み込んでいます。これをしないeコマースは成功しません。実際、ソニーは電子書籍で失敗しています。

ソニーがもし、普通に電子書籍を販売するだけであれば、この原理からすると失敗することになります。それに、この発表からは、ソニーに特有のユニークさが見えてきません。さて、ソニーがどこまで本気なのか、このブログでも今後追求して何か変化があれば、またブログに掲載します。

【関連記事】

米グーグル、ファッションサイト立ち上げ―【私の論評】グーグルのビジネスモデルは変わらない?

Appleと電通、iAdの日本展開でパートナーシップを締結-2011年より開始―【私の論評】eコマースの本質はやはり、広告か?


0 件のコメント:

5千億円のウクライナ支援へ 日本が年内実施で最終調整―【私の論評】G7ウクライナ支援最新情報:日本の33億ドル拠出と凍結ロシア資産活用の画期的プログラム

5千億円のウクライナ支援へ 日本が年内実施で最終調整 まとめ 日本は、G7が合意したロシアの凍結資産を活用するウクライナ支援の一環として、33億ドル(約5200億円)を拠出する方向で最終調整に入った。 総額500億ドル規模の支援のうち、日本の拠出額は約6.6%に相当し、米国とEU...