2008年3月12日水曜日

Invitation for Jazz(ジャズへのインビテーション)-Keith Jarret キース・ジャレット

"My Funny Valentine / Song" Keith Jarrett Trio


キース・ジャレット(Keith Jarrett、1945年5月8日 - )は、アメリカのジャズ/クラシックピアニスト、作曲家。

ジャズ・ピアニストとして広く認識されているが、クラシック、現代音楽等、ジャンルを超えた音楽表現を身上とする。演奏楽器もピアノにとどまらず、ソプラノ・サックス、パーカッション、ハープシコード、リコーダーなど多岐にわたる。メロディーの美しさもさることながら、中腰の姿勢で、時折うめき声を出しながらピアノを弾く姿が印象的。

来歴

1960年代にアート・ブレイキーのジャズ・メッセンジャーズに参加して注目される。その後、チャールズ・ロイドのグループを経て1970年にマイルス・デイヴィス・グループに参加。初期はチック・コリアとのツイン・キーボード制のなかで、主にオルガンを演奏した。チック・コリアが同バンド退団後はひとりでオルガンとエレクトリック・ピアノを担当し、バンド・サウンド決定の重要な担い手となった。当時のプレイが聴ける公式盤としては、「ライブ・イビル」、「マイルス・アット・フィルモア」が有名。その後のアコースティックが主体の活動に無い、電気楽器でのプレイが聴かれる。1971年には同グループ在籍中のヨーロッパ・ツアーで当時新興レーベルだったECM(Edition For Contemporary Music)のオーナー、マンフレート・アイヒャー(Manfred Eicher)と出会う。その後、完全即興によるピアノ・ソロ・コンサートを数多く行い、ECMより一連のピアノ・ソロ作品をリリース。その高い完成度から名声を確立した。ソロ作品の多くはコンサート・ホールでの実況録音が多く、プログラムの一切無い完全即興によるテンションの高い神がかり的な演奏には定評がある。代表的なソロ作品に、「ザ・ケルン・コンサート」、「ステアケイス」、「サンベア・コンサート」、「パリ・コンサート」、「プレゲンツ・コンサート」、「ラ・スカラ」等がある。ECMではピアノ・ソロやリーダー作のほか、1975年にケニー・ホイーラー、デイヴ・ホランド、ジャック・ディジョネットと録音した「ヌー・ハイ(Gnu High)」などがある。

1983年にゲイリー・ピーコック、ジャック・ディジョネットらと結成したトリオは、20年以上にわたって活動を続けているジャズ史上でも稀有なユニット。また、1970年代には2つのカルテットを率いていたが、いずれも解散。

1990年代後半から2000年頃は、病気のためにその活動を中断していた。(病名は慢性疲労症候群とされる)2000年より少しずつ活動を開始し、ソロや前述のトリオでの活動を継続しているが、全盛期のようなハイ・テンションな演奏は影をひそめており、ベース・ドラムとのコラボレーションに重きを置いた演奏となっている。

クラシック演奏に関しては、1980年代後半から1990年代にかけてバッハやヘンデルといったバロック期の作品や、モーツァルト、ショスタコーヴィチの作品を演奏した。この際の録音や演奏活動に使用したハープシコードやクラヴィコードは、復刻作品ではなく、日本の制作家高橋辰郎の独自の音響理論による楽器を、わざわざ江戸川区の工房を探し当てて発注したことでも知られる。

主な活動ユニット

* キース・ジャレット・トリオ(スタンダーズ・トリオ)(1983年 -)
o ゲイリー・ピーコック - double bass
o ジャック・ディジョネット - drums

* アメリカン・カルテット(1971年 - 1976年)
o チャーリー・ヘイデン - bass
o ポール・モチアン - drums
o デューイ・レッドマン - tenor saxophone

* ヨーロピアン・カルテット(1974年 - 1979年)
o ヤン・ガルバレク - tenor saxophone、soprano saxophone
o パレ・ダニエルソン - double bass
o ヨン・クリステンセン - drums

ジャズの帝王マイルス・デイビスが他界していわゆる、ジャズの大御所中の大御所になったジャレット。好きなジャズ・ピアニストを一人だけ挙げろと言われれば、私は迷わずKeith Jarrettを挙げます。理由は簡単。星の数ほどいるピアニストの中で、彼ほどピアノという楽器を通して大きな音楽的感動を与えてくれるミュージシャンは他にいないからです。一時難病といわれ、復活は不可能ではないかと言われたが、見事に復活、その直後に出したピアノソロのCD「The Melody At Night, with You」は今でも私愛聴版です。誰が聴いても深い感動を感じると思います。ピアノソロとしては、最高傑作の一つではと思います。

■The Melody At Night, With You (ECM)

これまでピアノ・ジャズのLP/CDを聴いて、文字通り感動できたのは彼のアルバムだけですし、彼の音楽に巡り合っていなかったら今頃私はジャズを聴いていなかったかもしれません。Keithの魅力は多々ありますが、中でも彼お得意の「焦らしと止(とど)め」は他のピアニストには決して真似の出来ないものでしょう。よくKeithの音楽は美しいといわれますが、のべつまくなし美しいわけではなく、一つの演奏の中でその美しさに触れられるのはほんの瞬間です。それまでさんざん焦らされて、最後に極上のフレーズで止めを刺してもらう、これこそがKeith鑑賞の醍醐味であろうかと思います。およそ優れたソロというものはストーリー性を有していますが、その点でKeithというミュージシャンは間違いなく現代最高の語り部でしょう。

KeithのECM作品は非常に多く、ECM以外のレーベルからリリースされた作品も含めると膨大な数にのぼります。Charles Lloyd Quartet時代の作品や、ECM New Seriesのクラシックものなど私自身未聴のものも多く、ここで取り上げられているものも彼の作品の一部に過ぎません。彼の正確なディスコグラフィについてはこちらを参照して下さい。

ADs by yutakarlson

ピザテンフォー3月の企画はMサイズピザ×2枚で2,200円ぽっきりです。(この企画は08年三月末日までです。最新の企画を知りたい方は最新のブログ記事をご覧下さい)

テンフォーのピザは楽天デリバリーからも購入できます!!

ピザテンフォー昨年の楽天デリバリーの「ファミリーへのおすすめ」部門で、堂々の2位となりました。ますます、便利になったテンフォーを是非ご利用ください。

YUTAKARLSON、USA 市長からのお願い

ランキングは、ありきたりのは面白くないので、私の街に是非投票してください。この私の街は、サイバー上のアメリカ国内に設置してあります。街の名前は、YUTAKARLSONと いいます。この街は、皆さんからのアクセスがあれば、アクセス数が街の住民数となり発展していきます。先月からはじめているので、まだ住民数が少ないで す。最近は、人口も増えましたが、それに伴い失業者も若干ながら発生しています。みなさんの力で、YUTAKARLSONには工場ができました。今度は交 通網を整備する必要があります。交通網を整備するには、下の反転文字列をぜひポチッチとお願いいた します。
→→YUTAKARLSONの交通網整備←←

0 件のコメント:

【国家の流儀】韓国と連動して中国、ロシア、北朝鮮による「日本海」争奪戦が始まる…安倍政権はどう対応するか―【私の論評】二正面作戦不能の現在の米軍では、日本を守りきれないという現実にどう向き合うか(゚д゚)!

【国家の流儀】韓国と連動して中国、ロシア、北朝鮮による「日本海」争奪戦が始まる…安倍政権はどう対応するか 海自のイージス艦「あたご」  韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権は、数年前から日本の防衛費を上回る軍拡を推進しており、このままだと対馬海峡をめぐって日韓...