2009年8月15日土曜日

「草食男子スカウター」 男性の顔写真から“草食度”判定、動物顔に合成―日本の携帯はガラパゴスではなく浮世絵か?

「草食男子スカウター」 男性の顔写真から“草食度”判定、動物顔に合成(この内容すでにご存知の方は、この項は読み飛ばしてください)

男性の顔写真から“草食度”を判定し、羊や馬など草食動物と合成する「草食男子スカウター」が登場。「女子専用ツール」という。


 モーションポートレート(東京都品川区)とジグノシステムジャパン(東京都千代田区)は8月10日、男性の顔写真から“草食度”を判定し、草食動物の顔写真と合成して表示する「草食男子スカウター」を、携帯電話向けサイト「モーションポートレート・パーク」で公開した。

 男性の顔写真をメールに添付して送ると、顔の特徴から“草食度”を判定。草食度に応じて、羊や馬、パンダなど草食動物と、男性の顔写真を合成して表示し、男性の“攻略法”を指南する。顔の特徴によっては、肉食動物と合成することもあるという。

 モーションポートレートの顔分析技術と顔合成技術を採用した。「女子専用ツール」で、彼氏や気になる男性の顔写真を送ることを想定。「あなた好みの素敵な男子を発見するツールとしてお役に立てること間違いなし」としている。

日本の携帯はガラパゴスではなく浮世絵か?
また新しい携帯電話のサービスが登場しましたね。このサービスは以前から言われていた、「草食性男子」をネタにしたものです。いろいろな人に絡む「絡みネタ」を提供するということで面白いサービスだと思います。たとえば、こういうサービスがあれば、女の子など意中の人の写真を撮影しやすくなるのではないでしょうか?日本では、こうしたサービスあっという間にできてしまいます。

考えてみると、日本の携帯電話サービスは、15年も前に、「PDS」という方式を採用しましたが、外国は、「GSM」という企画を採用に、そのままになっています。そのため、日本の携帯は海外で使われることなく、日本国内だけで独自の変化を発展をとげてきました。

ガラパゴス諸島のイグアナ。独自の進化を遂げて、そのまま残された。

そのため、外国からはマニアックで「日本独自の奇異なサービス」などと言われてきていて、ガラパゴスなどと揶揄されてきました。

しかし、現在の日本の携帯電話のサービスをみてみると、グリー、モゲバーなどはじめかなり豊富です。これだけ、豊富なのは世界でも日本くらいなものかもしれません。それから、ブログ数に関しては、携帯はむろんのことパソコン用でも日本のものが世界で最も数が多いです。英語人口のほうが、はるかに多いはずなのに、日本語のブログのほうが多いということは驚くべきことです。それに、携帯電話のコンテンツ、アニメから動画、小説などの読み物までかなり豊富で見ていて飽きることがありません。それだけ、日本は、この種のサービスやコンテンツの幅も奥行きも深いということです。

小林清親画 東京小梅曳船夜図

しかし、この状況も変わりつつあります。最近では、iPhone 3Gなども日本で発売されるようになり、「GSM」だけではなく、国際規格の一つであ「3.5G」に対応しています。だから、日本でiPhone用に開発したアプリなどは、世界中で使えます。iPhoneから遅れて、今年発売された「アンドロイド携帯」も同じことです。

こうした、携帯電話の世界共通企画が普及するにつれて、日本のアプリも世界中に配信されることになり、世界の人々の評価も変わってくると思います。

私は、日本の携帯向けサービスやコンテンツは、きっと、日本の鎖国が終わった明治維新の頃の浮世絵のように、世界中で高い評価を受けるのではないかと思います。日本が鎖国している間に洗練された、日本の浮世絵は、明治維新以降世界の人々に新鮮な驚きと、芸術界にも大きな影響を与えました。同じように料理の世界では、和食が相当影響を与えています。フランス料理は、京料理のエッセンスを取り入れて、今日に至っています。そうして、浮世絵が世界の芸術に影響を与えたように、日本の携帯のサービスやコンテンツが世界各国のそれに大きな影響を与えていくのではないかと期待しています。

【関連記事】

NTTドコモが「2009年夏モデル」18機種を発表、Android端末は6―7月発売 ― Andoroidは携帯の世界だけでなく、OSの世界、Webの世界を革新する!!

中国携帯電話事情―80後世代分類のツールともなるか?


ADs by yutakarlsn


ピザ・テンフォー今月の企画は-ダブルスマイルセット!!です



以下のバナーをクリックしていただくと、楽天デリバリーに飛びます!




ピザテンフォー一昨年の楽天デリバリーの「ファミリーへのおすすめ」部門で、堂々の2位となりました。ますます、便利になったテンフォーを是非ご利用ください。

YUTAKARLSON、USA 市長からのお願い

ランキングは、ありきたりのは面白くないので、私の街に是非投票してください。この私の街は、サイバー上のアメリカ国内に設置してあります。街の名前は、YUTAKARLSONと いいます。この街は、皆さんからのアクセスがあれば、アクセス数が街の住民数となり発展していきます。職場整備、交通の整備などはひと段落していますので、今度は人口を増やす必要があります。せびポチッと一つお願いいたします。

⇒⇒YUTAKARLSONの住民募集!!←←






6 件のコメント:

ミズミズ さんのコメント...

訪問ありがとうございました。

Blogも大変興味深く拝見させていただきました。

これからもヨロシクお願いいたします。

猫侍 さんのコメント...

こんにちわ(@^^)/~~~
コメントありがとうございます。
そうですね。
日本人って、やはり加工だの工夫だのが上手い民族というか、そういった部分での探究心が旺盛なんですかね。
国内でも賛否の蛇行を繰り返しながらも独自の進化を遂げていき、いづれは世界に誇れるほどの文化を作り上げてゆく。
顔文字、なんてのもそうですし、
絵文字、なんてのもそうですし、
蓋を開けてみれば海外から真似をしたくなるほどの商品価値が出来上がっている。
おっしゃられたように、日本のブログ人口なんてのは世界でも群を抜いているみたいです。(比率)
いつしか日本の携帯電話も、日本のブログ文化も、海外が是非!と真似をしたくなるものに進化を遂げている可能性があります。
その時には日本の文化は第二、第三の浮世絵となっていることでしょう。

ウエッチー さんのコメント...

yutakarlsonさん

はじめまして。ウエッチーと申します。ボクのブログへのコメントありがとうございました。
確かに、携帯コンテンツは、日本が現状をブレークスルーするための、
力強い武器になりそうですね。

ボクは
「ガラパゴス」という言葉は、あまり適切でない気がしておりました。
「規格が違う」「進化している」というだけで、
これから先、世界中に展開し、統合される可能性があるからです。

それにもかかわらず、
評論家・専門家は、エキセントリックに日本はダメだといいます。
でも本来、世界に先立つ経験を活かし、リーダーシップを持って、
牽引してゆく存在になるべきですよね。

ボクも期待して、フォローしていこうと思いますよ。

山田 豊 さんのコメント...

ミズミズ様 コメントありがとうございます。これからも、お気軽にお立ちよりください。



猫侍様 コメントありがとうございます。きのうテレビをみていたら、渋谷のかわいい系ファッションショーをパリでやって、地元からは斬新で、目新しいく、パフフルという高い評価を得ていました。確かに、彼らには、リアル・ファッションは目新しく新鮮で、パワフルにうつったことでしょう。
日本には、まだまだ、売り物になるすばらしいものがたくさんあります。猫侍様のおっしゃるとおり、携帯コンテンツが浮世絵と同じように評価されるときには、第二、第三の浮世絵が海外を席巻していることでしょう!!


これからも、お気軽にお立ち寄りください!!!

ウエッチー様 コメントありがとうございます。何か、日本のマスコミの中には、日本がボロクソ、屑国家のようにいう人も大勢いますね。そんな人は、いっそのこと海外に移住すれば?なんて、思ってしまうこともあります。
そうなったら、はじめて日本のありがたみがわかるのでしょうね!!
これからも、お気軽にお立ち寄りください。

塚田スペシャル さんのコメント...

yutakarlsonさん

ういっす!塚田スペシャルと申します

コメントありがとうどざいました!!

ブログも拝見さしていただきました。

本当に携帯のサービスは留まるところ

を知りませんね。

今後も携帯業界から目が話せないです
ね!!

そして今後も我がブログ【塚田スペシャル】からも目が離せないですねw!

山田 豊 さんのコメント...

塚田スペシャル様 コメント有難うございます。日本の携帯コンテンツ、いずれ世界を席巻すると思います。
それから、割り箸はエコの立場から、悪者のようにいわれることがありますが、とんでもないですね。
昔は間伐材、今は建築端材などから創られているので、立派なエコ製品だと思います。それも、世界に冠たるエコ製品だと思います。
これからも、お気軽にお立ち寄りください!!

トランプ減税が富裕層より労働者層を助けたことがIRSデータで証明されたと新聞論説―【私の論評】トランプ減税が花咲いた米国、日本には花さか爺はいないのか(゚д゚)!

トランプ減税が富裕層より労働者層を助けたことがIRSデータで証明されたと新聞論説 ドナルド・トランプ前大統領 <引用元: JustTheNews 2021.12.5 > ヒル紙に先週出た論説は、ドナルド・トランプ前大統領が2017年に実施した減税が富裕層よりも労働者―そして中間層...