2011年10月18日火曜日

「秋葉原通り魔事件」蓮佛美沙子主演で初映画化―【私の論評】このような事件を風化させないためにも、良い企画だ!!

「秋葉原通り魔事件」蓮佛美沙子主演で初映画化

映画「RIVER」の1シーン。「秋葉原無差別殺傷事件」
の現場となった交差点を見つめる蓮佛美沙子 

東京・秋葉原で17人が死傷した08年6月の「秋葉原無差別殺傷事件」が映画化される。

蓮佛美沙子(20)主演で来年3月に公開される「RIVER」(監督廣木隆一)で、同事件を扱った作品が劇場に登場するのは初めて。恋人を失った女性役の蓮佛は、実際の事件を扱った内容に「背筋が伸びる感覚」と話している。

蓮佛が演じるのは、事件で“電機オタク”の恋人を失ったという設定の女性。大きなショックを受けたが、人とのかかわりの中で立ち直っていく姿が描かれる。凄惨な事件そのものより、大切な人間を失った心の痛みを描いていく。

「余命1ケ月の花嫁」(09年)などでメガホンを取った廣木監督が「衝撃的な事件だったのに、時間の経過とともに話す人が少なくなってきた。映画にすることで永遠に残したかった」という意図から企画し、脚本も手掛けた。

この記事の続きはこちらから

【私の論評】このような事件を風化させないためにも、良い企画だ!!

まずは、この事件について、簡単に振り返っておきます。
2008年(平成20年)6月8日12時30分過ぎ、東京都千代田区外神田4丁目の神田明神通りと中央通りが交わる交差点で、2トントラックが西側の神田明神下交差点方面から東に向かい、中央通りとの交差点に設置されていた赤信号を無視して突入、青信号を横断中の歩行者5人をはねとばしました。 
このトラックは交差点を過ぎて対向車線で信号待ちをしていたタクシーと接触して停車。周囲の人々は最初は交通事故だと思ったが、トラックを運転していた加藤智大容疑者(当時29歳)は車を降りた後、道路に倒れこむ被害者の救護にかけつけた通行人・警察官ら14人を、所持していた両刃のダガーナイフで立て続けに殺傷しました。 
現場を走る加藤
さらに、こは奇声を上げながら周囲の通行人を次々に刺して逃走。事件発生後まもなくして万世橋警察署秋葉原交番から駆けつけた警察官が加藤を追跡し警棒で応戦、最後には拳銃の銃口を男に対して向け、ダガーナイフを捨てるよう警告しました。それに応じナイフを捨てた加藤を非番でたまたま居合わせた蔵前警察署の警察官とともに取り押さえ、旧サトームセン本店(現・クラブセガ秋葉原新館)脇の路地で現行犯逮捕にて身柄を拘束しました。これらはおよそ5 - 10分間ほどの間の出来事でした。加藤被告は、精神鑑定を経て殺人などの罪で起訴され、今年3月24日に死刑判決を受けました。加藤被告は控訴しています。

逮捕直後の加藤
事件当日は日曜日で中央通りは歩行者天国となっている区域でした。この日も多くの買い物客や観光客でごった返しているなかの凶行であり、事件直後に多くの人々が逃げ惑い、また、負傷者が横たわる周囲が血の海になるなど事件現場はさながら戦場の様相を呈しており、まさに白昼の惨劇でした。男はナイフは他にも5本所持していたことが明らかになりました。

事件発生後の謝罪会見での、加藤被告の両親

福島・郡山市出身の廣木監督は、3月11日に発生した東日本大震災を受け「映画などやっている場合ではないのではないか」と葛藤(かっとう)を抱えたといいます。しかし、それまで進めていた企画の脚本を変更し、被災地でも撮影を敢行することで“今”の日本に焦点を当てました。主題歌は、神田川に月が映る情景のイメージと一致したことから、オードリー・ヘプバーンが主演した名作「ティファニーで朝食を」の挿入歌「Moon River」に決定しました。

廣木隆一監督


監督は、アメリカン・ニューシネマの影響を受けて、アテネフランセの映画技術美学講座で学びました。フリーの演出部として中村幻児監督の一連の作品『超淫力 絶頂女』他多数に助監督として携わりました。

1982年、ピンク映画 『性虐!女を暴く』 でデビュー。独特の空間描写でシティ派の異名をとりました。

1994年、米俳優ロバート・レッドフォードが主催する新人育成の世界的登竜門サンダンス映画祭において奨学金を獲得して渡米。

2003年に、寺島しのぶを主役に起用した 『ヴァイブレータ』 で数々の映画賞を受賞。近年は海外(主にヨーロッパ)での人気が高まり、特集上映が相次いでいます。




さて、蓮佛 美沙子(れんぶつ みさこ、1991年2月27日 - )は、日本の女優である。愛称は、蓮ちゃん。

鳥取県鳥取市出身。ソニー・ミュージックエンタテインメントの子会社ウエストサイド所属。新聞などでは蓮仏美沙子と記載される事が多い。堀越高等学校卒業。2009年4月、白百合女子大学文学部児童文化学科、児童文学・文化専攻に入学。竹内結子のファンで、ドラマ『ランチの女王』を見て女優を志す。 2005年に行われた第1回スーパー・ヒロイン・オーディション ミス・フェニックスのグランプリに選ばれて芸能界入りしました。

2007年に公開された映画『犬神家の一族』でデビュー、同年『転校生 -さよなら あなた-』で映画初主演、『ガラスの牙』でテレビドラマ初出演・初主演を果たしました。

2008年10月、ドラマ8『七瀬ふたたび』で連続ドラマ初出演で初主演を果たしました。

2009年2月17日、堀越高等学校を卒業。同級生には俳優の三浦春馬、鮎川太陽、女優の福田沙紀、アイドルグループHey!Say!JUMPの八乙女光等がいます。

2009年4月、白百合女子大学へ入学。

2010年10月、ドラマ『Q10』で民放の連続ドラマに初出演。

以下に、蓮佛 美沙子さんの写真を掲載します。




さて、あの事件に話を戻しますが、本当に息苦しいような嫌な事件でした。あの事件は、私の会社でも、当時話題になり、特に、犯人加藤が、凶暴な面体をしていないことが話題になりました。この事件、発生後の1年くらいは、いろいろと話題になったようですが、最近では、ほとんど話題にものぼりません。しかし、あの事件は、風化させてはならないと思います。以下に、この事件が発生した直後のこのブログでの記事を掲載しておきます。

これは、「未来社会への変革」というドラッカー財団による書籍の要約を掲載し、それに対する私の論評です。この書籍は、先進国や、新興国の特に都市部における共同体の必要性、重要性を訴えるものです。この要約自体は、ここに掲載すると、長くなるので興味のある方は当該ブログを是非読んでいただければ、幸いです。
皆さん、要約を読まれてどう思われますか?まさしく、今日を予言していると思いませんか?まさに、今回も、混沌たるジャングルのようになった都市で発生しました。さらに、予言するだけではなく、解決策も示しています。それは、共同体をつくるというものです。都市に共同体、特にNPOを多数作り出すということしは、ドラッカー氏も述べておられます。20年前くらいにその言葉が書かれていた著書を読んだとき、私はあまりピンときませんでした。しかし、ここ10年くらいは、その意味が良くわかるようなってきました。多くの日本人にとって、日本には、もともとNPOという伝統がありませんから、判りにくいのも無理はないと思います。 
これから、このような事件を防ぐために、いろいろな提案などがでてくるかもしれません。しかし、政府がとか、学校がとか、職場でどうのということは、根本的な解決ならないような気がします。無論それも大事だと思います。たとえば、職場で共同体をつくり、この犯人もその共同体に入ることができたら何とかなったかもしれません。しかし、こうしたことができれば良いのてすが、職場に必ずこの犯人のような人間に対してよい影響を及ぼせる、あるいは犯人自体が入りたいと思う共同体が必ずできるという保障はありません。共同体といってもさまざまなニーズや要望に対して必ず応えることはできないかもしれません。 
しかし、都市部に小さくはさまざまなニーズに応える多様ないくつもの共同体があれば、より多くの人々のさまざまなニーズに応えることができる可能性が高まると思います。
特にこの犯人は、コミュニケーション障害が顕著だと思います。コミュニケーションができなければ、当然真の意味で友人はできない、彼女もできないのが当然です。コミュニケーション障害に取り組むNPOなど、相当高いニーズがあると思います。それも、若者向けとか、主婦向けとか、サラリーマン向け、高齢者向けなどというそれぞれ得意分野に特化したNPOがあっても良いと思います。そうして、アメリカにはそうしたNPOも実在します。日本にもあるのかもしれませんが、私は知らないです。
この頃を振り返ると、まだ自民党政権であり、9月には、麻生政権が誕生し、今の政権とは、うってかわり、大規模な景気対策を行おうとしている最中であり、景気が回復するのぞみのある時代でした。そのため、私は、景気が良くなることを前提として、日本では、西欧型の強靭なNPO(たとえば、アメリカでは、各都市で、有力なNPOが、低所得者住宅を提供して成功を収めつづけている)が存在しないため、日本でもそれを設立すべきことをブログで強調していました。

ちなみに、民主党も「新しい公共」として、これからのNPOなどについて、鳩山さんが、力説していました。わたしも、関心をもって調べてみましたが、その結果、鳩山さんのいう「新しい公共」とはドラッカーが提唱していたものとは、似ても似つかぬものであり、全く異質なものです。あんなものを実施スレば、世の中が良くなるどころか、百害あって一利なしです。本当に、困ったものです。私は、このとき、鳩山さんは、ルーピーと呼ばれても仕方のないどうしようもない大馬鹿だと思いました。

しかし、今や、このブログの中心的な過大は、景気対策です。景気がよくならないことには、NPOを活発化させたとしても、あまり効果は期待できません。何かをやれば、やるほど、どこかにしわ寄せがいくだけです。たとえば、包括的職業訓練プログラムなどを実施しても、就職口がなければ、何にもなりません。今の最大の課題は、デフレの解消であるというのに、現在の政権では、デフレの最中に増税をするという、財務省主導の世界でも類をみない蛮行を行おうとしています。そうして、大手新聞は、消費税免除を前提として、現政権の増税の後押しばかりしています。今朝の日経新聞でも、経済教室にマクロ経済学とは関係のない学者が、政府の増税の後押しをする記事を掲載していました。

わすが、数年前とは、雲泥の差です。この事件の犯人加藤は、派遣社員として、前途に希望のない生活を送っていたようです。だからといって、無論、事件の責任は、あくまで犯人にあるのであって、他の誰の責任でもありません。加藤被告のような若者は、他にも沢山いますが、その人達が加藤と同じことをすれば、世の中毎日殺人だらけになるはずです。

しかしながら、麻生政権が終焉した今、現政権ではここしばらく、まともな景気対策(悪い言葉でいえば、ばら撒き、しかし、デフレのときは、このばら撒きが古今東西を問わず、王道です)を行うことなど考えられません。いや、それどころか、増税によって、デフレ基調はますます、強まり、加藤被告のような前途に何らの希望ももてない若者が増えていきそうです。今の政権や日銀では、本当に経済対策がまともでなくて異常なので、このような、前途に絶望する若者がさらに増えそうです。雇用対策で、もっとも、効果があるのは、景気対策であり、インフレ状況にすることです。数%のインフレになるだけで、明日たちどころに、数百万の雇用が発生します。これは、マクロ経済学上の常識です。しかし、民主党は、あの菅の全く的外れの雇用対策をみてもわかるように、この常識がないようです。

しかし、私達は、そんなことばかりいっはいられません。デフレ基調がさらに、拡大するなら、それに備えて頑張るしかありません。間違っても、加藤被告のように、ネガティブな考え方に陥ってはならないと思います。 いずれにせよ、あの事件、あまりにも忌まわしい事件なので、忘れたいと思っている人もおおいかもしれません。しかし、あの事件の記憶、風化させてはいけないと思います。

この映画、他のサイトをみていると、不謹慎だという人もいるようですが、あくまで、題材を秋葉原通り魔事件からとったということであって、この事件のドキュメンタリーなどではありません。犯人を主人公、あるいは、それに近い人物にして、主人公や、犯人の苦悩・葛藤などを通してこの事件そのものを描くというプロットではありません。また、監督の過去の映画などから鑑みて、事件そのものが、大きな比重をしめるような単純なつくりではないと思います。

あくまでも、多くの人々が、日常の忙しさや、些事にまみれて、忘れてしまっている、誰にでも日常的に起こりえる悲劇という扱いであり、そういう悲劇でありながら、リアリティーを持たせるために、秋葉の事件を題材として用いたということだと思います。また、こういう趣旨で、最近の震災による悲劇にも、関連づけた作品にもなっているのだと思います。映画そのもをまだ見ていないので、まだ、はっきりしたことは言えないとは、思いますが、この映画について、サイトなどで見ている限りでは、そういう趣旨で事件を扱っているようなので、私自身は、あの事件を風化させないためにも良い企画だと思います。
【関連記事】

秋葉原殺人犯の孤独と苦痛-今日のこの事件を数十年前から予言していたドラッカー氏に学ぶ?!


再発防止へ閣僚会合=秋葉原通り魔事件-NPOは注目されるか?


秋葉原通り魔事件が暴くお役所仕事の実体とは?-やはりNPOに任せるべきか?


秋葉原通り魔殺人事件の犯人から学べること-その時々で自分の身の丈を知る努力をせよ!


八王子通り魔事件、誰でも良かった!?-「カッツォンレテバ」の精神で通り魔に備えよ!!


「新宿駅前で無差別殺人」=ネット書き込み、中3男子逮捕―警視庁―【私の論評】やっぱりあっという間に捕まりました!!

コメントを投稿

若者は保守化しているのか 雇用改善で政権支持の実態、左翼色強い報道にも縁遠く―【私の論評】まもなく実質賃金も上昇しはじめ、吠え面をかく反安倍派?

若者は保守化しているのか 雇用改善で政権支持の実態、左翼色強い報道にも縁遠く  毎日新聞の記事で、20代以下と30代の若者に内閣や自民党の支持者が多かったという調査結果が紹介されている。「政治的な知識不足」「現状維持を望む」といった解釈のほか、「雇用の売り手市場」なども要因と...