2011年10月8日土曜日

スティーブ・ジョブズ死直後、ピクサー社に美しく大きな虹かかる―【私の論評】私も虹を見た!!

スティーブ・ジョブズ死直後、ピクサー社に美しく大きな虹かかる



突然発表されたアップル元CEOスティーブ・ジョブズ氏の悲報。10月4日には、iPhone4Sの発表もあったばかりで、現在もなお世界中が悲しみに暮れている(ジョブス氏のためにReseved席を用意したが、結局彼は来ることなく…)。

そんななか、あるネットユーザーが公開した写真が話題だ。これは、スティーブ・ジョブズ氏訃報直後に撮影された写真で、場所はPixar(ピクサー)の構内だという。Pixarはジョブズ氏が買収したもので、アニメ映画『トイ・ストーリー』などを手掛け一躍有名な会社となった。結局は、ディズニー社に買収されたが、ジョブズ自身も、ディズニーの株主および役員になっていた。

そのPixarに、とても綺麗で美しい虹がかかっていたというから驚きだ。何らかのメッセージを彼が発信しているのだろう。

この写真を公開したユーザーは、自身のiPhone4で撮影し、「Rest in peace, Steve, and thank you.」とコメントしている。

とても美しく、なぜか悲しくも見えるこの虹。あなたの心にはどう映っただろうか。(2枚目の虹写真はこのURLをクリック http://p.tl/_EjX

【私の論評】私も虹を見た!!
この記事を見た、直後に私も地元で虹を見ました。私も、iPhoneで撮影しました。普段だと、虹を見ても、わざわざ、撮影することはないのですが、昨日は、ついつ、車から降りて撮影しました。

上の記事の虹を見た直後だったからだと思います。そうして、昨日は、このブログには、別の記事を掲載したのですが、やはり、これは皆さんにもみていただきたいと思ったのであえて掲載しました。今考えると、昨日すぐに掲載すべきでした。



人間とは、何か無関係のものも、何かに結び付けて考えたがるものですが、この虹美しく、本当にジョブスが呼びかけているような気持ちになってしまいました。

スティーブは私たちのもとを去りました。彼がステージの上で「そして One more thing があるんだ…」と悪戯っぽく口にすることは二度とありません。

でも時代の歩みは止まりませんし、テクノロジーであれ、どんな分野であれ、世界をよりよいものにする One more thing は生み出される時を待っています。

次の One more thing を作るのは私たち自身です。

それは iPhone や iPad のような発明かもしれませんし、新たな商品の開発かもしれないです。新しい著作、人を感動させる音楽、誰かの人生を変える小さな一言かもしれません。しかし私たちが全員がそれを追い求めることで、世界はちょっとだけ良い場所になるはず。そうして、多くの人がそう信じて行動すれば、より良い社会になるはずです。そう信じています。

Thanks you Steve Jobs for making the world a better place. We will continue in your footsteps to make insanely great stuff. May you rest in peace.

【関連記事】

前アップルCEO、スティーブ・ジョブス氏死去―【私の論評】ジョブスの半生を写真でたどって見えてくるものは?!!日本人が忘れた世界?


Appleを復活させた「魔法使い」、ジョブス氏の休職―【私の論評】ジョブスの生き方は、「武士道と云ふは死ぬ事と見つけたり」という日本人の理想を体現している!?



Appleと電通、iAdの日本展開でパートナーシップを締結-2011年より開始―【私の論評】eコマースの本質はやはり、広告か?



AppleのJobs CEO、モバイル端末におけるFlash拒否の理由を公開書簡で説明―アップルの長期戦略の中に"Flash"はない?


Apple,「iPhone OS 4」発表-新広告プラットフォーム「iAd」も―これはアップルの「水道の蛇口戦略」の前触れか?

【噂】アップル、次はモバイル広告プラットフォームに参入?名付けて「iAd」-アップルは将来iPhone、iPad、iPodを無料化するか?

すべての旧来メディアはiPadに集まる - News Corpのマードック氏の予言将来はGooglのビジネスモデルは、陳腐な公共事業のようになってしまうか?

コメントを投稿

富岡八幡宮事件に見る、組織に「怨念」を抱く者の恐ろしさ―【私の論評】組織の精神を健全に保たなければ怨霊が輩出することになる(゚д゚)!

富岡八幡宮事件に見る、組織に「怨念」を抱く者の恐ろしさ 富岡八幡宮の殺人事件で、容疑者による、関係者やマスコミに宛てた長文の遺書が話題となっている。「怨霊」「祟り」など、真に受け難い文言が書かれているが、事件の舞台が神社である以上、これを「頭のおかしな容疑者の独り言」として...