2010年3月21日日曜日

すべての旧来メディアはiPadに集まる - News Corpのマードック氏の予言将来はGooglのビジネスモデルは、陳腐な公共事業のようになってしまうか?

すべての旧来メディアはiPadに集まる - News Corpのマードック氏の予言(この内容すでにご存知の方は、この項は読み飛ばしてください)

http://journal.mycom.co.jp/news/2010/03/20/016/index.html



将来はGooglのビジネスモデルは、陳腐な公共事業のようになってしまうか?
「音楽、本、新聞などはすべてiPadで再生できるメディアであり、さらに映画などのコンテンツも包含できる。インタラクティブ性もあり、例えばニュースでオバマ大統領の画像をクリックすれば動画で演説が始まるなど、より表現の幅が広がる。広告でも同様のものが実現されれば、より視聴者の本能に訴えることができるというのがマードック氏の主張だ。こうした仕組みは静的コンテンツを前提としたKindleのディスプレイでは表現できず、ゆえにiPadなどのデバイスなのだ」という意見は正しいと思います。

私自身も、従来からの携帯電話やパソコンやネットブックしか使っていなかった時には、このマードック氏の主張は理解できなかったと思いますが、iPhoneを使うようになってから、その意味するところが判るようになってきました。そうでなかったら、理解できなかったかもしれません。

多くの人は、未だiPadの可能性に気づいていないかもしれません。ただ、iPhoneが大きくなっただけという感想を持っている人も多いかもしれません。しかし、そうではありません。まずは,APP(アプリ)という発想が素晴らしいです。そうして、iPhone向けのアプリだと、価格もそんなに高くなく、探せば自分にぴったりのものがあります。従来のパソコンや、ネットブックではソフトの供給方式が良くありません。やはり、アプリ方式が最も優れていると思います。これを採用していること自体が素晴らしいです。マードック氏が、他のスレートPCも含めての話としながらも、iPadの話をしているのは、このためでもあると思います。

それから、普通の携帯電話から、iPhoneに切り替えたことで、画面が大きくなり、いろいろな意味で見通しが良くなりました。これが、iPhoneと似たような、操作性で画面が、10インチ近くになれば、iPadであろうと、スレートPCであろうと、革新的だと思います。この画面の広さというのが、核心だと思います。やはり、体系的で複雑な作業などやることになれば、iPhoneではかなり無理があります。それに、せっかくのHD(高解像度)の動画や、画像であっても、iPhoneの画像では、その区別はつきません。やはり、iPadなみの画面ではじめて体感できるものです。

そうして、これらのデバイスは、キーボードもオプショでつけられますから、つけてしまえば、他のパソコンとあまり変わりません。とはいいながらも、iPadにも、デイスプレイの仮想キーボードもありますから、これでかなりのことがこなせると思います。おそらく、長文の報告書など書く以外はコレで十分でしよう。確かに、今のままでは、複雑な業務は無理ですが、そのうち、iPhoneでは限界だった、iPadやスレートコンピュータにあわせた、Appが出てくるものと思います。それは、iPadの内部だけで動くのではなく、クラウドコンピューティングも使うものになると思います。そうなると、もう、高価なパソコンは必要がなくなります。iPadでも十分です。そうです、従来から比較すると低価格というのも、かなりの魅力です。

たとえば、iPadで複雑な、画像処理ができるとか、膨大なデータにアクセスできるとか、現在では高価なパソコンでないと処理しきれないような複雑な編集作業をするということも可能になると思います。

大方の人には、まだ、iPad専用のアプリがでてきていないので、それが見えていないのではないかと思います。将来のネットブックはほとんどが、iPadやスレートPCになるかもしれません。

いずれにせよ、これから、iPhoneの限界を突き破る、iPad専用のAppが沢山開発され、多くの人が使えるようになると思います。その時に、iPadは、その真価を発揮すると思います。これからの、PCの世界の発展が楽しみです。これからも、何か新しい話がでてきたら、レポートします。グーグルも、広告のビジネスモデルだけではなく、Nexus oneを発売しはじめたり、アメリカでは、ギガレベルの通信速度通信インフラを提供する事業を開始しています。

マードック氏が指摘するようなことについて、脅威を感じている査証かもしれません。ただし、私自身は、Googleのビジネスモデルも今や当たり前になりましたが、やはり、革新的でこれからも存在し続けると思います。でも、当面は大丈夫だと思いますが、それだけだと、いずれ、世の中にありふれた公共的な水道や電気の事業と同じような存在になってしまうと思います。そうして、グーグルはこれを最も恐れているということを聞いたことがあります。iPadの新たなビジネスモデルは、実はこれを促進するようになるかもしれません。だから、これからもいろいろと模索すると思います。ひよっとしたら、Google Chrom OS搭載の、iPadのようなパソコンも販売するかもしれませんね。そうなると、面白いですね。Googleは、ソーシャル分野では遅れをとっていますから、なにせ最近アメリカ国内でソーシャルに特化した、Facebookにアクセス数では追い抜かれたそうてですから、このようなパソコンに、いままで誰も考えつかなったソーシャル機能を搭載するかもしれません。そんな事になれば,ますます面白いですね。

【関連記事】
■Apple、9.7型タブレット「iPad」を発表 - 電子書籍用ショップ「iBookstore」も―あとはWi-Fiのインフラが整ってくれればベストなのだが?
■Googleが次世代広告配信技術を発表、売り上げ最大化へ4分野改良-やはり広告にもイノベーションですね!!
MS、新型タブレット「スレートPC」を発表 年内発売へ-Windows7はこの前触れ立ったのか?!
タッチスクリーンを搭載したAppleのネットブックは新たな音楽フォーマットに対応か―この新たなサービスは根付くか?そうして端末は?
■グーグルがパソコンOS開発、当初はネットブックに搭載へ―マイクロソフトの牙城を崩し新しいスタンダードとなるか?
■Nokiaがネットブック市場に参入,モバイル通信機能付き「Nokia Booklet 3G」を発表-携帯電話会社の参入は始めて!!
■「最も利用されているスマートフォン」1位、2位をiPhone 3G/3GSが独占―私は、今月買ったばかりです!!




ADs by yutakarlson
ピザテンフォー昨年10月4日で、創立21周年です!!
長い間のご愛顧真に有難うございます!!
YUTAKARLSON、USA 市長からのお願い
ランキングは、ありきたりのは面白くないので、私の街に是非投票してください。この私の街は、サイバー上のアメリカ国内に設置してあります。街の名前は、YUTAKARLSONと いいます。この街は、皆さんからのアクセスがあれば、アクセス数が街の住民数となり発展していきます。職場整備、交通の整備などはひと段落していますので、今度は人口を増やす必要があります。せびポチッと一つお願いいたします。
コメントを投稿

【激闘10・22衆院選】自民危ない与野党大接戦の59選挙区 立憲民主追い風、失速から挽回試みる希望 選挙プランナー分析―【私の論評】実体は民主党菅政権の立憲民主党に引導を渡せ(゚д゚)!

【激闘10・22衆院選】自民危ない与野党大接戦の59選挙区 立憲民主追い風、失速から挽回試みる希望 選挙プランナー分析 希望の党の失速で、枝野代表率いる立憲民主党は 躍進の勢いだ=17日午前、東京都葛飾区 10・22衆院選の投開票日まで1週間を切った。報道各社は中盤情...