2009年12月11日金曜日

「悪しき前例」 天皇陛下面会の一カ月ルールを逸脱した官邸のごり押し ―中国という国は、普通の国ではない!!

「悪しき前例」 天皇陛下面会の一カ月ルールを逸脱した官邸のごり押し(この内容すでにご存知の方は、この項は読み飛ばしてください)

 中国の胡錦濤国家主席の最有力後継者候補とされる習近平国家副主席の14日からの来日に合わせ、鳩山由紀夫首相は特例的に天皇陛下との会見ができるよう自ら動いた。中国政府のメンツに配慮した格好だが、「政治主導」という名のもとでの「天皇陛下の政治利用」だとの批判が出ている。

 中国政府が日本側に会見を要請したのは11月下旬。外務省は希望日の1カ月前までに申請する「1カ月ルール」を理由に断ったが、首相は今週初め、平野博文官房長官に「何とかならないか」と調整を指示した。

 平野氏は今月7日と10日の2度にわたって宮内庁に電話をかけ、会見実現を要請したという。その背景には、小沢氏一郎幹事長から首相への働きかけがあったとされる。首相自身は11日夜、記者団に「小沢氏から指示があったわけではない」と否定したが、関係者によると、小沢氏は8日ごろ、首相に電話で「会見はやらないとだめだ」と申し入れたという。

 首相はまた、陛下が前立腺がんの手術を受けられた後は厳格に運用されてきた「1カ月ルール」については「杓子(しゃくし)定規でダメだということで国際親善の意味で正しいのか」と疑問を示した。

 一方、宮内庁の羽毛田信吾長官は11日、「心苦しい思いで陛下にお願いした。こういったことは二度とあってはほしくないというのが私の切なる願いだ」と表明。「国の間に懸案があったら陛下を打開役にということになったら、憲法上の陛下のありようから大きく狂ってしまう」と懸念を示した。

 日本には「天皇陛下の政治利用」をめぐり、苦い経験がある。

 宮沢内閣は平成4年、天皇、皇后両陛下ご訪中を決めた。当時の中国は天安門事件による国際制裁や国家イメージの悪化にあえぎ、両陛下のご訪中を度々要請しており、それに押し切られた形だ。ご訪中について、中国の銭其●(=王へんに深のつくり)元外相は回想録で「西側の制裁を打ち破る最も適切な突破口になった」と、その政治的効果を評価した。ご訪中は中国に政治利用されたのだ。

 今回の措置について、百地章・日大教授(憲法)は「明らかに陛下の政治利用そのものだ。1カ月ルールには、ご接見される陛下ご自身にも準備が必要だという理由もある。あしき先例になりかねない」と語る。

 小沢氏ら民主党議員143人の訪中など、鳩山政権は対中傾斜を強めている。しかし、中国に特例を認めたことで今後、他国からも特例を求められかねない。

中国という国は、普通の国ではない!!
このブログでは、過去に中国の異常振りに関しては、何回も掲載してきました。中国は、皆さんもご存知の通り、民主化もされておらず、政治と経済の分離もされておらず、法治国家ともなっていません。

日本との関係でいえば、私たちは、絶対に忘れてはならないことがあります。

平成九年五月九日、自民党行政改革推進本部総会で当時の武藤嘉文総務庁長官が、一九九五年にキーティング豪州首相からこんな話を聞かされたとして明かしたのは、中国の李鵬首相(当時)がオーストラリアを訪問した際、キーティング首相(同)に「日本などという国はあと三十年もすれば潰れてなくなっている」と語ったという話です。

天安門事件での国際社会の制裁を「日中友好」のためにいち早く解除し、天皇訪中を実現して"親中外交"につとめた日本を、中国の首脳部は感謝するどころかこう見なしていたのです。これを日本人はしっかり記憶にとどめておくべきです。

多くの日本人は救いのないほどに中国人に対し甘い幻想を抱いていると思います。中国共産党政府にとって国民の生命などは鴻毛の軽さしかありません。これは、昔からそうですし、これからも変わりません。

たとえば晩年の毛沢東がソ連から大量のICBM(大陸間弾道弾)を購入していることに、訪中したフランスのポンピドー大統領(当時)が、「貴国は本気でアメリカとの全面戦争を考えているのか」と尋ねたのに対し、「場合によったらやるかもしれない。この国は人口が多すぎるから、二、三千万人くらい死んでも一向にかまわない」という答えが返ってきて唖然としたというエピソードは、いまの中国を語るうえでも有効です。

文化大革命の混乱では七千万人が殺戮されました。この甚だしい人命軽視という“中国式”は、太古から今に至るも変わっておらず、これからも変わりません。

人名軽視とならんで、中国の領土的野心は、とどまるところを知りません。最近では、チベット自治区や新疆ウイグル自治区などの問題があります。これらの自治区はもともと外国です。私のブロクでは、櫻井よしこさんが入手したという、中国の国家戦略を示す地図を掲載したことがあります。それを、下に、また再掲します。


先程掲載した、李鵬首相(当時)がオーストラリアを訪問した際、キーティング首相(同)に「日本などという国はあと三十年もすれば潰れてなくなっている」と語ったというのは、上記の国家戦略だと思います。

民主党と、それを支持する人々は、朝貢外交の果てにある、ただ「働いては、中国に貢物をするアリのような民族」になりたいのでしょうか?上の地図にあるように、中国の領土になったり、自治州なっても良いと思っているのでしょうか?私は、そうは思いません。私たちは、子孫に対して立派にこの国を引き渡す責務があります。

中国の次世代リーダーが来るからといって、天皇陛下のご都合を曲げてまで拝謁を許す必要はないと思います。これこそ、無礼であり、礼儀をわきまえない非常識な所業といわざるをえません。まあ、大方の中国人は、そうは思わないでしょう。なにしろ、世界各地において、自国の国の旗を大道で大勢で振り回して暴れまわるような非礼なバカ者共ですから。宮内庁もだらしないと思います。一般常識のない、小沢氏や、鳩山氏をたしなめるくらいのことはして良かったと思います。直前になってキャンセルして、鳩山首相、小沢幹事長の面子をつぶし、共産中国の次世代リーダーの顔に泥を塗っておかえりいただいたらいかがでしょうか?


【関連記事】

ADs by yutakarlson

テンフォー今年もお歳暮承っています、詳細は、ここをクリックしてください。


ピザテンフォー今年10月4日で、創立21周年です!!

長い間のご愛顧真に有難うございます!!

テンフォー今月の企画は、ここをクリック願います!!

テンフォーのピザは楽天デリバリーからも購入できます!!

以下のバナーをクリックしていただくと、楽天デリバリーに飛びます!




ピザテンフォー一昨年の楽天デリバリーの「ファミリーへのおすすめ」部門で、堂々の2位となりました。ますます、便利になったテンフォーを是非ご利用ください。

YUTAKARLSON、USA 市長からのお願い

ランキングは、ありきたりのは面白くないので、私の街に是非投票してください。この私の街は、サイバー上のアメリカ国内に設置してあります。街の名前は、YUTAKARLSONと いいます。この街は、皆さんからのアクセスがあれば、アクセス数が街の住民数となり発展していきます。職場整備、交通の整備などはひと段落していますので、今度は人口を増やす必要があります。せびポチッと一つお願いいたします。

⇒⇒YUTAKARLSONの住民募集!!←


コメントを投稿

河野太郎外相、韓国の「独島防衛部隊」に激怒 「関係性を強めていかなければいけないときに」―【私の論評】北に対処するため韓国は当面過去のしがらみを捨てよ(゚д゚)!

河野太郎外相、韓国の「独島防衛部隊」に激怒 「関係性を強めていかなければいけないときに」 閣議後、記者会見する河野太郎外相=20日午前、首相官邸 河野太郎外相は20日午前の記者会見で、韓国軍が竹島(島根県隠岐の島町)を「防衛」するための海兵隊部隊創設を進めているこ...