2008年3月27日木曜日

IT機器「電源対策だけでCO2は大幅減」

米インテルとグーグルが中心に昨年6月に設立したIT(情報技術)機器の団体「クライメート・セイバーズ・コンピューティング・イニシアティブ」。代表のローリー・ワイグル氏に、CO2削減策と目標を聞いた。

何を目的にした団体なのか。

ワイグル氏 パソコンやサーバーなどの電源効率の向上が目的だ。全世界のIT機器のCO2排出量を2010年までに年間5400万トン削減する。

 私が所属するインテルのほか、グーグルやマイクロソフト、デルなど、IT機器本体や部品、ソフトウエアメーカーが100社以上参加している。日本企業で は、NECや富士通などがメンバーだ。クライメート・セイバーズは、WWF(世界自然保護基金)と企業が共同でCO2の排出削減を実施するプログラムで、 削減目標の算出とプログラムの効果をWWFと第三者認証機関が検証する。

具体的なCO2削減策は。

ワイグル 対策は2つある。第1が、IT機器に搭載する電源部品を高効率なものに変えていくこと、第2がパソコンの省電力設定をユーザーに利用して もらうことだ。2つの対策だけで、IT機器のエネルギー効率は50%改善し、CO2削減目標を達成できる。IT機器の省エネは、まだ余地がある。

 現在のパソコンは、コンセントから供給される電力の半分を無駄にしている。パソコンよりも省エネ対策が進んでいるサーバーでも3分の1を無駄にし ている。IT機器はコンセントから供給される交流の電気を、電源や電圧レギュレーターなどの部品で直流に変えて利用する。この部分の変換効率の悪さが問題 だ。効率の良い電源部品を製造時に組み入れるだけで大きな効果が出る。

 一方、省電力設定はマイクロソフトのウィンドウズなどに標準で搭載している機能だ。一定時間、パソコンを操作しないと自動的に休止状態になる。電 池の駆動時間を延ばしたいノート型では利用するのが当たり前だが、デスクトップ型での利用率はわずか10%にすぎない。ユーザーに広報し、利用率を上げて いく。

高効率の電源を搭載すると販売価格が上昇するのでは。

ワイグル 試算ではパソコンで20ドル、サーバーで30ドルほど高くなる。まず、参加企業が高効率の電源を採用することで量産効果を出し、 部品価格自体を下げたい。賄えない分は、政府や電力会社に補助制度の導入を働きかける。既に米国では、電力会社が5~10ドルを補助する仕組みが動き出し ている。

米議会でもITの電力が話題

昨年、米IT企業が温暖化対策を標榜する団体を一斉に立ち上げた。政府から省エネ圧力があったのでは。

ワイグル 確かにIT業界とEPA(米環境保護局)の対話はあったが、拘束力のあるものではない。だが、2006年末に企業のIT機器を預かる施設(データセンター)の電力消費量をEPAが評価する法案が議会を通過するなど、高い関心を持っていることは間違いない。


以上のようなニュースがありますが、実は通常のパソコンで、少なくともウィンドウズXP、Vistaには、電力をセーブする機能がつけられています。ちなみに、この機能にはコントロールパネル⇒パフォーマンスとメンテナンス⇒電源オプションと入っていけます。ここで、さまざまな設定をすることと、画面を少し暗めにすると、消費電力は相当変わってくる。これを大きな会社で全社的に実施することで日々使う電力はかなり低めになるはずだ。特に会社の総務部に所属している会社で、パソコンを多く稼動させている会社であれば、検討してみる価値はあると思います。

ADs by yutakarlson
ピザテンフォー4月1日より、「あつエコ宅配」をします。さらに美味しくなって、環境問題にも貢献するテンフォーを是非ご利用ください!

ピザテンフォー3月の企画はMサイズピザ×2枚で2,200円ぽっきりです。(この企画は08年三月末日までです。最新の企画を知りたい方は最新のブログ記事をご覧下さい)

テンフォーのピザは楽天デリバリーからも購入できます!!

ピザテンフォー昨年の楽天デリバリーの「ファミリーへのおすすめ」部門で、堂々の2位となりました。ますます、便利になったテンフォーを是非ご利用ください。

YUTAKARLSON、USA 市長からのお願い

ランキングは、ありきたりのは面白くないので、私の街に是非投票してください。この私の街は、サイバー上のアメリカ国内に設置してあります。街の名前は、YUTAKARLSONと いいます。この街は、皆さんからのアクセスがあれば、アクセス数が街の住民数となり発展していきます。先月からはじめているので、まだ住民数が少ないで す。最近は、人口も増えましたが、それに伴い失業者も若干ながら発生しています。みなさんの力で、YUTAKARLSONには工場ができました。今度は交 通網を整備する必要があります。交通網を整備するには、下の反転文字列をぜひポチッチとお願いいた します。
→→YUTAKARLSONの交通網整備←←

0 件のコメント:

政府「特定技能2号」拡大検討 在留期限なし―【私の論評】政府も産業界も実質的な移民政策を実行することで、自分たちの首を絞めることに(゚д゚)!

政府「特定技能2号」拡大検討 在留期限なし  政府は人手不足に対応するため、外国人労働者の在留資格を緩和する方向で検討に入った。事実上、在留期限がなく、家族帯同も認められる在留資格「特定技能2号」について、現在の建設と造船・舶用工業の2業種だけでなく、人材確保が困難な農業や宿泊業...