2023年6月4日日曜日

NYに天安門記念館が開設 武力弾圧「忘れない」 香港では当局の圧力で閉鎖も…約7000万円の寄付集める―【私の論評】「天安門記念館」を日本を含む多くの国々で開設すべき(゚д゚)!

NYに天安門記念館が開設 武力弾圧「忘れない」 香港では当局の圧力で閉鎖も…約7000万円の寄付集める


 ニューヨークのマンハッタンに、1989年の天安門事件に関連する品々を展示する記念館が開設されました。

 王丹氏など学生リーダーが関与し、中国政府が真実を隠そうとしていることに抗議しました。

 展示されているアイテムには、学生が使用した旗や暴力によって血に染まったシャツ、香港の新聞などが含まれています。

 香港にあった記念館は2021年に閉鎖され、米国での開設に向けて約50万ドルの寄付が集まりました。

 開館式が行われ、一般公開は6月後半を予定しています。王氏は民主化運動の重要性を強調し、在米中国人だけでなく、アメリカ人にも訪れてほしいと述べました。

【私の論評】「天安門記念館」を日本を含む多くの国々で開設すべき(゚д゚)!

中国共産党(CCP)は、六・四事件とも呼ばれる天安門事件を中国国民に隠そうとしていると非難されています。この事件は、1989年6月4日、中国共産党が軍に命じて、北京の天安門広場に集まっていた民主化運動家を取り締まったものです。この弾圧により、数百人、あるいは数千人が死亡した。あるいは、もっと犠牲者が多いとするメディアもあります。

中国共産党は、この弾圧で死亡した人数を公式には認めておらず、中国メディアでもこの事件に関する議論は一切検閲されています。中国共産党は、この事件を論じるウェブサイトやその他の資料へのアクセスもブロックしています。

中共が天安門事件を隠すこと揶揄して作成されSNSで拡散された画像

中国共産党が天安門事件を中国国民から隠そうとしていることを示唆する証拠が増えつつあります。例えば、2014年、中国共産党は天安門広場から弾圧の犠牲者を悼むプレートを撤去しました。また、中国共産党は、事件を記録した写真やその他の資料を破棄したと非難されています。

中国共産党が天安門事件を隠蔽しようとするのは、情報の自由に対する権利の侵害と言わざるを得ません。中国共産党には、中国国民に事件を知らせ、人々が自由に議論できるようにする責任があります。中国共産党の事件に対する検閲は、自由で開かれた社会と相容れない思想統制です。

中国共産党が天安門事件を隠そうとした証拠を示す資料をいくつか紹介します。

アンドリュー・J・ネイサンとペリー・リンクによる "The Tiananmen Papers "は、弾圧に至るまで、そして弾圧を含む出来事を詳細に説明する文書集です。

"天安門事件 James D. Seymour著 "The History and Legacy of China's 1989 Crackdown "は、この事件の包括的な歴史書です。

"The Gate of Heavenly Peace: ジョナサン・D・スペンス著「天安門:中国とその革命、1895-1989」はピューリッツァー賞を受賞した本で、天安門事件を理解するためのより広い文脈を提供しています。

これらは、中国共産党が天安門事件を隠そうとしていることを示唆する証拠のほんの一例に過ぎません。中国共産党による事件の検閲は重大な人権侵害であり、この問題に対する認識を高め続けることが重要です。

タンクマン」の写真の全体像がわかる写真ですクリックすると拡大します

ニューヨークの天安門記念館の開館は、いくつかの点で意義深いものです。

まず、1989年6月4日、中国軍が天安門広場で民主化デモ隊に発砲し、数百人、数千人が死亡した事件に特化した世界で唯一の常設展示であることです。この博物館は、中国政府によってしばしば抑圧されたり無視されたりするこの重要な出来事について、人々が学び、記憶するための空間を提供するものです。

第二に、この博物館は、言論の自由と民主主義を重視する国である米国に位置しています。米国に博物館があることで、1989年6月4日の中国政府の行動は間違っており、世界はこの悲劇の犠牲者を忘れないというメッセージを送ることができます。

第三に、この博物館は、中国人が多く住むグローバル都市であるニューヨークに位置しています。博物館の開設は、中国系アメリカ人にとって、自分たちの歴史におけるこの重要な出来事について学び、記憶する機会を提供するものです。また、世界中の人々が1989年6月4日の出来事について学び、この悲劇の犠牲者と連帯する機会にもなります。

天安門記念館の開館は、1989年6月4日の記憶を風化させないための重要な出来事です。それは、自由と民主主義のための戦いは決して終わらないということ、そして、私たちは皆、自分の信じるもののために立ち上がらなければならないということを思い出させるものです。

2021年6月2日に閉鎖された香港の天安門記念館

私は、天安門記念館を日本を含む他国でも開設すべきと思います。この博物館は、天安門事件について学ぶための貴重な資料であり、この重要な出来事に対する認識を高めるのに役立ちます。

日本には中国人が多く、多くの日本人が中国の歴史や文化についてもっと知りたいと考えています。このような人々にとって、博物館は貴重な資料となり、また日中間の理解を促進することにもつながるでしょう。

天安門事件は、決して忘れてはならない恐ろしい出来事です。博物館は、虐殺の犠牲者を追悼し、このような悲劇が二度と起こらないようにするための方法です。また、全体主義の危険性、自由と民主主義の重要性を人々に伝える手段でもあります。

私は、この博物館が日本を含む他の国でも開かれることを望んでいます。世界をより良い場所にするための貴重な資料となるのですから。

【関連記事】

インドは超大国になれるか? 加速する経済成長と差別の壁―【私の論評】いずれインドは人口だけでなく、経済・軍事で中国を追い越す日が来る(゚д゚)!

中国でコロナ感染再拡大 6月末にピークか「1週間に6500万人」―【私の論評】独立した金融政策が実施できない中国では、経済が再び成長軌道に戻ることはない(゚д゚)!

中国、NATO日本事務所に反発 「歴史の教訓くみ取れ」―【私の論評】中国は、将来「インド太平洋諸国同盟」が出来上がることを恐れている(゚д゚)!

中国、外資系コンサル摘発強化 「機微な情報」警戒―【私の論評】機微な情報の中には、実は中国の金融システムの脆弱性が含まれる可能性が高い(゚д゚)!

中国で2つの異なる景気回復ペース、見通し巡り懸念強まる―【私の論評】中共はアベノミクスのような異次元の包括的金融緩和ができない!中国経済は、今後しばらく低迷し続ける(゚д゚)!

0 件のコメント:

5千億円のウクライナ支援へ 日本が年内実施で最終調整―【私の論評】G7ウクライナ支援最新情報:日本の33億ドル拠出と凍結ロシア資産活用の画期的プログラム

5千億円のウクライナ支援へ 日本が年内実施で最終調整 まとめ 日本は、G7が合意したロシアの凍結資産を活用するウクライナ支援の一環として、33億ドル(約5200億円)を拠出する方向で最終調整に入った。 総額500億ドル規模の支援のうち、日本の拠出額は約6.6%に相当し、米国とEU...