2009年3月17日火曜日

AIG巨額ボーナス、「言語道断」とサマーズ議長―金融危機の原因をつくり出した人々は詐欺師ではないのか?

AIG巨額ボーナス、「言語道断」とサマーズ議長  (この内容すでにご存知の方は、この項は読み飛ばしてください)
米国のサマーズ国家経済会議(NEC)議長は15日のテレビ番組で、米政府管理下で再建中の米保険大手AIGが、幹部社員に巨額のボーナスを支払うことについて、「言語道断だ」と強く批判した。

サマーズ議長


 米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長も同日、税金を投入してAIGを救済せざるを得なくなったことについて、「不公平な話で腹が立つ。電話をたたきつけたこともある」と語った。

バーナンキ議長

 米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)の報道によると、AIGは約400人の幹部社員に対する2008~09年の2年分のボーナスとして計4億5000万ドル(約440億円)の支給を計画。1人あたりの最高支給額は650万ドル(約6億3700万円)となる。

 計画を知ったガイトナー米財務長官が再考を迫ったが、AIGは「政府支援を受ける前に結ばれた雇用契約で支給が義務づけられている」と説明。08年分のボーナスとして、5500万ドル(約53億円)が昨年12月に、1億6500万ドル(約162億円)が今月13日にそれぞれ支払われたという。

ニューヨーク州のクオモ司法長官は16日、米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)のリディ会長兼最高経営責任者(CEO)に書簡を送り、同社がボーナスを支給する予定の従業員に関する個人情報の開示を強く求めた。

ニューヨーク州 クオモ司法長官

  同長官はAIGが公的管理下に入った昨年秋から同様の開示を要請してきたが、現時点で回答がない点を憂慮。さらにAIGが最近、米政府に対して、幹部社員 への総額1億6500万ドル(約160億円)のボーナス支給方針を伝えたことを受けて、改めて詳細な情報提供を要求した。

AIG リディCEO

金融危機の原因をつくり出した人々は詐欺師ではないのか?
私は、アメリカ発祥の金融危機に関して、どうして世界中の人が怒らないのかが不思議です。特に、こういう話を聞いていると私自身は、腹がたちます。アメリカ人には、いわゆる金銭や売買というものに関して、道徳とか信頼とかという観念はないのではないかと疑ってしまいます。

日本だと、こういう状況下では、会社側も支払わないだろうし、受ける本人たちも遠慮することでしょう。でも、アメリカでは違うのです。日本では、再建途上にある日本航空の社長の給料は、自らの希望でパイロットよりも低くしていることは以前このブログでも掲載しました。これが、日本の普通の感覚だと思います。実際はそこまでする人は、なかなかいないでしょうが、心情的にはこれに近いものだと思います。

何かといえば、「自己責任」という言葉が流行りましたが、これら高額のボーナスをもらう人たちは本当に自己責任をまっとうしているのか疑ってしまいます。

アメリカの金融システムのうち、特に金融工学を利用した証券化のテクニックに関して、私は詐欺ではないかと疑っています。金融工学という打ち出の小槌が永遠に続くと思うこと自体が異常です。

アメリカでは、ここ10年くらい個人の借金が膨大になっていました。クレジットで個人消費を煽るに、煽ったあげくの結果です。

さらに、きわめつけは、サブプライムやGMの金融子会社で信用力の低い低所得層にまで、ほとんど信用チェックを行わずに貸付を行い、証券化の手法でリスク・ヘッジをしていたことです。証券化するについては、その発行元の格付けがAAAになっていたりしました。いくら自己責任といっても、AAAとなれば、多くの人は不良なものとは思わないのが普通だと思います。

この格付けは完全に購入者の目を欺く、詐欺行為ではなかったかと思います。もし、長続きするとか、永続できなどと思っていたとしたら、知識がどうのことうのという前に、大人が大人であるところの知恵が欠如していたと言わざるを得ません。AIGでも、破綻のきっかけになったのは、本業の保険ではなく、サブプライムと大同小異のヘッジ・ファンドのようなことをやっていたことです。細かな仕組みは、忘れましたが、企業から会費を徴収してヘッジ・ファンドまがいのことをやっていました。

意図的な詐欺であるとしても、知恵の欠如があったとしても、不良債権を優良債権と偽って売りつけることには変わらず、これは、本気で法律などを探っていけば、アメリカの国内法や国際法などのいずれか、あるいは両方に抵触しているのではないでしょうか?場合によっては、こうしたことを許容してきたアメリカという国そのものにも嫌疑があるのではないでしょうか?

こうしたことは、「のどもと過ぎれば熱さを忘れ」の格言の通り、黒白をはっきりつけなければまた発生する可能性もあります。どなたか、こうした詐欺に関して詳しい方いらっしゃったら、私の考えはどうなのか、教えていただきたいです。

アメリカはもとより、金融危機に翻弄された国などの法律の専門家など、何とか金融馬鹿や、詐欺師、賭博師を訴訟することはできないものなのでしょうか?司法長官が情報開示を求めているということは、何かそうした動きがあるのでしょうか?どなたか、詳しい方がいらっしゃったら是非教えていただきたいです。

いずれにせよ、個人消費を煽りに煽って、自らのリスクはヘッジできる打ち出の小槌を創作し、世界中の人々にリスクを押し付け、いずれ破綻するのはわかっていながら平気でこのようなことをし続けたのは、詐欺としかいいようがありません。破綻するとは思っていなかったとしたら、それは、普通の大人の常識を兼ね備えていなかったということになります。これも、問題です。というより、こちらの方が大きな問題かもしれません。何とか、司法のメスを入れてもらいたいものです。少なくとも、このようなことが再発しないように、法整備などしていただきたいです。

【関連記事】

日本航空社長が自分の給料をパイロットよりも低くしていることがYouTubeで話題になっている-日本はガラパゴスか?

P.F.ドラッカーの『ネクスト・ソサエティー』―ポスト金融危機を生き抜く知恵ー

現在の金融危機は2003年当時からすでに予測されていた!!―真の原因は、誤った個人主義であり、いまこそ社会変革が必要だ!

米金融安定化法が成立、下院、修正案を可決―今こそ金融馬鹿、賭博師を市場から退場させ、新たなパラダイムを構築すべきとき!!


ADs by yutakarlsn

ピザテンフォー昨年の10月4日に生誕20年!!

ピザテンフォー昨年の10月4日をもちまして、創業20周年を迎えることができました。これも皆様のおかげです。

ピザテンフォー今月の企画は、「さんあんシリーズが今だけの、応援価格!! Mサイズ全品 980円」です。三種類の企画からご自由にお選びいただけます。



以下のバナーをクリックしていただくと、楽天デリバリーに飛びます!




ピザテンフォー一昨年の楽天デリバリーの「ファミリーへのおすすめ」部門で、堂々の2位となりました。ますます、便利になったテンフォーを是非ご利用ください。

YUTAKARLSON、USA 市長からのお願い

ランキングは、ありきたりのは面白くないので、私の街に是非投票してください。この私の街は、サイバー上のアメリカ国内に設置してあります。街の名前は、YUTAKARLSONと いいます。この街は、皆さんからのアクセスがあれば、アクセス数が街の住民数となり発展していきます。職場整備、交通の整備などはひと段落していますので、今度は人口を増やす必要があります。せびポチッと一つお願いいたします。

⇒⇒YUTAKARLSONの住民募集!!←←

13 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

ガイトナーの写真になっとるよ

yutakarlson さんのコメント...

匿名さま コメント有難うございます。後で直しておきます。

flowerpark さんのコメント...

コメントありがとうございました。
米国(欧州もでしょうか)では個人主義がネジれた方向に発展し過ぎて、社会に対する道徳とか信頼という意識があまりに希薄になっているように思えます。

言われるとおりこれが日本ならば、会社側も支払わないだろうし、受ける本人たちも遠慮すると思います。

こうした状況を作り出しても、その矛先が自らに向かうことは無く、彼らにとっては多くの一般投資家の損失が「自己責任」としか感じられないんでしょうね・・・。

yutakarlson さんのコメント...

flowerpark様 コメント有難うございます。自己責任といった場合、商品やサービスを買うほうの責任もありますが、売るほうの責任もありますね。
ところで、さすがに、この件に関しては、オバマ大統領が「待った」をかけましたね。当然のことだと思います。公的資金が大量に注入されている最中の多額のボーナースなど、常識はずれというものです。当然ですね。

シルス さんのコメント...

こんにちは。これは信じられないニュースでしたね。
ついこないだBIG3の社長らが公的支援を受けるための会議に専用機で現れて非難されたばかりですよね。
で、AIGもなんですが、アメリカの格付け会社がまたひどい。あれって、お金もらって格付けするそうですね。それを知ったときは「なんじゃそら」と思いましたよ。
格を上げたり下げたり自在なわけで、怪しいと分かっていて、儲けるためAAAとかつけていたんでしょう。何の責任もとらない機関の格付けなど、今後誰も信用しないでしょう。
自己責任ってアメリカ生まれと思っていましたが、違うんでしょうかね?(笑)

梶川 さんのコメント...

yutakarlsonさん コメントありがとうございます

同じ事がまた繰り返されるでしょうね。

ボーナスは自主返還するか、しないなら税金で取り立てようとしてるみたいです。


金融を破綻させたのはアメリカだけじゃないですしね。

格付けは本当に信用無いです。でも多くの人が参考にしているのも事実ですね

madoka さんのコメント...

こんばんは。
コメントありがとうございます。

AIGのボーナス支給の件、同意見です。

これで政府が救済すれば、
まさに同じことの繰り返しでしょうね。

ところで、プロフィールを拝見させていただいたのですが、
私も「ニューシネマパラダイス」と「セルジオメンデス」が好きです。

久しぶりにいま"Mas Que Nada" feat. The Black Eyed Peas”を聞いています。

yutakarlson さんのコメント...

シルス様 コメント有難うございます。アメリカ人て、自己責任の意味を取り違えいるのかもしれませんね。儲けるためには、法律に違反しなければ、何をやってもいいとか、騙されるのは騙され奴が悪いというのが、彼らの自己責任なのかもしれません。

yutakarlson さんのコメント...

梶川様 コメント有難うございます。税金で90%以上をとりあげようとしているようですね。格付けも、信用できないですね。結局は、アメリカ人の得意な自己責任しかないんですね(笑)。

yutakarlson さんのコメント...

makoka様 コメント有難うございます。
ノボ・チネマ・パラデーゾ(イタリア読みです)は、私の大好きな映画の一つです。今でもよく見ます。
セルジオメンデスもいいですね。アルバム「timeless」は、いまだに良く聴きます。

すみっち さんのコメント...

こんにちは。コメントどうもありがとうございました。ゆたかさんのブログも拝読させていただきました。オバマを迎えたロサンゼルスでは、またまた熱いオバマ旋風が起きているところです。昨日の市民との対話集会で、オバマは「AIG問題の責任の所在はすべて大統領である私にある」ときっぱりと断言していました。これを機にメスを入れ、徹底的な構造改革を推し進めてほしいですね。

夢見る親父 さんのコメント...

yutakarlsonさんコメント有難うございます。

金額、タイミング、支給対象とどれをとっても全く考えられないような事件ですね。

有る意味、「盗人に追い銭」ですね。

yutakarlson さんのコメント...

すみっち様 コメント有り難うございます。そうですね。AIGの高額ボーナスの件は、アメリカ国内だけでなく、海外からも非常に評判が悪いです。

夢見る親父様 コメント有り難うございます。おしゃる通りですね。

香港騒動でトランプは英雄になる―【私の論評】トランプの意図等とは関係なく、香港の自治が尊重されないなら、米国は香港を中国と別の扱いにすることはできない(゚д゚)!

香港騒動でトランプは英雄になる □ 無関心だった大統領が踵を返した3つの理由 「第2の天安門事件」にはならない  香港での「逃亡犯条例」の改正案をきっかけに燃え上がった香港市民の抗議デモは留まるところを知らない。  これに対して、中国軍の指揮下にある武装...