2010年5月14日金曜日

あべ静江、エモやんに各党から出馬打診 Qちゃんは辞退―ど素人政治家にはもううんざり!?

あべ静江、エモやんに各党から出馬打診 Qちゃんは辞退(この内容すでにご存知の方は、この項は読み飛ばしてください)
          
        参議員議員候補者ならびに打診を受けている人たち


 夏の参院選に向け、各党が相次いで芸能人やスポーツ選手などの有名人を擁立するなか、国民新党が野球解説者の江本孟紀氏(62)に出馬を打診したことが分かった。江本氏も前向きに検討する意向だ。また、自民党がヒット曲「みずいろの手紙」で知られるあべ静江氏(58)の擁立を最終調整していることも明らかとなった。

江本氏は14日朝、夕刊フジの取材に対し「党本部から出馬の要請は受けている」と明らかにしたうえで、「要請を受けて『今すぐ出ます』と言うわけにはいかない。いろいろ準備が必要で、6月初めにははっきりしたことが言えるのではないか」と述べ、前向きに検討する意向を示した。

江本氏は高知県出身で「エモやん」の愛称で南海や阪神で投手として活躍した。1992年の参院選でスポーツ平和党から出馬して当選。その後、一時民主党入りしたが離党した。2期12年の議員生活の末、2004年に大阪府知事選へ立候補して落選。現在は野球解説のほか、法大スポーツ健康学部の非常勤講師も務めている。

一方、あべ氏出馬の動きはスポーツ報知が報じた。

 あべさんは約550人のプロ歌手が加入する日本歌手協会の常任理事を務め、著作権の保護や新人育成に力を入れている。歌手活動を通してチャリティー活動を行うなど、積極的に社会貢献する姿が買われ、選挙のたびに自民党が出馬を打診していた。

 次期参院選では比例代表からの出馬で調整しており、選挙戦では小池百合子元防衛相(57)にバックアップをさせることも検討中だという。

 ただ、あべ氏の事務所は14日朝、「本人から話は聞いていない。来年に還暦を迎える上、8月まで地方でのコンサートの予定が決まっている。出るとは思えない」と話した。

 こうした中、女子マラソンシドニー五輪金メダリストの高橋尚子さん(38)が3月に民主、自民両党から出馬の打診があり、辞退していた事を明らかにした。ツイッター上では、「決断に拍手を送りたい」と支持する声が広がっている。

ど素人政治家にはもううんざり!?
先日は、民主党より谷亮子が出馬するという話があったばかりです。江本孟紀氏と、あべ静江さんですか?????この人達、それぞれの分野ではそれなりに努力して、功なり名なりとげた立派な人だとは思います。

ただし、どうみても、政治家向けではありませんね。現在、政権交代によって成立した、民主党政権が様々な分野で右往左往しています。それどころか、鳩山さんをはじめとする民主党左翼と、親中派小沢さんが、結託して、権力を握り、日本国解体法案によって、解体を目論んでいます。そうして、すでに、この試みは、子供てあてによって、大きな楔が打ち込まれた状況にあります。本当に恐ろしいことだと思います。

それに、鳩山政権は、何の方針ももたない、場当たり的などうしょうもない政党であることも明々白々になってきています。特に民主党議員は、外交や、安全保障問題に関しては、ほとんど素人集団であることがはっきりしてきました。

それに、現在はデフレ宣言が出されてから、まだ回復宣言もだされておらず、未だデフレの最中にあります。

それに、昨年の夏の選挙では、いわゆる小沢チルドレンが、大量に当選しましたが、彼らには、もう次の選挙ではもどってこれないことは、はっきりしています。

それから、先日もこのブログにも書きましたが、現在自民党の政治家も、民主党のそれも、酷いマクロ音痴であることを掲載しました。経済でも、家計や企業のミクロ経済と、国債やお金を刷ることができる国のマクロ経済との間には雲泥の差があります。現政権では、国民新党の亀井さんを除いて、他の閣僚は、酷いマクロ経済音痴で、家庭の主婦とあまりかわりありません。前原さん、枝野さんも、その例外ではありません。

とにかく、何でも、家庭レベルや、企業レベルと、国のレベルで物事を考えるということは全く異なります。それでも、官僚レベルの仕事であれば、頭が良ければ(だからこそ、公務員試験があります)、ある程度誰でも勤まると思います。しかし、政治家の本来的な任務は、いろいろな事象を理解して、ビジョンを示すことです。指導層であり、日本国の良心を具現する人でなければなりません。普通のサラリーマンレベル、主婦レベル、芸人レベルであってもらっては困ります。

大企業などにおいても、取締役と従業員の間には深い溝があります。会社によっては、この溝は深く、従業員にとっては、別物で、雲の上の人たちというような会社もあります。部長にまでは、どんな人でも努力に努力を重ねれば、運が良ければ,なれる可能性はあります。しかし、取締役というと、ただ仕事ができるとうだけでは務まりません。これが、日本を代表する政治家ともなればそれ以上です。

上の写真の三人、そんな能力があるのでしょうか?多くの国民は、最近の民主党の狼狽ぶりから、政治は素人集団には無理だということを悟ったと思います。人には、いくら努力してもできることと、できないことがあります。それに、人は、自分の身の丈を知らなければなりません。無理して、背伸びすればできるということと、かなり高くて、いくら背伸びをしても最初から届かず無理ということもあります。

まあ、出馬を打診する政治家にも問題がありますが、それを真に受ける方にも問題ありですね。議席さえ獲得できれば、それでいいというのでしょうか。もう、国民新党には投票する気がなくなりました。民主も、自民にも投票したくなくなってきました。どこか,新党で、まともな候補者をたてるところに投票したいです。

高橋尚子さんは、3月に民主、自民両党から出馬の打診があり、辞退していた事を明らかにしたそうで、ツイッター上では、「決断に拍手を送りたい」と支持する声が広がっているそうですが、まともな感覚を持った人なら、これは当たり前ですね。今では、こういう人のほうが少数派になってしまいました。情けないです。

私は、すべての政治家の履歴など知りませんが、きっと、上の三名のような自らの身の丈を知らない人でも、政治家になっている人が沢山いるんでしょうね。だからこそ、日本の政治はいつまでたっても良くならないのだと思います。

しかし、煎じ詰めてみれば、このような候補者に投票する、有権者が悪いということにもなります。次からの選挙では、芸能人や、スポーツ選手には原則、投票しないようにすべきですね。

民主党、事業仕分けのパフォーマンスをするくらいなら、まず、こうした問題に斬り込んで欲しかったものです。日本の政治家の定数は多すぎです。だからこそ、政治家向けでない人も政治家になってしまうというところがあると思います。政治家一人ひとりに、素人であろがなんであろうが、議員としての給料を支払い、その他もろもろの特権を付与しています。あれだけ、人数が多いと、本当に莫大なものになります。というより、船頭多くして船、山に登るのたとえもあります。まずは、議員定数の是正に手をつけて頂きたかったと思います。


それに、世の中の常識に従って、制度改革して経験も知識も、常識も、さしたる成果もないような議員は、給料を安くすること、特権の範囲を狭めること、酷い場合には、クビにするこもできるようにしたらいかがでしょうか?これが、政治主導の第一歩だと思います。民主党は、また順番を間違えています。というより、もう、民主党に道理を求めても無理ですね。はやく、政治の表舞台から姿を消していただきたいものです。

【関連記事】



ADs by yutakarlson
ピザテンフォー昨年10月4日で、創立21周年です!!
長い間のご愛顧真に有難うございます!!
YUTAKARLSON、USA 市長からのお願い
ランキングは、ありきたりのは面白くないので、私の街に是非投票してください。この私の街は、サイバー上のアメリカ国内に設置してあります。街の名前は、YUTAKARLSONと いいます。この街は、皆さんからのアクセスがあれば、アクセス数が街の住民数となり発展していきます。職場整備、交通の整備などはひと段落していますので、今度は人口を増やす必要があります。せびポチッと一つお願いいたします。

コメントを投稿

河野太郎外相、韓国の「独島防衛部隊」に激怒 「関係性を強めていかなければいけないときに」―【私の論評】北に対処するため韓国は当面過去のしがらみを捨てよ(゚д゚)!

河野太郎外相、韓国の「独島防衛部隊」に激怒 「関係性を強めていかなければいけないときに」 閣議後、記者会見する河野太郎外相=20日午前、首相官邸 河野太郎外相は20日午前の記者会見で、韓国軍が竹島(島根県隠岐の島町)を「防衛」するための海兵隊部隊創設を進めているこ...