2022年2月25日金曜日

蔡総統「台湾とウクライナの状況は本質的に異なる」―【私の論評】日本が普通の国になれば、世界は今より平和になる(゚д゚)!

蔡総統「台湾とウクライナの状況は本質的に異なる」


蔡英文(さいえいぶん)総統は25日、「ロシアによるウクライナへの主権侵害を厳しく非難する」と述べ、台湾として国際社会のロシアに対する経済制裁に参加する方針を示した。また、「台湾海峡の状況とウクライナの状況は本質的に異なる」と強調した。

蔡総統は南部・台南市の成功大学で開かれた高機能試験水槽の拡張工事起工式に出席し、あいさつした。試験水槽は船艦の開発に用いるもので、蔡政権が推進する艦船の国産計画において大きな役割を果たすことが期待される。

蔡総統は、台湾には台湾海峡の険しさや戦略地政学上の地位があるだけでなく、本土を守る国軍の意志や戦力も向上し続けているとし、地域の安全に対する注視と努力によって、台湾の安全を守る強い自信をつけていると述べた。また、外部勢力と現地の協力者がウクライナ危機に乗じて恐怖をあおる誤情報を操り、台湾社会の人々の士気に影響を与えるのを避けるため、認知作戦への防衛を強化するよう呼び掛けた。

工事では、長さ165メートル、深さ4メートル、幅8メートルの成功大学えい航水槽を長さ285メートル、深さ5.5メートル、幅8メートルに拡張する。完成すれば、大学の模型船試験水槽としては世界で2番目の大きさになる。

【私の論評】日本が普通の国になれば、世界は今より平和になる(゚д゚)!

蔡英文相当が語るように、台湾とウクライナでは、地政学的にみても全く異なります。ロシアがウクライナに侵攻したように、中国が台湾に侵攻できるかといえば、それほど容易なことではありません。

まずは、ウクライナとロシアが陸続きであるという点が異なります。中国と台湾は海洋で隔てられています。

このブログでも、中国による台湾侵攻は、簡単にいうと海上輸送力の脆弱さによる不可能であることを何度か掲載しています。そもそも中国が台湾に侵攻するとすれば、台湾を併合するためであり、台湾を破壊することが目的ではありません。併合するのは、実はかなり難しいです。

それについては、このブログで何度か掲載していますが、以下の記事を参考にしています。これは、非常に理解しやすいので是非ご覧になってください。
【兵力想定】中国最大の「台湾上陸作戦」

ロシアによるウクライナ侵攻を受け、中華民国外交部(日本の外務省に相当)が25日、ロシアを非難すると共に国際社会の対ロシア経済制裁に加わるとするプレスリリースを発表しました。内容は以下のとおりです。
中華民国台湾政府は、ロシアが国連憲章に違反して戦争を発動し、武力を以てウクライナに侵攻、ウクライナの領土を無理やり占拠したことを強く非難する。ロシアの行為は地域及び全世界の平和と安定を破壊するのみならず、ルールに基づいた国際秩序ならびに各国の主権と領土の一体性を維持・保障する国際法の体系に対する最も深刻な脅威と挑戦になるものである。

中華民国台湾は国際社会における民主主義陣営の一員として、民主・自由・法治・人権といった普遍的かつ核心的な価値を固く守っており、ロシアが外交交渉という平和的手段で争いを解決せず、「力に任せて弱者を攻撃する」武力での威嚇手段を選択したことに遺憾の意を表する。ロシアにウクライナへの軍事侵略を止めるよう促すため、また各方の平和的な対話を速やかに再開させるため、中華民国台湾政府は国際社会の対ロシア経済制裁に加わることを宣言する。

中華民国台湾政府はウクライナの主権の独立と領土の一体性に対する尊重を改めて表明すると共にそれを呼びかける。また、武力や脅迫といった方式で一方的に現状を改変することに反対し、各方が国際法の枠組みの下、平和的かつ理性的な対話と交渉を通じて立場の違いを解決することを支持する。我が国はこれからも米国など理念の近い国々と緊密に協調し、適切に対応していくことで、ウクライナが早期に戦禍から抜け出せるよう助け、地域と全世界の平和と安定を回復させる。

日本も、これくらいの声明を出してほしいものです。 

さて、ロシアによるウクライナ侵攻ですが、日本の報道をみていると、もうすでに決着がついて、ウクライナはロシアに負けてしまうだろうというような報道ぶりです。

私は、今でもロシアがウクライナに全面的に侵攻し、全土を一時的にでも制圧することはできないのではないかと見ています。それは、このブログにも掲載したように、ロシアは兵站の大きな部分を鉄道に頼っており、脆弱であることが最大の理由です。

そのため、国境付近ではロシアはかなり高いパフォーマンスを発揮できるものの、地上軍が奥地に進撃するにつれて、食糧・水、弾薬の補給が難しくなりパフォーマンスが落ちることになるからです。そうして、当然のことながらウクライナの奥地ではウクライナ側も防御をかためているでしょうから、地上軍が奥地にまで侵攻すれば、人的被害が増えるということもあります。

ロシア鉄道軍

ウクライナ各地で、ミサイル攻撃などが始まっているようですが、多数の地上軍が進撃しているわけではありません。破壊と占拠とはまた別問題であることを考えていただきたいです。

ウクライナを占拠するためには、多くの軍隊を派遣して、それを長期間にわたって、駐留させる必要があります。それは、現在のロシア軍ではかなり難しいです。

そもそも、現状のロシア軍は最盛期と比較するとかなり弱体化されています。その原因は、はっきりしています。現在ロシアのGDPは韓国を若干下回る程度あり、一人あたりのGDPでは韓国を大幅に下回る状況です。無論、旧ソ連の核兵器と軍事技術を継承するロシアは、侮ることはできませんが、それにしてもできることは限られてきます。

ロシア軍は、海軍では多くの艦艇を退役させ、売れる艦は中国に売却しました。例えば、未完成の空母「ワリャーグ」、ソブレメンヌイ級駆逐艦、キロ級潜水艦などです。

空軍では、爆撃機の解体を行い、中国の第一線で使用されている「Su-27」戦闘機も売却しました。

地上軍では、多くの師団(1万人規模の部隊)が解体されました。ミリタリー•バランスによれば、兵員数も、ソ連邦崩壊以前とその後では、半数以下までに削減されました。

極東ロシア地上軍は崩壊前では、40数個師団あったものが、現在では、半数以下の12個旅団(師団の半分から2/3の規模)と2個師団合計8万人です。

これは、4分の1以下になったということになります。軍の地位も下がり、予算も多く削減され、兵員の士気は下がっています。

この状況を見る限りでは、私はNATOが支援し、ウクライナ軍が徹底抗戦すれば、全面侵攻の可能性はかなり低くなると思います。

ロシア軍がウクライナ全土あるいはキエフに全面侵攻を行えば、ロシア軍の兵士は多数負傷するでしょう。その場合、コロナの陽性が1日に20万人も発生しているなど、多くの問題を抱える国内事情がある中で、手厚い医療手当ができるでしょうか。おそらく満足に手当はできないでしょう。

戦争になれば、大統領は兵士に命を懸けて戦えと言います。スペツナツ等の特殊部隊は、勇敢に戦うでしょうが、戦車や歩兵戦闘車で戦う兵士は、生還したいがために、勇敢に突進する行動はとらないでしょう。

このようなロシアの攻撃の主体は、ウクライナ軍の攻撃に晒されない火砲やロケット砲、短距離ミサイル(イスカンデル)を使った戦法になるでしょう。戦闘の詳細までは入ってきていませんが、地上軍同士の大きな激突の報はまだほとんどなく、現状ではミサイル攻撃などが多用されているようで、これに近い経過を辿っているようです。

プーチン大統領は、中国と北朝鮮を除く全世界を敵に回しました。国民をも敵に回すことになるかもしれません。

旧ソ連時代に、旧ソ連は衛星国と言われる国々に不当な政府を立ち上げさせ、その政府を承認し、軍事進攻し、反対勢力を軍事力で潰してきました。

また、プーチンのロシアが、旧ソ連だったバルト3国や東欧諸国に対して、再び侵攻するのではないかという恐怖が高まり、東欧の人々は、ソ連に併合された辛い暗黒の時代を思い出すことになりました。

暗黒の時代の暴挙を、プーチンはこの21世紀になっても実行しているのです。この蛮行により、ロシアは世界の敵になりました。私は、すでにプーチンの終わりが始まったと思っています。

日本は、現在、北方4島を不法に占拠され、不法にウクライナに侵攻しているロシアの隣にいることを忘れるべきではありません。

また、ロシアの侵攻が中国の台湾に対する侵攻作戦の手本とならないように、あらゆる手をつくすべきです。日本には、この暴挙に反対しない中国が隣国であることも忘れるべきではありません。

非難や制裁をもってしてもロシアの暴挙を止めらませんでした。我が国には、ロシアだけではなく、中国や北朝鮮の脅威もあります。

我が国は、現在の憲法のままで、軍事力で他国を踏み潰す行為を止められるのでしょうか。早急に議論し、準備すべきです。

憲法改正以外にも、できることもあります。先日もこのブログに掲載したように、我が国が、現在休止しているすべての原発を稼働させれば、日本のエネルギー問題はすぐに解消し、余剰の石油やガスをEUに提供することができます。これはロシアに対する制裁にもなります。

日本が普通の国になれば世界は今より平和になる

憲法を改正しなくても、防衛費の増加はできます。憲法や法律によって、防衛費が制限されているわけではありません。ただの慣例に過ぎません。これは、早急に検討すべきです。

防衛費を増やせば、今や一人あたりのGDPが韓国を大幅に下回るロシアの軍事力をも凌駕できる可能性はありますし、そもそも、そのようなことを実行していれば、ロシアは東方の脅威があることから、ウクライナに侵攻することなど考えなかったかもしれません。

日本が普通の国になりさえすれば、アジアでの現状の軍事バランスは一挙に崩れ、日本にとってかなり有利になります。中国も台湾を傘下に収めようなどという馬鹿真似は考えなくなるでしょう。

はっきりいいます。日本がいつまでもグダグダしていれば、世界はこれからも戦争が絶えなくなります。日本が普通の国になりさえすれば、世界は今よりももっと平和になります。そうして、これが、中露、北朝鮮そうして、もしかすると韓国が最も恐れることです。

【関連記事】

G7がロシアへの経済制裁を用意 中国は反対を明言―【私の論評】プーチンにとっても今回のウクライナ侵攻は紙一重で地獄をみることになるかもしれない、大きな賭け(゚д゚)!


0 件のコメント:

大学入試の「女子枠」、国立の4割導入へ 背景に「偏り」への危機感―【私の論評】日本の大学のジェンダー入学枠に反対 - アイデンティティ政治の弊害

大学入試の「女子枠」、国立の4割導入へ 背景に「偏り」への危機感  国立大学における女子枠導入の現状は朝日新聞の調査によると、全体の4割に当たる33大学が、入試に「女子枠」を導入済みもしくは導入する方向にある。主に理工系の学部を中心に、学生の多様性確保が狙いとされている。  既に...