2023年7月6日木曜日

バイデン大統領、スウェーデンのNATO加盟に改めて全面的支持を表明 クリステション首相と会談―【私の論評】スウェーデンは、ロシアバルチック艦隊をバルト海に封じ込めることに(゚д゚)!

バイデン大統領、スウェーデンのNATO加盟に改めて全面的支持を表明 クリステション首相と会談

バイデン大統領

 NATO=北大西洋条約機構の首脳会議を来週に控え、アメリカのバイデン大統領は5日、NATO加盟の手続きを進めるスウェーデンの首相と会談し、改めて加盟への全面的な支持を表明しました。

 バイデン大統領「結論はシンプルだ。スウェーデンは我々の同盟(NATO)をより強くしてくれるし、同じ価値観を持っている」

 会談でスウェーデンのNATO加盟を全面的に支持したバイデン大統領に対し、スウェーデンのクリステション首相も、「我々はNATO全体に安全を提供するために貢献できる」と述べ、改めて加盟に意欲を示しました。

 スウェーデンのNATO加盟には全ての加盟国の承認が必要ですが、トルコとハンガリーが難色を示しています。

 こうした中、アメリカのブリンケン国務長官は5日、トルコの外相と電話で会談し、スウェーデンの加盟を支持するよう求めました。

【私の論評】スウェーデンは、ロシアバルチック艦隊をバルト海に封じ込めることに(゚д゚)!

北欧のフィンランドとスウェーデンは、ロシアのウクライナ侵攻を受けて、NATOへの加盟を検討しています。フィンランドは、ソ連による1939年の冬戦争を経験しており、NATOへの加盟により、ロシアの侵攻を防ぐことができると考えています。スウェーデンも、NATOへの加盟により、軍事力を強化し、ロシアの脅威から身を守ることができると考えています。

NATOは、フィンランドとスウェーデンの加盟を歓迎しており、両国は、6月末のマドリードでのNATO首脳会議で加盟が招請される見通しです。しかし、ロシアは、NATOの北方拡大を強く反対しており、加盟手続きが完了するまでの期間に、軍事的な揺さぶりをかけてくる可能性があります。NATOは、平時のペースではない手続きの加速化が求められています。

フィンランドとスウェーデンのNATOへの加盟は、ヨーロッパの安全保障体制に大きな影響を与える可能性があります。NATOは、ロシアの脅威に対抗するための抑止力として機能していますが、フィンランドとスウェーデンの加盟により、NATOの軍事力はさらに強化されることになります。これは、ロシアにとって大きな脅威となるでしょう。

フィンランドとスウェーデンのNATOへの加盟は、ロシアとNATOの対立をさらに深める可能性があります。ロシアは、NATOの北方拡大を受け入れることはなく、加盟手続きが完了した場合、ロシアは軍事的な対抗措置をとる可能性もあります。NATOとロシアの対立がエスカレートした場合、ヨーロッパの安全保障は大きな危機に直面する可能性があります。


スウェーデンは潜水艦の建造と運用に長い歴史があり、その対潜水艦戦(Anti Submarine Warefare ASW)能力は世界でもトップクラスとされています。

スウェーデン海軍は現在3隻のゴトランド級潜水艦を運用しており、このうち2隻は、改修されてさらに強力になっています。これらは世界で最も先進的な通常型潜水艦のひとつです。さらにスウェーデンは最新型の潜水艦「A26」の開発も進めています。これらの潜水艦は、最先端のソナーシステム、魚雷、ミサイルを装備している。また、非常に静かなため、探知が難しいです。

スゥエーデンのゴトランド型潜水艦

2004年、ゴトランド級は対潜戦の研究のために当初1年間の予定で米海軍へ貸与されました 2006年、貸与は12ヶ月延長されました。

2005年の演習でゴトランドは空母ロナルド・レーガンと共に複数の写真に収まっています。米海軍はこの演習で通常動力潜水艦に対する作戦法を経験しました。

2007年7月、ゴトランドはサンディエゴからスウェーデンへ回航して返却されました。

スウェーデン海軍は潜水艦のほかにも、水上艦、航空機、センサーなど、数多くのASW資産を保有しています。これらの資産は、潜水艦を探知、追跡、破壊するために使用されます。

スウェーデンのASW能力は、その立地条件から特に重要です。スウェーデンは戦略的に重要な水路であるバルト海に位置しています。バルト海にはロシアの潜水艦も多く、スウェーデンにとって潜在的な脅威となっています。

その戦略的位置と高度なASW能力の結果、スウェーデンはASW大国とみなされています。スウェーデン海軍は定期的にNATO演習に参加しており、そのASW能力はNATO同盟国から高く評価されています

以下はスウェーデンのASW能力についての補足です。

スウェーデン海軍にはASW専門飛行隊があり、ASW資産の訓練と配備を担当している。まて、ASW専用射場を含む多くのASW訓練施設を有している。スウェーデン海軍は定期的にバルト海でASW演習を行っています。

スウェーデン海軍は、ASW作戦に特化した多国籍軍であるNATOの常設海軍部隊(STANAVFOR)のメンバーです。

全体として、スウェーデンは先進技術、訓練、経験の組み合わせに基づく強力なASW能力を有している。この能力は、バルト海におけるスウェーデンの安全を守るために不可欠です。

もしスウェーデンがNATOに加盟すれば、これらのASW能力を同盟にもたらすことになります。これにより、ロシアの攻撃からバルト海を防衛するNATOの能力は大幅に強化されることになります。ロシアはこのことを認識しており、スウェーデンのNATO加盟の可能性を批判してきた理由のひとつでもあります。

2014年、ロシアのプーチン大統領は、スウェーデンのNATO加盟はバルト海地域の「不安定化要因」になると述べました。また、"一定の報復措置を取らざるを得なくなる "とも述べました。

ロシアがスウェーデンのASW能力を脅威と見ていることは明らかです。スウェーデンがNATOに加盟すれば、ロシアがバルト海に力を投射することがより困難になります。ロシアがスウェーデンのNATO加盟に批判的なのはこのためです。

スウェーデンのASW能力は、西側諸国とロシアとの間で紛争が発生した場合、NATOにとって重要な資産になることでしょう。バルト海は比較的閉鎖的な水域であり、ASW作戦に理想的な場所である。スウェーデンには先に述べたようにステルス性の高い通常型潜水艦を持っいますし、ヴィスビー級コルベットは、ステルス性が高く発見されにくい設計になっているため、この種の戦争に特に適しています。

ヴィスビー級コルベット

ASW能力に加えて、スウェーデンはバルト海での紛争で貴重な資産を多数保有しています。長距離哨戒機を多数保有する空軍や、沿岸防衛のための十分な装備と訓練を備えた陸上部隊などです。

もしスウェーデンがNATOに加盟すれば、ロシアの攻撃からバルト海を防衛する同盟の能力が大幅に強化されます。スウェーデンのASW能力とNATOのその他の資産の組み合わせは、ロシアがバルト海に力を投射することを非常に困難にするでしょう。

簡単にいうと、ロシア海軍はバルト海に封じ込められることになるでしょう。

もちろん、欧米列強とロシアが衝突した場合に何が起こるかを断言することはできないです。しかし、スウェーデンがNATOに加盟することで、ロシアがバルト海で目的を達成することはより困難になるでしょう。


スウェーデンでも「中国への怒り」が爆発! 西側諸国で最初に国交樹立も…中共批判の作家懲役刑が決定打 孔子学院はすべて閉鎖、宇宙公社は中国との契約打ち切り―【私の論評】国民の86%が中国に対して否定的な見方をしている現在、菅政権は旗幟を鮮明にせよ(゚д゚)!

ロシアの脅威に北欧スウェーデンが選んだ軍拡の道―【私の論評】菅政権が財務省と戦う姿勢をみせなければ、経済も安保も安倍政権の域を出ないとみるべき(゚д゚)!

「フィンランド1.32、ノルウェー 1.41…」北欧の出生率激減 「高福祉」で「ジェンダー平等」なのになぜ? 日本が教科書にすべきはイスラエル?―【私の論評】岸田政権は、ハイリターンの子どもへの投資は継続しつつ、AIとロボット化で少子化の弊害を取り除くべき(゚д゚)!

北欧の教育王国はなぜ崩壊したのか? スウェーデンの学力凋落の原因を探る―【私の論評】人口も歴史も違いすぎる!北欧諸国幻想は間違い!日本には日本独自の教育システムが必要!本当に必要なのは、他人評価であり、それを受け入れるためには鋳型が必要である(゚д゚)!

0 件のコメント:

米最高裁がトランプ氏出馬認める決定 コロラド予備選、トランプ氏「大きな勝利」―【私の論評】トランプ氏の政策シンクタンク、アメリカ第一政策研究所(AFPI)に注目せよ

米最高裁がトランプ氏出馬認める決定 コロラド予備選、トランプ氏「大きな勝利」 まとめ 連邦最高裁が、トランプ前大統領が2021年1月の連邦議会襲撃事件で「国家への反逆」への関与を理由に否定された出馬資格を覆し、コロラド州予備選への出馬を認める判決を出した。 判決は修正第14条に基...