2011年10月12日水曜日

テレビは他人のふんどしで相撲をとりすぎてはいないか?―【私の論評】旧態依然としたテレビはもういらない?!!

テレビは他人のふんどしで相撲をとりすぎてはいないか?


テレビ報道に関しては、このブログでも、掲載してきたところですが、ガジェット通信に興味深い記事が掲載されていたので、以下に要約を掲載しておきます。

バブルの時期を頂点にして、テレビの番組制作費は下がり続けている。その主な理由は、景気の低迷や視聴率の低下にともなうスポンサー料の減収などであろう。特に後者は深刻であり、いまやテレビを持っていない人や持っていても見ない人はかなり多く存在する。

たいがいの情報はネットで得ることができる環境のなか、あえて人々に「テレビを見よう」というモチベーションを持たせることは至難の業である。私たちが「見たい」と思うような番組は、主にしっかりと取材をした上で放映される報道番組やドキュメンタリー、さらにはきっちりと作り込まれたバラエティ番組やドラマなどがあげられる。だが、しっかり取材し、きっちり作り込めば、それなりに制作費がかかってしまう。

無駄な予算を使う必要はないが、私たちが「見たい」と思うような番組にはそれなりの制作費がかかる。このまま制作費の低予算化に歯止めがかからなければ、テレビ局は「番組の質が下がる」「視聴率が下がる」「スポンサーがつかない」「予算が下がる」という負のスパイラルから抜け出すことはできない。

なかには「お願い!ランキング」(テレビ朝日系)のように、予算がなければないなりに工夫をこらした番組もないわけではない。しかし、芸能人をひな壇に座らせ、海外の資料映像を買い付けて垂れ流したり、ネットに出回る動画を垂れ流す、いわば工夫のない番組があまりにも多い。番組の改編期にあたる10月の第一週に放映された各局の特番は、工夫のなさを象徴している。

筆者が愛読する「TV Bros.」(東京ニュース通信社)から、その手の番組を取りあげてみよう。10月2日の「世界ぶっちぎり映像6 秋の超新作大放出SP」(TBS系)、同3日の「世界まる見え!テレビ特捜部 秋の2時間SP」(日本テレビ系)、同4日の「超ド級!世界のありえない映像博覧会8」(フジテレビ系)、同5日の「ザ!世界仰天ニュース キレイになりたい!命懸け大変身ビューティー祭り!」(日本テレビ系)、同8日の「奇跡の笑撃ハプニング 超カワイイ映像とにかく見せますSP!」(TBS系)……。

日テレの番組に関しては、元のネタは独自ではないものの、独自取材や再現シーンの制作など、多少の作り込みは感じられる。その他の番組は、多くの場合、買い付けた動画や無料の動画をそのまま垂れ流し、ひな壇の芸能人が感想やらコメントやらを述べて終了。もはや番組制作で重視されるのは企画力ではなく検索力なのではないか、と思ってしまうほどの工夫のなさである。

そういえば、NHKも日曜の夜に「特ダネ!投稿DO画」なるものを放映している。また、平日の午前に放映されているフジテレビの「知りたがり!」には、その日の5時~9時くらいまでに他局で報じられたネタをそのまま使うコーナーがある。それを言いだしたら、NHKとテレビ東京を除くすべてのキー局が、朝の報道番組で「新聞記事の紹介」を内容の中心に持ってきている。そんなことをやっていたのは、当初、テレ朝の「やじうまテレビ!」くらいだったのに。

制作費が低下しているなか、他人のふんどしで相撲をとることに関しては仕方のないことだとは思う。とはいえ、自助努力がないまま他力本願の番組作りを続け、つまらない番組ばかりを垂れ流していたら、番組制作の負のスパイラルは深刻化する一方となる。くわえて、この負のスパイラルの一因がテレビ局正社員の馬鹿高い給料と番組制作会社スタッフの低賃金という歪んだ関係にある、と筆者は考えているが、その件はまた別の機会に。

【私の論評】旧態依然としたテレビはもういらない?!!
以下にテレビの歴史をたどってみよう。驚いたことに、テレビの原型は、1843年にはもうできあがっていました。それに、試験放送は、日本でも、1939,年テレビの試験放送が行われていたということです。

西暦年号内容
1843天保14静止した画面を走査によって分解して順次に送る写真伝送の原型が、アレクサンダー・ベーンによって考案される。
1888明治21「電波」の発見 (自然科学者「ヘルツ」氏による)
1897明治30テレビジョンの画像を映し出すための「ブラウン管」が発明される。(ドイツ発明者「K.F.ブラウン」氏による)
1923大正12テレビジョン放送としての技術的着想「無線遠視法」が提唱される。(日本のテレビ創始者「高柳健次郎」による)
1925大正143月、東京放送局(現NHK)がラジオ局を開局し放送開始。
テレビジョンの発明(アメリカ「ベアード」氏による)
1926大正15
昭和1
東京放送局・大阪放送局・名古屋放送局を統合し社団法人日本放送協会(NHK)を設立
公共放送局「NHK」(日本放送協会)が「テレビジョン放送」を設立。
12月25日、ブラウン管による電送・受像に初めて成功。送像側にニポー円盤(機械式)、受像側にブラウン管(電子式)を用い、「イ」の字を送受像。(高柳健次郎による)
1929昭和4イギリスBBC放送局がテレビジョンの実験放送を開始する。
1930昭和512月、テレビジョン撮像管(テレビカメラ機)が発明される。(高柳健次郎による)
1932昭和7静岡県・浜松市にて走査線100本の画像の研究用実験放送が試みられる。郊外からの受信に成功する。(高柳健次郎による)
1935昭和10ナチスドイツで世界に先駆けテレビジョンの定時放送を開始
1937昭和121940年(昭和15)に東京(日本)で開催予定していたオリンピック中継が、その翌年に日中全面戦争突入など国際情勢緊迫によって開催を返上。テレビジョン本放送計画が取り止めとなる。
1938昭和13日中戦争
1939昭和145月、NHK砧技研の高さ100mの鉄塔から東京一円に電波を飛ばす、日本発のテレビジョンの試験放送を行う。
第二次世界大戦勃発
日本初のテレビジョン受像機(反射型テレビ)、日本ビクターより発売
1941昭和16太平洋戦争勃発
アメリカで本格的なテレビジョン放送開始
1945昭和20東京大空襲
広島、長崎に原子爆弾が投下され、終戦を迎える。
1951昭和2612月、ラジオ東京放送(→TBSラジオ)開局。
1953昭和28シャープより国産第1号の白黒テレビ発売(14インチ/175,000円)
2月1日午後2時「NHK東京テレビジョン」(初日の受信契約数866件、受信料月額200円)がテレビジョン放送を開始。(最初の番組は歌舞伎中継)
8月28日「日本テレビ」が初の民放としてテレビジョン放送を開始 (NTSC)、 翌29日には早くも後楽園球場から「巨人×阪神」のナイターを生中継(テレビジョンにおける初のプロ野球中継)。
12月31日、東京・有楽町の日劇から「第4回NHK紅白歌合戦」がTV初放送される(前回まで正月番組だった「紅白」はこの回から現在の大晦日に移行)。
1954昭和293月1日、NHK大阪・名古屋両テレビジョンが本放送開始
7月、NHK名古屋放送局と中部日本放送(CBC)の合弁による「名古屋テレビ塔」完成、運用開始
1955昭和302月27日、第27回衆院選挙でNHKがテレビ初の選挙開票速報を放送。
4月1日、民放第2局目(ラジオ東京テレビジョン→TBS)開局。
1956昭和314月、米アンペックス社がVTRを開発。
12月、NHKカラーテレビ実験放送開始 。
12月1日、CBCテレビ、大阪テレビ放送(現・朝日放送)開局、名古屋・大阪でも民放テレビがスタート
1957昭和32人工衛星が打ち上げられる。
1958昭和334月、大阪テレビがアンペックス社製VTRを輸入。
6月1日、大阪テレビが本邦初のVTR使用ドラマ「ちんどんやの天使」放送(一人二役の場面で使用)。
7月7日、大阪テレビが史上初の富士山頂からの生中継に成功。
10月31日、ラジオ東京テレビが初のVTR実用化ドラマ「私は貝になりたい」(橋本忍脚本、岡本愛彦演出。VTRは前半で使用し、後半は生)放送。なおこの作品は第13回芸術祭大賞受賞。
12月23日、10月に完成した東京タワー、運用開始。
1959昭和341月、NHK東京教育テレビジョン放送開始
2月、初の民間教育専門局、日本教育テレビ(NETテレビ、現・テレビ朝日)開局
3月、フジテレビジョン開局
4月10日、皇太子殿下(現在の平成で即位されている天皇陛下)と美智子妃殿下のご結婚パレードの催しをめぐって日本全国に放送される。(テレビ普及200万台突破)
8月、ラジオ東京テレビ、朝日放送他19局が皇太子ご成婚パレード中継での取材協力を機に、初の民間放送TVネットワーク(後のJNN)を形成。
1960昭和359月10日、NHKと民放4局がカラーテレビの本放送をスタート。(開始当初カラー番組は1日1時間。白黒番組が主流だった)
11月29日、ラジオ東京放送が東京放送(TBS)に社名変更、以後「ラジオ○○」だったラテ兼営局が「○○放送」と改称するなど地方局でも社名変更が相次ぐ。
1962昭和3710月1日、史上初の“キャスターニュース”且つネットワーク制作参加ニュース番組、TBS「JNNニュースコープ」放送開始(初代キャスターは共に新聞記者出身の戸川猪佐武と田英夫)。
1963昭和381月1日、国産初のTVアニメ、手塚治虫の「鉄腕アトム」がフジテレビで放映開始。
11月23日、世界初の人工衛星によるテレビジョン中継放送がアメリカを主にして、日本にも公開、大成功に終わる。しかしこの放送をきっかけに、当時のアメリカ大統領に就任していた「J.F.ケネディ」氏が暗殺され、放送事業者の間にも大きな影響を受ける。
1964昭和394月12日、NETに続く国内2番目の民間教育専門局、日本科学技術振興財団テレビ局(東京12チャンネル、現テレビ東京)開局。
日本国内で「東海道新幹線」の開通式の催し、「東京オリンピック」のテレビ観戦中継、「大相撲」中継などの番組が放送される。
1966昭和41日本のカラーテレビジョン放送(制作局側のカラー放送への対応、受像器の生産などの両面)、試験放送から本放送へと着手(実施)へ。
1967昭和4210月、当時米統治下だった沖縄初の公共放送法人「沖縄放送協会」(OHK)発足、同年12月テレビ放送開始(主にNHK総合テレビの番組をネット)。
1968昭和432月20日、NHK徳島教育テレビジョンが我が国初のUHF局として開局。
8月12日、初の民放UHF局・岐阜放送開局。以降同年末から翌々年にかけてUHF局開局ラッシュ。
1969昭和44宇宙開発事業団「NASDA」が発足。
日本相撲協会、3月春場所2日目の大鵬×戸田戦(大鵬の連勝が45でストップした一番)での微妙な判定を機に、NHKの協力で翌5月夏場所から勝負判定にVTRを導入。
5月6日、5日前に開局したばかりのUHF局、サンテレビジョン(神戸)が甲子園から阪神×広島戦を試合開始から終了まで生中継(TV史上初のプロ野球完全放送)。
7月21日、アポロ11号の人類初月面着陸の様子を38万km離れた月からリアルタイムで中継。
1970昭和453月14日、日本万国博覧会開会式特番「幕ひらく日本万国博」を史上初の全民放78局(当時)同時ネットで放送。
鹿児島にある種子島宇宙センターにおいて、日本初の「人工衛星」が打ち上げられる。
1972昭和47NHK総合テレビが全番組カラー化。
2月28日、NHKと民放4ネットワーク、連合赤軍浅間山荘事件(人質救出・容疑者逮捕)を現場から10時間前後にわたり生中継。
5月15日、沖縄の本土復帰により「OHK」解散、沖縄内戦以来再発足のNHK沖縄放送局が業務を継承。
1973昭和4811月1日、民間教育局制度の廃止によりNETテレビと東京12チャンネル、一般局に移行。
1974昭和49石油ショックの影響により1月から約半年間、NHK2波は23時で放送終了、民放各局も深夜番組を自粛。
4月1日、NHK初の大型ニュース番組「ニュースセンター9時」放送開始(キャスター磯村尚徳)。
1975昭和503月31日、関西地区のネットワーク再編(俗に言う“腸捻転解消”)で毎日放送がNET系からTBS系に、朝日放送がTBS系からNET系にそれぞれ移行。
1976昭和517月27日、史上初のネットワーク共同制作によるドラマシリーズ、朝日放送・NET・名古屋テレビ他8社共同制作「新二人の事件簿・暁に駆ける」(篠田三郎、高岡健二主演)放映開始(~翌年4月)。
1977昭和524月1日、NETテレビが全国朝日放送(テレビ朝日)に社名変更。
8月29日、TBSが史上初の3時間ドラマ「海は甦える」(江藤淳・作、仲代達矢主演)を放送。なお番組中、スポンサーの日立も史上初の3分CMを4本放映。
10月2~9日、テレビ朝日、1月に米ABCテレビで放映した大作ドラマ「ルーツ」を8夜連続、計12時間放映。
1978昭和538月26・27日、日本テレビが全国規模としては初のテレソン番組「24時間テレビ・愛は地球を救う」を放送。
9月28日、日本テレビ、音声多重放送開始。(翌10月にはNHK、フジテレビ、TBSも開始)
11月6日、史上初(にしていまのところ唯一)の1時間シリーズアニメ、水島新司の「野球狂の詩」がフジテレビで放映開始(~翌年4月)。
1981昭和561月2日、東京12チャンネルが史上初の12時間ドラマ「それからの武蔵」(萬屋錦之介主演)を正午から深夜0時にわたり放送、以降毎年1月2日の恒例となる(現在は10時間ドラマ)。
10月1日、東京12チャンネルがテレビ東京に社名変更(翌年3月、初のネット局・テレビ大阪開局)。
1983昭和584月1日、TVを通じての受講で単位修得・大卒資格の取得も可能な「放送大学」が首都圏の第16チャンネルで“開講”。
9月1日、テレビ愛知開局、ついに民放TV局は100局の大台に。
10月1日、NHKが東京・大阪で文字多重放送開始。
1984昭和595月12日、NHKが衛星放送の試験放送を「NHK衛星第1テレビ」として開始。
1987昭和6210月、TBSとフジテレビ、24時間放送開始。
1988昭和635月5日、日本テレビ、世界初のチョモランマ(エベレスト)山頂からの生中継に成功。
8月8~21日、朝日放送が史上初のハイビジョン生中継(試験放送)を第70回全国高校野球選手権大会にて実施。
9月17~10月2日、NHKもソウルオリンピックにおいて初のハイビジョン生中継を実施。
1989昭和64
平成1
1月7日、昭和天皇崩御。NHKと民放5ネットワーク、同日と翌日に渡り特別編成を実施(民放はCM自粛)。
2月24日、NHKと民放5ネットワーク、昭和天皇の「大喪の礼」を長時間生中継。
6月3日、NHK、衛星(BS)放送本放送スタート
8月、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ東京、南海放送(松山)、クリアビジョン本放送開始。
10月1日、「スペースシャワーTV」(音楽)、「朝日ニュースター」(報道)など多数の専門CS局が都市型CATV向けに放送・配信開始。
1990平成212月2日、TBSの秋山豊寛記者が日本人初の宇宙飛行士としてソ連(当時)の宇宙船「ソユーズ」に搭乗。TBSは船内からの生中継を交えた長時間特番を編成。
1991平成3放送衛星「BS-3a」「BS-3b」(は、3a衛星の後継機)が打ち上げられる。
民間で初の衛星放送局「日本衛星放送」(JSB)が開局(テレビジョン放送「WOWOW」、独立(音声)放送「St.GIGA」(セントギガ)の2放送)
1993平成5「マルチメディア放送」を目的とした「CS」(通信衛星)放送事業者が衛星放送に参入。
1995平成7阪神・淡路大震災(1月17日)、営団地下鉄サリン事件(3月20日)、同事件等に絡むオウム真理教・麻原彰晃容疑者逮捕(5月16日)など、大事件絡みの長時間報道特番が多く組まれる。
5月3日、ドジャース・野茂英雄投手の米メジャーリーグ(MLB)デビュー戦をNHK衛星第1テレビが生中継、これを機に同局のMLB中継が定期化される。
1998平成10テレビの地上電波(専用機器)とパソコンを使ったテレビ番組受信システム「ADAMS」(テレビ朝日ネットワークサービス局)、「BitCAST」(TBS)が提供、販売される。
1999平成114月1日、とちぎテレビ開局、地上波民放TVの新規開局は127局目の同局で“打ち止め”(!?)に。
2000平成12「BSデジタル放送」の試験放送が東京キー局の各社によって開始される。同年12月より本放送開始。
2001平成1310月1日、TBSがTBSラジオを分社化、テレビ単営局に。
2002平成143月1日、新CS(通信衛星)デジタル放送開始。(110度)
2003平成152月1日、NHKが世界初・南極にハイビジョン放送センターを開局(テレビ放送50周年記念)
10月1日、テレビ朝日、正式社名を「全国朝日放送」から「テレビ朝日」に変更。
12月1日、東京、名古屋、大阪の3大都市圏でNHK、民放一斉に地上波デジタル放送開始
2004平成162月29日、日本テレビが汐留の新社屋に移転
4月5日、BSデジタル放送、地上デジタル放送の全番組にコピーワンスの著作権保護技術を適用開始。(これにより録画後のコピーが不可能となる/*VHSビデオデッキなどのアナログ機ならこれまで通り録画できる)
10月1日、茨城、富山で地上波デジタル放送開始(東京、名古屋、大阪の3大都市圏以外で初めての放送となる。)
2006平成184月1日、携帯端末向け地上デジタル放送「ワンセグ」、全国29都府県で本放送開始
2007平成199月30日、NHK衛星アナログハイビジョン放送(BS9ch)終了
12月1日、新BSデジタル放送局「BS11デジタル」(ビックカメラ系)、「TwellV(BS12/トゥエルビ)」(三井物産系)開局
2008平成207月4日午前4時、デジタル放送録画運用新ルール「ダビング10(コピー9回+ムーブ1回)」開始
2008平成207月24日、アナログ放送画面上に「アナログ」ロゴマークの表示を開始(ゴールデン・プライムタイム帯の番組放送のみ)
2009平成21アナログ放送画面上に24時間常時(CM枠を除く)、「アナログ」ロゴマークの表示
2011平成234月1日、NHK-BS2とBSハイビジョンが統合され「BSプレミアム」に。
6月1日、NHK教育テレビが「Eテレ」に改称。
7月24日、地上アナログ放送廃止(予定)
2012平成24600メートル級首都圏・地上デジタル用の電波塔「東京スカイツリー」(東京都の墨田・台東地区)運用開始(予定)



動画を見るということでは、すでに、こんな古くから実施されていたということです。考えてみれば、テレビなるもの、古いものの代表ということだと思います。

これは、オーディオの歴史をみれば良くわかります。最初は、SPで、LPの時代へ、そうして、CDから、音楽プレイヤーに、そうして、今や、音楽は、サイトからダウンロードして、音楽プレイヤー、パソコン、携帯電話、スマホで聴くものとなりました。

蓄音機

電気蓄音機

LPプレーヤー


ラジカセ

カセット・ウォークマン1号機


CDウォークマン1号機


iPad

しかし、動画だけは、なぜか、昔と変わらず、テレビで、オン・ディマンドではない形式で未だに電波をつかって不特定多数の人々に流されています。考えてみれば、不思議です。

オーディオの発展により、ラジオはかなり小さなメディアとなりました。今回の震災で少し見直されましたが、最早趨勢はほとんど変わらなことと思います。おそらく、このまま縮小していっていつかは、聴く人もかなり減って、いずれ、その歴史を閉じることでしょう。

テレビに関しては、どうなるのかと思っていましたが、最近Huluを見て、もう既存のテレビには将来はないと確信することができました。Huluは、アメリカのテレビや映画をオンディマンドで見れるようにしたサービスで、最近日本でもサービスを始めたばかりです。


いずれ、インターネット動画でも、このような番組づくりがされるようになり、オン・ディマンドで番組を提供するようになると思います。そのとき、テレビの歴史は終焉することでしょう。

現在のテレビのつまらなさは、その前兆なのだと思います。上の記事では、フジテレビの韓流番組の多さについて指摘をしていませんでしたが、この問題も大きな枠組では、テレビの終焉の前兆であり、まさに、テレビが最終段階をむかえ、もうこれからは、消えてなくなるだけでのメデイアであることを査証しているように思えてなりません。韓流であろうが、アメリカのものであろうが、もうテレビは終わるのです。フジテレビは、最期の悪あがきをしているというところだと思います。

早く、電波で視聴するようなテレビは、もういりません。はやくこの世から消えてなくなれば良いと思います。

【関連記事】

バルサンのテレビCMが「反日的な内容」だとしてネット上で大炎上―【私の論評】キャッチコピーは考えぬいてひねり出すもの、よって、これは完璧に意図して意識して打ち出したもの!!

フジテレビのドラマで日本を罵倒するスラングが映される 意訳「日本 ファック!(by フジ)」―【私の論評】韓国はものすごい勘違いをしている?!!


H23.8.21(2011年)フジテレビ抗議デモ開催決行告知―【私の論評】日本人としての誇りをとりもどせ!!

テレビCM抑制「びっくり効果」 「サトウの切り餅」利益3倍に―既存メディアの効果の程は?

テレビ朝日開局50周年記念~地球危機2008~で報道されたグリーンランドの氷溶解の真偽?!

大泉洋:フジテレビプロデューサーと結婚 報告全文―【ナックス懐かしのテンフォー・ピザバトル動画掲載!!】


コメントを投稿

若者は保守化しているのか 雇用改善で政権支持の実態、左翼色強い報道にも縁遠く―【私の論評】まもなく実質賃金も上昇しはじめ、吠え面をかく反安倍派?

若者は保守化しているのか 雇用改善で政権支持の実態、左翼色強い報道にも縁遠く  毎日新聞の記事で、20代以下と30代の若者に内閣や自民党の支持者が多かったという調査結果が紹介されている。「政治的な知識不足」「現状維持を望む」といった解釈のほか、「雇用の売り手市場」なども要因と...