2010年3月6日土曜日

札幌で根室名物「エスカロップ」―ワンプレート☆エスカロップ・レシピー



札幌で根室名物「エスカロップ」

escalopes01.jpg
エスカロップの豚カツから湯気が出てます
今朝、Google上昇キーワードをみていたら、なんと懐かしい「エスカロップ」が上位にあったので、本日はこれについて掲載します。根室の人は、喫茶店やレストランに行けば、カレーライスがあるように、フツーに「エスカロップ」がある、と信じているらしいです。
え、エスカロップって何って?
簡単に言うと、バターライスの上に豚カツを載せてデミグラスソースをかけた食べ物です。ポイントはバターライスにみじん切りのタケノコが混ざっていることです。何でも根室市も認めた郷土料理なのだそうです。根室は遠いなぁ、と思っていたら、札幌で正統エスカロップを出す店があると聞き、行ったことがあります。本日は、そのレポートです。
札幌市手稲区、郊外の国道沿いにある「caf'e SAKURA」。

代表の東峰和紀さんは根室出身。「エスカロップは小さいころから、どこの店でも当たり前にありました。根室を出て、他の地域では普通にあるメニューではないと気づきました」。そこで、9年前にオープンしたこの店で、エスカロップを出すことに決めたそうです。
さて、運ばれてきたのは、ボリューム感のあるワンディッシュ。デミグラスソースがかかった、豚カツがおいしそうに湯気を上げていました。
escalopes02.jpg
手のひら大の豚カツはそれほど厚くはないですが、柔らかくジューシー。衣がソースを程よく吸って、うまい。バターライスとソースの相性は言うまでもないが、時折シャキっと、自己主張するタケノコがアクセントになっていました。
豚カツ、バターライス、デミグラスソースはそれぞれ、特に珍しい食べ物ではない。これが組み合わせの妙なんだろうな。などと考えながら、箸が進む(実際にフォーク)。かなりボリュームがあると思いつつ、気がついたらお腹の中へ。うむ、これが地域に愛されてきた定番メニューの底力か…。
escalopes03.jpg皿の上には、ドレッシングがかかったサラダとポテトサラダが盛られていたが、東峰さんによると、根室の人にとってはサラダとりわけ、このポテトサラダが「正統エスカロップ」には欠かせないそうです。
そもそも、「エスカロップ」という名前はどういう意味か…。フランス料理ではカツレツなどにする肉の「薄切り」を「escalopes」と言い、それが語源という説がある。40数年前、根室市内の喫茶店で「開発」されたメニューで、それが市内の喫茶店、レストランに広まったらしいです。
根室では通称「エスカ」。コンビニでもエスカ弁当が売っているとか、バターライスではなくケチャップライスの「赤エスカ」もあるとか…。しかし、どうして根室地方だけに普及したのか…。ちょっとミステリーっぽい。
私自身、はじめてエスカロップを食べたのは、子供の頃で、確か商工会議所も入っている経済センタービルの地下だったような気がします。家族で買い物のときに立ち寄って食べたのが最初だと思います。その後、自分でつくつてみたりもしましたが、なかなか手ごろで美味しくいただくことができました。
下に、レシピーを掲載しておきます。是非皆さんも作ってみてください!!

ワンプレート☆エスカロップ



メイン画像
北海道根室の料理です♪
デミグラスソースととんかつの相性は抜群!!

材料 ( 2人前 )

豚ロース2枚
レタス2枚
ピーマン1個
白米2膳分
冷凍コーン
トマト2/1個
バター1かけら
塩コショウ適量
カツ用衣(天ぷら粉・パン粉)
適量
揚げ油適量
 A
中農ソース
トマトケチャップ
バター1かけら
マヨネーズ
cc
塩コショウ

1 写真
レタス・ピーマンは千切りにして、しゃきしゃき感を出すために、水につけておく。

2
写真
豚ロースは筋切りをした後に薄くなるように叩く。 塩コショウで下味をつける。




3
写真
豚ロースは、少し固めに溶いた天ぷら粉→パン粉で衣をつける




4写真
フライパンで揚げ油をいれ、カツを焼き上げていく。 ※前もって薄くするために叩いているので、少なめの油で大丈夫です。

5
写真
バターライスを作る。 フライパンにバターを溶かしコーンを塩コショウで炒めていく。

6
ある程度火が通ったら白米を入れ、さらに炒め塩コショウで味調える。

7
トマトは4等分にカットする。 キャベツ・ピーマンは水気を切っておく。

8
フライパンにAを全て入れ、混ぜ合わせる。 塩コショウで味を調える。




9

写真
大きめのお皿に全て盛り付け、仕上げにバターライスに乾燥パセリを振りかけたらできあがり!

コツ・ポイント

本場はバターライスにタケノコを加えています。
カツの衣は天ぷら粉とパン粉でうすくし、少量の揚げ油で焼き上げるのがカロリーオフ!!なお、このレシピーでは、身近にあるものを使うということで、デミグラス・ソースは使っていませんが、最近では缶詰などでも販売していますので、それを使えばなお、美味しいです。

このブログ、Funny Restaurantなどと銘打っていますが、最近レストランらしい話題はなく、硬い内容ばかりでした。ひさしぶりの話題です。今後、こうした話題も掲載していこうと思います。よろしくお願いします!!

【関連記事】
■ピザ特集(1)-ピザの歴史
■ピザ特集(2)--ピザの普及
■ピザ特集(3)-世界のピザ
■簡単なローストビーフの作り方
■外食のマナーとは?
■外食のマナー-食事以前(和洋中共通)(1)
■外食のマナー(食事以前・中華)-円卓について
■外食のマナー(食事中・洋食3)-意外と戸惑う食事中の基本
■外食のマナー(食事そのもの・洋食1)
■外食のマナー(食事そのもの・洋食4)-意外と知らないフォークでのいただき方?!
■外食のマナー(食事中・洋食1)-ナイフ・フォーク絶対ではない!
■外食のマナー(食事中1)-高級レストランでの携帯電話と写真は許されるか?!
■外食のマナー(食事中・洋食2)-啜り(すすり)は許容されない!!!
■外食のマナー(食事そのもの2)-ワインとパンはどうするの?!
■外食のマナー(食事そのもの・洋食5)-チーズとワインのマリアージュを味わおう
■外食のマナー(2)-嫌いなもの、食べられないものに我慢するな!でも服装には我慢せよ!
■外食のマナー(食事そのもの・中華)-上手にメニューを選んで美味しくいただきましょう!
■外食のマナー(食事そのもの・洋食3)--スープは飲めるまで、フィンガーボールは手を使っても良いサイン?!
■簡単なローストチキンの作り方




ADs by yutakarlson
ピザテンフォー昨年10月4日で、創立21周年です!!
長い間のご愛顧真に有難うございます!!
YUTAKARLSON、USA 市長からのお願い
ランキングは、ありきたりのは面白くないので、私の街に是非投票してください。この私の街は、サイバー上のアメリカ国内に設置してあります。街の名前は、YUTAKARLSONと いいます。この街は、皆さんからのアクセスがあれば、アクセス数が街の住民数となり発展していきます。職場整備、交通の整備などはひと段落していますので、今度は人口を増やす必要があります。せびポチッと一つお願いいたします。
コメントを投稿

富岡八幡宮事件に見る、組織に「怨念」を抱く者の恐ろしさ―【私の論評】組織の精神を健全に保たなければ怨霊が輩出することになる(゚д゚)!

富岡八幡宮事件に見る、組織に「怨念」を抱く者の恐ろしさ 富岡八幡宮の殺人事件で、容疑者による、関係者やマスコミに宛てた長文の遺書が話題となっている。「怨霊」「祟り」など、真に受け難い文言が書かれているが、事件の舞台が神社である以上、これを「頭のおかしな容疑者の独り言」として...