2021年3月9日火曜日

「バイデンは不在大統領」か 演説やフル記者会見の"義務"を果たさないバイデン大統領に疑義―【私の論評】トランプは大統領選キャンペーンを継続し、バイデンはホワイトハウスを担当していないようだ(゚д゚)!

 「バイデンは不在大統領」か 演説やフル記者会見の"義務"を果たさないバイデン大統領に疑義



未だ果たされぬ義務「一般教書演説」

バイデン大統領が誕生して50日が過ぎたが、まだその義務を果たしていないことがある。 


連邦の現状と大統領の見解を議会に示す恒例の「一般教書演説」のことだ。

 ただ、その年に就任したばかりの大統領が「連邦の実情」を演説するのはおかしいというので「両院合同会議での演説」と呼ばれるが、実質上は「一般教書演説」と変わりはない。

 その演説を、バイデン大統領はまだ行なっていないし、いつ行うか予定も立っていないのだ。

 合衆国憲法第二章第3条は、大統領の義務として次のように定めている。

「大統領は、随時、連邦議会に対し、連邦の状況に関する情報を提供し、自ら必要かつ適切と考える施策について審議するよう勧告するものとする。(後略)」(アメリカン・センター訳)

「ジョー・バイデンは不在大統領」

ジョージ・ワシントン初代大統領は、それを口頭で議会に伝達したが、その後1913年までは文書の形で議会に送付されてきた。以後議会の上下両院会議で演説されるようになり、ラジオからテレビで国民にも直接伝えられることになった。

 演説は、大統領の政策の基本理念と優先順位を示すもので、大統領が行う演説としては最も重要なものと考えられている。

 慣例的に1月最後の火曜日に行われ、オバマ大統領が2009年2月9日に、トランプ大統領が2017年2月15日に行なったことはあるが、3月まで演説が行われなかったことは過去に例がない。

 ある意味で、バイデン大統領はその義務を果たさないまま政権運営を行なっているとも言えるわけで、そろそろ疑義を唱える声も上がり始めている。 

ジョー・バイデンは新型コロナウイルスの危機に当たって、また経済問題についても、さらに中国対策についても国民に説くべき時に不在大統領になってしまっている」

 保守派のジャーナリストのチャールス・コンチャ氏はフォックス・ニュースでこう批判している。

記者会見も行わないのは「自信がないからか」?

コンチャ氏はまた、バイデン大統領が就任以来質疑応答を伴う本格的な記者会見をしていないことも指摘し「大統領が記者団の質問に耐えられるか、自信がないからではないか」とも皮肉を言っている。 

バイデン大統領は就任式以来大統領令を発出した際や記念行事などで記者の質問に答えることはあったが、いわゆる「フル記者会見」はまだ一度も行ってはいない。

 記者団と対立していたトランプ大統領の場合でも、2月16日にはホワイトハウスのイーストルームに記者団を集めて本格的な記者会見を行なっている。

 これについてホワイトハウスのジェン・サキ報道官は5日の記者会見で「大統領は歴史的危機に対応していて記者会見をする余裕がないが、今月中にフル記者会見ができるよう努力している」と言っているので、そのうちに実現するかもしれない。

 いずれにせよ、8100万票という歴史的な得票に推されて就任したバイデン大統領だが、その得票に応えるだけの義務はまだ果たしていないようだ。 

【執筆:ジャーナリスト 木村太郎

【私の論評】トランプは大統領選キャンペーンを継続し、バイデンはホワイトハウスを担当していないようだ(゚д゚)!

トランプ氏は、すでに大統領を辞任しているので、「一般教書演説」をすることはできないですし、する必要もないのですか、実質的にそれに近いことをしています。

それは、先日もこのブログで述べたCPACでの演説です。これについては、このフログでも掲載しました。その記事のリンクを以下に掲載します。
ドナルド・トランプがCPAC2021で基調講演―【私の論評】トランプは未だ意気軒昂(゚д゚)!


詳細は、この記事をご覧いただくものとして、詳細は、この記事をご覧いただくものとして、以下のこの記事よりごく一部を引用します。
ひさしぶりのトランプ演説ですが、未だ意気軒昂です。今後の展開が楽しみです。今後も既存の政治家の枠を大きくはみ出た行動で、米国政界をリードしていくのは間違いないようです。

これは、議会において行われたものではないので、聴衆の反応をみると、まるでトランプによる大統領選挙キャンペーンのようなものにも見えます。これに比較すると、バイデンはもうすでに退場した人のような有様です。この記事でお約束した、この演説の全文の動画と原文とその翻訳を以下に掲載します。

Speaker 1: (00:00)
USA USA USA USA USA.

Donald Trump: (01:24)
Well, thank you very much. And hello, CPAC. Do you miss me yet? Do you miss me yet? A lot of things going on.

ドナルド・トランプ (01:24)
ありがとうございました そして、こんにちは、CPAC。まだ私がいなくて寂しい?まだ私がいなくて寂しい? 多くのことが起こっている。

Donald Trump: (01:36)
There's so many wonderful friends, conservatives and fellow citizens in this room and all across our country. I stand before you today to declare that the incredible journey we've begun together, we went through a journey like nobody else. There's never been a journey like it. There's never been a journey so successful. We began it together four years ago, and it is far from being over. We've just started.

ドナルド・トランプ (01:36)
この部屋には多くの素晴らしい友人 保守派や仲間の市民がいます そして全国各地にも 私は今日皆さんの前に立って 宣言します 私たちが共に始めた信じられない旅は 他の誰もが経験したことのないような旅をしました こんな旅は初めてです これほど成功した旅はない 私たちは4年前に一緒に始めましたが、まだ終わったわけではありません。私たちはまだ始まったばかりなのです。

スピーカー1: (02:04)
アメリカ アメリカ アメリカ アメリカ

Donald Trump: (02:11)
Our movement of proud, hardworking, and you know what? This is the hardest working people, hard working American Patriots is just getting started. And in the end we will win. We will win.

ドナルド・トランプ (02:11)
誇りを持って勤勉に働く私たちの運動は 勤勉な働き者、勤勉なアメリカの愛国者たちの動きは始まったばかりです。そして最後には我々は勝つでしょう 私たちは勝つでしょう。

Donald Trump: (02:29)
We've been doing a lot of winning as we gather this week, we're in the middle of a historic struggle for America's future, America's culture, and America's institutions, borders, and most cherished principles. Our security, our prosperity, and our very identity as Americans is at stake, like perhaps at no other time.

ドナルド・トランプ (02:29)
私たちは今週集まったように 勝利を重ねてきました 私たちはアメリカの未来、アメリカの文化、 アメリカの制度、国境、そして最も大切にしてきた原則のための 歴史的な闘争の真っ只中にいます。私たちの安全保障、私たちの繁栄、そしてアメリカ人としての私たちのアイデンティティは危機に瀕しています。

Donald Trump: (02:56)
So no matter how much the Washington establishment and the powerful, special interests may want to silence us, let there be no doubt. We will be victorious. And America will be stronger and greater than ever before.

ドナルド・トランプ (02:56)
だから、ワシントンの組織と強力な特殊利権者がどれだけ我々を黙らせようとも、疑いの余地はありません。我々は勝利するでしょう そして、アメリカはこれまで以上に強く、偉大になるでしょう。

Donald Trump: (03:18)
I want to thank my great friends, Matt and Mercedes Schlep. Matt, thank you. Thank you. Mercedes, thank you very much. And the American Conservative Union for hosting this extraordinary event. They're talking about it all over the world, Matt. I know you don't like that, but that's okay, all over the world.

ドナルド・トランプ (03:18)
私の偉大な友人 マットとメルセデス・シュレップに感謝します マット ありがとう ありがとうございます。メルセデス、ありがとうございました。保守連盟にも感謝します 世界中で話題になってるわ あなたがそれを好きではないのは知っていますが、それは大丈夫です、世界中で。

Donald Trump: (03:39)
I also want to pay my love and respect to the great Rush Limbaugh who is watching closely and smiling down on us. He's watching and he's loving it and he loves Catherine. Catherine, thank you for being here, so great. Thank you Catherine. He loved you, Catherine. I will tell you that. Fantastic. Thank you Catherine very much.

ドナルド・トランプ (03:39)
また、間近で見ていて、私たちを見下ろして微笑んでいる偉大なRush Limbaughにも愛と敬意を表したいと思います。彼は見ていて、彼はそれを愛していて、彼はキャサリンを愛しています。キャサリン、ここにいてくれてありがとう、とても素晴らしい。ありがとうキャサリン。彼はあなたを愛していたのよ、キャサリン。私はあなたにそれを伝えるでしょう。素晴らしいわ。ありがとうキャサリン、非常に多くの。


Donald Trump: (04:15)
To each and every one of you here at CPAC, I am more grateful to you than you will ever know. We're gathered this afternoon to talk about the future of our movement, the future of our party, and the future of our beloved country.
 
For the next four years, the brave Republicans in this room will be at the heart of the effort to oppose the radical Democrats, the fake news media, and their toxic cancel culture. Something new to our ears, cancel culture. And I want you to know that I'm going to continue to fight right by your side. 
We will do what we've done right from the beginning, which is to win. We're not starting new parties. They kept saying, he's going to start a brand new party. We have the Republican party. It's going to unite and be stronger than ever before. I am not starting a new party. That was fake news, fake news.

ドナルド・トランプ (04:15)
CPACに来てくれた皆さん一人一人に感謝しています 今日の午後は運動の未来、党の未来、愛する国の未来について話すために集まっています。
 
これからの4年間、この部屋にいる勇敢な共和党員たちは、急進的な民主党、フェイクニュースメディア、そして彼らの有害なキャンセル文化に対抗するための努力の中心となるでしょう。 
私たちの耳には新しい何か、キャンセル文化。私はこれからも皆さんの側で戦い続けます 最初からやっていたことをやります勝つために。新しい政党は作らない 新党を立ち上げると言っていたが 共和党がある 共和党は団結してこれまで以上に強くなるだろう 私は新党を立ち上げるつもりはない あれはフェイクニュース、フェイクニュースだった。


Donald Trump: (05:22)
No. Wouldn't that be brilliant? Let's start a new party and let's divide our vote so that you can never win. No, we're not interested in that. No we have tremendous, Mr. McLaughlin just gave me numbers that nobody's ever heard of before, more popular than anybody.
 
That's all of us. It's all of us. Those are great numbers. And I want to thank you very much. Those are incredible numbers. I came here and he was giving me 95%, 97%, 92%. I said, they're great. And I want to thank everybody in this room and everybody all throughout the country, throughout the world, if you want to really know that. Thank you though. Thank you.

ドナルド・トランプ (05:22)
いや、それは素晴らしいことではないでしょうか?新党を立ち上げて票を分けましょうあなたが絶対に勝てないように そんなことには興味はありません マクラフリン氏は誰も聞いたことのない数字を出してくれた誰よりも人気があるんだ。
 
それが私たち全員です 全員だ 素晴らしい数字です とても感謝しています 信じられないような数字です。私はここに来て、彼は私に95%、97%、92%を与えていました。私は「素晴らしい」と言いました この部屋にいる全員に感謝します そして、この部屋にいる全員と 国中、世界中の全員に感謝します もし、あなたが本当にそれを知りたいならば ありがとうございます ありがとうございます。


Donald Trump: (06:02)
We will be united and strong like never before. We will save and strengthen America. And we will fight the onslaught of radicalism, socialism, and indeed it all leads to communism once and for all. That's what it leads to. You'll be hearing more and more about that as we go along. But that's what it leads to. You know that. We all knew that the Biden administration was going to be bad. But none of us even imagined just how bad they would be and how far left they would go. He never talked about this. We would have those wonderful debates. He would never talk about this. We didn't know what the hell he was talking about actually.

ドナルド・トランプ (06:02)
我々はかつてないほど団結して強くなるだろう。我々はアメリカを救い、強化します。そして我々は過激主義の猛攻と戦うでしょう社会主義、そして実際にすべてが共産主義につながります。それはそれが導くものです。そのことについては、もっともっと聞くことになるでしょう。しかし、それはそれが導くものです。分かってるだろ バイデン政権が悪くなるのは分かっていたが だが誰も想像もしていなかった彼らがどれほど悪くなり左翼になるか 彼はそんな話をしなかった 素晴らしい討論会をしたのに 彼はこれについては決して話しませんでした。私たちは、彼が実際に何を話していたのか分からなかったのです。

Donald Trump: (06:48)
His campaign was all lies. Talked about energy, I thought I said, "This guy actually, he's okay with energy." He wasn't okay with energy. He wants to put you all out of business. He's not okay with energy. He wants windmills, the windmills. The windmills that don't work when you need them.
 
Joe Biden has had the most disastrous first month of any president in modern history. That's true. Already the Biden administration has proven that they are anti jobs, anti-family, anti borders, anti energy, anti-women, and anti science. In just one short month, we have gone from America first to America last. You think about it, right? 
America last. There's no better example than the new and horrible crisis on our Southern border. We did such a good job. It was all worked. Nobody's ever seen anything that we did. And now he wants it all to go to hell. When I left office just six weeks ago, we had created the most secure border in us history.

ドナルド・トランプ (06:48)
彼の選挙運動は全て嘘だった エネルギーの話をしていて思ったんだけど "彼は実際にはエネルギーに強いんだ "ってね 彼はエネルギーは大丈夫ではなかった。彼はあなたのビジネスのすべてを排除したいと思っています。彼はエネルギーは大丈夫じゃない 彼は風車を欲しがっている。必要な時に働かない風車だ。
 
バイデンは史上最も悲惨な最初の1ヶ月を過ごしました 確かに すでにバイデン政権は反雇用、反家族、反国境、反エネルギー、反女性、反科学であることを証明しています。わずか1ヶ月でアメリカ第一から最後のアメリカになった 考えてみてください。 
最後のアメリカ 南部国境での新たな恐るべき危機に勝るものはありません。我々は良い仕事をした 全てがうまくいった 誰も我々がしたことを見たことがない そして今、彼はそれを全て地獄に落とすことを望んでいます。私がちょうど6週間前にオフィスを去ったとき、我々は歴史上最も安全な国境を作成していました。

Donald Trump: (08:06)
We had built almost 500 miles of a great border wall that helped us with these numbers because once it's up, they used to say, "A wall doesn't work." Well, you know what I've always said, walls and wheels.
 
Those are two things that will never change. The wall has been amazing. It's been incredible and little sections of it to complete, They don't want to complete it. They don't want to complete little sections in certain little areas. They don't want to complete. But it's had an impact that nobody would have even believed. 
It's amazing considering that the Democrats' number one priority was to make sure that the wall would never, ever get built, would never, ever happen, would never get financed. We got it financed. We ended catch and release, ended asylum fraud, and brought illegal crossings to historic lows. 
When illegal aliens trespass across our borders, they were properly caught, detained and sent back home. And these were some rough customers. I want to tell you some rough customers were entering our country.

ドナルド・トランプ (08:06)
国境の壁を500マイルに渡って 築き上げてきました それがこの数字を支えています なぜなら、壁が完成した後は 「壁は効かない」と言われていたからです。 私がいつも言っていることを知っているだろう。壁と車輪だ それは決して変わらない 壁は素晴らしい 完成させようとしたが 完成させようとしなかった。 特定の小さなエリアの 小さなセクションを完成させたくない。 彼らは完成させたくないんだ。
 
しかし、誰も信じられないほどの影響力を持っています。民主党の第一の優先事項は壁を絶対に作らせないことだったのに、壁は絶対に作らせない、絶対に起こらない、絶対に起こらない、絶対に財源にならない。我々は資金を調達した 私たちはキャッチ&リリースを終了させ、亡命詐欺を終了させ、歴史的な低水準に不法入国をもたらしました。 
不法入国者が国境を越えて不法侵入した時、彼らは適切に捕らえられ、拘留され、帰国させられました。そして、これらは、いくつかの荒い顧客でした。私は、いくつかの荒い客が私たちの国に入ってきていたことをお伝えしたいと思います。

Donald Trump: (09:16)
It took them the new administration only a few weeks to turn this unprecedented accomplishment into self-inflicted humanitarian and national security disaster by recklessly eliminating our border, security measures, controls, all of the things that we put into place.
 
Joe Biden has triggered a massive flood of illegal immigration into our country, the likes of which we have never seen before. They're coming up by the tens of thousands. 
They're all coming to take advantage of the things that he said that's luring everybody to come to America. And we're one country. We can't afford the problems of the world, as much as we'd love to. We'd love to help. But we can't do that. So they're all coming because of promises and foolish words.(動画では、上記演説文最後の、…foolish words. のあたりが 8:48 です。)

ドナルド・トランプ (09:16)
新政権はわずか数週間で、この前代未聞の成果を 自業自得の人道的・国家安全保障上の災害に変えました 無謀にも国境を排除し、安全対策、管理、われわれが設置したすべてを変えたのです。
 
ジョー・バイデンは不法移民の大洪水を引き起こしましたこれまでに見たことのないようなものです 何万人も集まってきています 彼が言ったことを利用して アメリカに来るように誘っています 我々は一つの国だ 世界の問題を抱えている余裕はありません。私たちは助けたいと思っています。しかし、私たちはそれを行うことはできません。だから、約束や愚かな言葉のせいで、みんな来ているのです。

演説の文章は、動画の 8:48 まで。。。・・・and foolish words. (8:48)まで。
この状況をみていると、ジョー・バイデン氏は、副大統領候補になるカマラ・ハリスに大統領職を禅譲する「つなぎの大統領」になってしまうのかとの疑念を抱かざるを得ません。

バイデンとカマラ・ハリス

そうして、これには決して根拠がないわけではありません。77歳のバイデン氏は、今回当選すれば二期目の再選には出馬しないと周辺に漏らしていたと伝えられ、そのためにも副大統領は「すぐにでも大統領職を譲れる人物」を選ぶべきだと考えていたと言われています。

事実、2019年4月末にはオンラインの資金集め集会で次のように語っていました。
「私は“つなぎ”役だと思っています。ピート市長のような人物を政権に入れるための候補者なのです」
ピート市長とは、この時すでに民主党の大統領候補選抜から脱落していたピート・ブティジェッジ氏のことですが、その人選よりも"つなぎ”(transition)と言う言葉が関係者の関心を集めていました。

さらに、ハリス氏を副大統領候補に起用すると支持者に知らせたメールの一文が、バイデン氏の政権禅譲の憶測に拍車をかけることになりました。
「私はカマラ・ハリスがトランプとペンスとの戦いを助け、その後2021年1月以降は、この国を導いてゆく最善の選択だと考えた」
ここは「2021年1月以降は、この国を導いてゆく私を助ける最善の選択」としないと、ハリス副大統領が大統領を差し置いて国を導いて行くことになってしまいます。

歴代の米国大統領の中で自らその職を退いたのは、ウォーターゲート事件で弾劾されて辞任したリチャード・ニクソン第37代大統領だけです。もしバイデン氏が任期中に健康上の理由などで辞任するとなれば、「強制されずに辞任した最初の大統領」ということになります。

バイデン氏には、一期目を全うして二期目に出馬しないという選択肢もあるが、それでは後任者が一から選挙運動を立ち上げなければならないです。後継者がいったん大統領となり再選を図る方が有利だというのだろうが、それではバイデン政権はほぼ3年で終わり、本当に“つなぎ”役の大統領になってしまいます。

ハリス氏起用直前に世論調査会社ラスムッセンが行った調査では、有権者の59%が「もしバイデン氏が当選しても、4年以内に副大統領がとって代わっているだろう」と回答していました。それも共和党支持者だけでなく、民主党支持者も49%がそうなると考えていることを示していました。

バイデンとオバマ

現状では、バラク・オバマ、スーザン・ライス、カマラ・ハリスは、弱体化した大統領に対して過度の影響力を行使する可能性があります。これは、バイデン政権に関連する最も影響力のある人物のほんの一部です。ジョー・バイデンはホワイトハウスを担当していないようです。

【関連記事】

米国民の約9割「中国は敵か競争相手」 全米調査―【私の論評】既存タイプの政治家バイデンはトランプのように中国との対峙を最優先にすることなく、結局何もできなくなる可能性が高い(゚д゚)!

バイデン政権、中国融和の兆し―【私の論評】バイデン政権は、かなり短命になる可能性も(゚д゚)!

中国の台頭を招くバイデン政権の外交安全保障政策に備えよ―【私の論評】日本のやるべきことは、トランプ政権時代と変わらない!仲間を増やすことと潜水艦隊の強化(゚д゚)!

バイデン政権、ウイグル族大量虐殺を追認 相次ぐ対中強硬発言の背景にトランプ氏の“置き土産” 石平氏「撤回すれば猛批判」―【私の論評】トランプの置き土産は、厳しい中国対応だけではない(゚д゚)!

バイデン政権、対中強硬派のキャンベル氏を起用―【私の論評】対中国強硬派といわれるカート・キャンベル氏の降伏文書で、透けて見えたバイデンの腰砕け中国政策(゚д゚)!

0 件のコメント:

政府「特定技能2号」拡大検討 在留期限なし―【私の論評】政府も産業界も実質的な移民政策を実行することで、自分たちの首を絞めることに(゚д゚)!

政府「特定技能2号」拡大検討 在留期限なし  政府は人手不足に対応するため、外国人労働者の在留資格を緩和する方向で検討に入った。事実上、在留期限がなく、家族帯同も認められる在留資格「特定技能2号」について、現在の建設と造船・舶用工業の2業種だけでなく、人材確保が困難な農業や宿泊業...