2009年3月26日木曜日

映画「ワルキューレ」見てきました―これが本当の陰謀というものか?

映画「ワルキューレ」見てきました
Tom Cruise VALKYRIE ワルキューレ Trailer 2009!!!!

私自身は、昔からヒトラー暗殺計画はいくつもあったことを知っていました。そうして、この映画の史実もある程度は知っていました。だから、この映画のストーリー自体は別に目新しいものでもなんでもありませんでした。しかし、感動的な映画でした。

映画を見ていない人のために、あまり詳しく述べてしまうと、良くないので、本当に簡単にストーリーを紹介します。ドイツの敗色が濃くなりはじめた第二次世界大戦末期。戦争により左目や右手を失った将校のシュタウフェンベルク大佐は、ヒトラー総統の考え方や政策に疑問を抱いていました。愛しているのは祖国であって、ナチスでない。その思いから、やがて彼は、ヒトラー暗殺を企てるレジスタンスの秘密会議に顔を出すようになります。

そんなある日、シュタウフェンベルク大佐は、自宅でワーグナーの「ワルキューレの騎行」を耳にし、ある計画を思いつく。それは、有事の際に反乱勢力を鎮圧する「ワルキューレ作戦」と名付けられた既存の作戦を利用して、ヒトラー暗殺のみならず、ナチス政権の転覆まで謀るという、壮大なものでした。

シュタウフェンベルク大佐の陰謀は、ベルリンのドイツ軍を大動員し、もう少しで成功しそうだった。

この映画のストーリー、これは歴史的事実に基づく作品です。だから、ヒトラーの最期が自殺だったことを知る我々にとって結末は、はなからわかっていることです。暗殺計画は成功せず、その後もヒトラーとナチスはドイツに君臨し、戦いを続けたのです。だから、この映画は物語に感銘する映画ではありません。代わりにわたしたちの心を打つのは、人がどう生きるかであり、その生き方こそが大切だというメッセージなのです。

シュタウフェンベルク大佐は、処刑されますが、家族は全員生き続け、奥さんは2007年に亡くなったと映画の最後で締めくくっていました。

それにしても、惜しいところで暗殺計画は失敗したことが、良く描かれていました。この史実はドイツ国民には現在では良く知られていることで、シュタウフェンベルク大佐はドイツの国民的英雄になっているそうです。

これが本当の陰謀というものか?
中川前財務大臣の泥酔会見に関しては、私は陰謀のような気がするということをこの記事に掲載しました。最近、小沢代表に対する西松建設の献金に関する検察の捜査も小沢代表自身が、国策捜査だといい、マスコミや、ブログなどのメディアでも、「陰謀説」がささやかれています。この国策調査に関しては、私は、そのような陰謀はないであろうことをこのブログに掲載しました。特に、国策調査に関してその陰謀の首謀者については、たとえば、CIAとか、それこそ首相官邸だとか、ひどいのになるとユダヤだとかするものなど、たくさんあります。特にユダヤの陰謀などと聴かされるとゲンナリしてしまいます。

陰謀といえば、この映画にでてくるヒットラー暗殺計画はいかにも陰謀らしい、陰謀、陰謀の中の陰謀という気がします。そうして、本日この映画を見ていて感じたのは、陰謀というものが成立するためには、その背景があるということです。

この映画での陰謀の背景は、やはりヒトラーという独裁者だと思います。独裁でありかつ全体主義国家であったということが、陰謀の背景となっています。全体主義国家でなければ、この映画の主人公のシュタウフェンベルク大佐も、政治家になるとか、なんとか合法的な手段でヒトラー政権の転覆を図ったのではないかと思います。しかし、それ以外に方法がないという極限状況の中だったので、陰謀という強硬手段を図ったのではないかと思います。そうして、そういう極限下の中の陰謀であったので、わたしたちは、正当化できるのだと思います。現在シュタウヘンベルクが同じことをやれば、単なるテロリストということになってしまいます。

さて、現在の世界、特に日本やアメリカやヨーロッパなどで、陰謀を図る必要性があるでしょうか?独裁者であるヒトラーを暗殺すれば、確かにあの当時のドイツはかなり変ったと思います。しかも、この映画の陰謀は単なる暗殺にとどまらず、有事の際に反乱勢力を鎮圧する「ワルキューレ作戦」と名付けられた既存の作戦を利用して、ヒトラー暗殺のみならず、ナチス政権の転覆まで謀るというものでした。これであれば、成功すれば、ドイツと連合国との間に早い時期に講和条約が締結され、戦争が早く終結し、ドイツも民主国家として歩むことが可能だったと思います。

しかし、現在の日本で、たとえば、麻生総理や、小沢代表を暗殺したり、暗殺しないまでにも、政治家生命を完全に葬ったとして何が大きく変るでしようか?あまり変りはないと思います。まあ、それでも大きな変化という人いるかもしれませんが、ヒトラーを葬りさるほどの大変化を期待できるでしょうか?それは、ないと思います。こういうことが、成り立つのは、いまや、全体主義の中国など、やはり独裁国家であるところに限られるのではないかと思います。民意を反映させようとしても、他に方法がない場合、命がけでやるというのが、陰謀・策謀の本質だと思います。

さて、先に述べた、小沢問題にかかわる陰謀説に関して、少し考えて見ましょう。まずは、CIAが首謀者とする説ですが、CIAは情報機関です。情報機関の仕事とは、主なることは、情報の収集です。随分前に、第二次世界大戦中に陸軍中野学校を卒業して、特務機関としても働いていた方(名前も、著書名も失念しましたが)の著書を読んだことがあります。その中に書かれていたことは、スパイの活動というものは、映画の「007シリーズ」のような派手なものはほとんどなく、通常実施していたのは、世界各国が出している定期刊行物新聞を丹念に読みながら、自ら集めた情報も含めて、それらを丹念に分析することだそうです。

そうしたものの例として、古典的なものも掲載されていました。たとえば、元素周期律表で有名なロシアのメンデレエフは、フランスの火薬の成分を知るために、何と、列車時刻表を用いたとか。この話は、要するに、当時は陸上輸送のほとんどが列車で行われていたため、フランス各地にある貨物専用列車の駅の時刻表を見ることと、編成車両数を知ることにより成分を割り出したというものです。これは、フランス国内で普通に発信されていて、一般の人も簡単に入手できる情報から割り出したものです。

また、イギリスの有名なスパイの例を出し、そのスパイがドイツ軍の大攻勢の予測の話を例としてだしています。ドイツの将軍の日々のスケジュールを丹念に見ていて、スイスで結婚式に出席し、次はベルリンに1日滞在、次はどこに行き、その次はという情報を丹念に探っていき、それを丹念に分析して、ドイツ軍の大攻勢の場所と日時を割り出したという話しです。

スパイの仕事というものは、実体は、こういうものだと思います。様々な事実をつなぎあわせて、分析して、相手方の実情を知るのが本質です。陰謀、策謀などは、ほんの一部といっても良いものだそうです。ましてや、現在ではほとんどがそうだと思います。時々出てくる、いかにもスパイ映画のような出来事は、おそらくイレギュラーなのだと思います。だから、小沢さんをブロックするために、CIAが動いているということはなかなか考えにくいことです。そこまでして、小沢ブロックをする価値はないと思います。

官邸による国策調査については、以前にもこのブログに書きまし。もし、官邸が自由に国策調査など検察にやらせることができるのであれば、日本の大方のマスコミの幹部や、小沢さんなどの野党のトップなどとっくに刑務所に入っているだろとうというものです。実際、韓国では金大中氏が投獄されていた時期がありますし、フィリピンのアキノ上議員議員は暗殺され、今年はその実行犯が特赦で解放されたばかりです。

次に、ユダヤの陰謀というのは、全く根も葉もないことです。論ずるのも語るのも馬鹿馬鹿しいことです。なんでもかんでも、ユダヤの策謀にするというのは、あまりに単純すぎます。日本では「ユダヤ人、ユダヤロビー」の陰謀説を信ずる人々も後を絶たちません。ユダヤ人が世界征服を計画している証拠とされた「シオン賢者の議定書」は19世紀末にロシアで出版されたましたが、1921年以降、この書物が偽物であることは欧米知識人の間で既に常識となっています。ユダヤ陰謀説をここまで言い続けている国は世界に類をみません。ここで、はっきり言っておきますが、日本以外の多くの国ではユダヤ策謀説をしょっちゅう唱える人は、ナチスドイツが過去に行ったユダヤ人迫害を正当化しているとか、人種偏見を持っている人とみなされます。

それに、誰でも彼でも、特に要職に就いている人に関して、誰はユダヤ人だ、彼もユダヤ人だ、全部ユダヤ人だなどとのたまう人に、うかがいたいのですが、ユダヤ人種という人種は存在するのですか?存在しませんね。であれば、ユダヤ人であるなしはどうやって見分けるのでしょうか?あまりに、馬鹿馬鹿しいので、ここでは、もう語りません。

いずれにせよ、陰謀、謀略の類の話はほとんどが「とんでもない話」「作り話」だと思います。確かに、ほんのたまには、今の日本や、アメリカ、ヨーロッパでも全くないとは否定することはできないと思います。確かに、先ほど述べた話の中で、スパイのほとんどの仕事は、地道な事実の分析であることを述べましだか、ほんの数パーセントですが、未だに汚い仕事などはあると思います。ただし、こうした汚い仕事も、CIAが組織ぐるみでやっているというよりは、一部の勇み足とか、下部組織の不正隠蔽のために行うイレギュラーがほとんどだと思います。人工衛星や、超感度の様々な測定装置や、インターネットのある世の中に、陰謀・策謀で情報を得なれければならないことは、あまりないでしょう。

ほんのたまに、陰謀説をいうのは、その可能性が全くゼロともいえないので、悪くはないかもしれませんが、いつも、陰謀、策謀などという人には問題があると思います。そういう人は、頭が悪すぎで、陰謀・策謀ということで、自らの無知で理解しがたい世の中の現実を、心理学でいうところの合理化(自分にとって都合の悪い現実を、事実と異なる理由で隠蔽・正当化するなど、心理的自己防衛を図ること。)をして見ているのだと思います。あるいは、何か特定の意思があって、陰謀・策謀の話を作り上げることによって、自分の意思に合致した方向に、世論や民意を誘導したいのだと思います。

そうした人の中でも、自分のブログなどで作り話をしているくらいならほとんど害はないと思います。しかし、政治家でしかも要職にあるような人が、はっきり陰謀・策謀が存在しているなどということは現在では許されないことだと思います。そういう陰謀・策謀があるというなら、はっきり証拠を示してから公表すべきです。その意味では、小沢氏の「国策捜査」と言い立てる行動は全くの間違いであるといわざるを得ません。

【関連記事】

モデルのように歩く女性ロボ ほほ笑み、驚きの表情も-ウィルスミスのアイ・ロボットを思い出してしまう?

ベルリンオリンピック後にナチス第三帝国は滅亡-北京オリンピックは、共産中国の壮大なレクイエムの序曲か?

ライラの冒険 黄金の羅針盤-この映画を観て考えたこと

アイアム・レジェンド見てきました-ジャーマンシェパードが出ている映画!

映画「パーフェクト・ストレンジャー」観ました。

ダイハード4見ました!

首かしげる続投表明=小沢氏、説明果たさず-小沢代表はオバマのいう皮肉屋か!?

西松の東北受注工事 岩手・秋田 突出230億円 小沢王国 献金で談合調整-ここまで暴露されていれば、小沢代表は少なくとも代表は辞任か?

「株屋は信用されてない」「何となく怪しげよ」首相が失言?―マスコミまた、麻生たたきか?

小沢代表「検察陰謀説」に過半数がNO―陰謀説には相当無理がある?

“小泉氏欠席”に批判相次ぐ-本当にやらなければならないことで忘れさられたもの?

中川財務相失脚につきまとう陰謀説-今の政局混乱はアメリカの思う壺?

麻生総理大臣の施政方針演説-日本人の知らない世界?!


ADs by yutakarlsn

ピザテンフォー昨年の10月4日に生誕20年!!

ピザテンフォー昨年の10月4日をもちまして、創業20周年を迎えることができました。これも皆様のおかげです。

ピザテンフォー今月の企画は、「さんあんシリーズが今だけの、応援価格!! Mサイズ全品 980円」です。三種類の企画からご自由にお選びいただけます。



以下のバナーをクリックしていただくと、楽天デリバリーに飛びます!




ピザテンフォー一昨年の楽天デリバリーの「ファミリーへのおすすめ」部門で、堂々の2位となりました。ますます、便利になったテンフォーを是非ご利用ください。

YUTAKARLSON、USA 市長からのお願い

ランキングは、ありきたりのは面白くないので、私の街に是非投票してください。この私の街は、サイバー上のアメリカ国内に設置してあります。街の名前は、YUTAKARLSONと いいます。この街は、皆さんからのアクセスがあれば、アクセス数が街の住民数となり発展していきます。職場整備、交通の整備などはひと段落していますので、今度は人口を増やす必要があります。せびポチッと一つお願いいたします。

⇒⇒YUTAKARLSONの住民募集!!←←


20 件のコメント:

あばた さんのコメント...

♪yutakarlsonさん、こんにちは♪
コメント、有難うございました。あばたと申します。
「ワルキューレ」いい映画でしたね。
小沢さん、あんなコト言っちゃって、ご自身がもし首相にでもなったら、反対勢力をどうにか出来るとでも思ってるのかと白けてしまいました ( ̄ω ̄;)!!
極限の状態から自然発生的に湧き上がってくる意志の結集が策謀とかを生んでしまうと思ったりします。

琉球ING さんのコメント...

ご訪問いただき有難うございます。

記事拝見いたしました。

大変詳しい記事に感銘しました。

時々、お邪魔いたします。

yutakarlson さんのコメント...

あばた様 コメント有り難うございます。確かに、策謀は、他に手段がないという極限状況から生まれてくるものだと思います。シュタウヘンプルク大佐も今の時代に生まれていたら、爆弾なんて物騒なもので決着をつけようなんて思わないはずですね。
あの時代の極限状況だったので正当化されるのであって、現代であれば、単なるテロリストということになってしまうと思います。

yutakarlson さんのコメント...

琉球ING様 コメント有り難うございます。こちらこそ、よろしくお願いいたします。

toro さんのコメント...

初めまして☆
コメントありがとうございました。
「ワルキューレ」のチケットは深く考えず応募して、HPを見てなかなか奥深い話だなあと思いました。コチラのブログの記事を読んであらためて興味が沸いてきました。
きっかけになった出会いに感謝です!
観に行くのが楽しみです♪

佐藤 さんのコメント...

初めまして。私の「ワルキューレ」へのコメントありがとうございました!!
yutakarlsonさんの文章を読ませていただき、大変興味深い内容でした。

私も映画大好きですので、また訪問させて頂きます!
ちなみに次は「ウォッチメン」を狙っています。

おはな さんのコメント...

コメントありがとうございました☆
ものすごく細かな記事でびっくりしました。
興味深く読ませていただきました。

yutakarlson さんのコメント...

toro様 コメント有り難うございます。是非ご覧になって、できれば、感想など教えていただければ幸いです。

yutakarlson さんのコメント...

佐藤様 コメント有り難うございます。ウォッチメンもなかなか面白そうですね。

yutakarlson さんのコメント...

おはな様 コメント有り難うございます。映画という性質上、見ていない人もいると考えられるので、映画を見ていて思いついたこととか、映画のテーマなどから、現在のこととかを書くようにしてみました。これからも、映画に関するものは、このような感じて書いていきたいと思います。
よろしくお願いします。

鍵山 さんのコメント...

僕のブログにお越しくださりありがとうございます。
コメントがあって「誰だ?」と思ったらいつも読んでいるブログの著者の方だったので驚きましたw

『ワルキューレ』、観たいんですが結局まだ観に行けていません。
ぜひ今度行ってきます!

国策捜査論はかなりひどいですね。
本気で信じている国策捜査論者からすれば「あいつらは何もわかっていない」という感じなのでしょうけれど……。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

yutakarlson さんのコメント...

鍵山様 コメント有り難うございます。そうして、いつもご購読有り難うございます。
官邸による「国策捜査」に関して、明確な証拠があるならあげてもらいたいものです。小沢さんの発言、かなり、奇異なことだと思います。
たとえば、私が、誰かを確たる証拠もあげずに泥棒だといいたてたとします。そうしたら、どういうことになるでしょうか?ましてや、私が相当地位の高い人間だったとしたら????
小沢さんの言っていることは、これとあまり大差ないと思います。麻生さんと、東京地検は、犯罪者だと言っているに等しいと思います。
政治の世界では、社会一般通念は通用しないということでしょうか?そんなことは、ないと私は思うのですが。

たんぽぽ さんのコメント...

yutakarlsonさま、はじめまして。「たんぽぽ」です。
わたしのブログにコメント、ありがとうございます。
貴エントリも拝見いたしました。

小沢一郎代表ですが、「国策捜査」とは言ってないと思いますよ。
(それに近い意味のことは、言っていたのかな...?)
民主党の関係者で、「国策捜査」とよく言っているのは、鳩山由紀夫氏ですね。
ほかには、新党大地の鈴木宗男氏なんかでしょうか。

これらの人たちが、どういった「陰謀」を想定しているのか、
くわしくはわからないけれど、検察と政権関係者が内通していたとか、
政権関係者が指示かアドバイスを、検察にしたとか、
そういった程度のことかもしれないです。
あるいは、ロッキード事件の田中角栄の逮捕みたいなことを
イメージしているのかもしれないです。


ユダヤやCIAがどうしたという「大陰謀」は、
いくらなんでもないでしょうけれど、恣意的かつ示威的な捜査を
検察がしていることは、じゅうぶん考えられると思います。
ある程度の「策略」でしたら、検察はこれまでにも
何度もしてきたことも、知る人ぞ知ることみたいです。

今回の場合、動機があることは、たしかでしょう。
民主党は、政治任用制の拡大など、官僚改革を推し進めていますから、
既得権を維持したい官僚(検察、法務省もそのうち)は、
民主党政権なんか、歓迎しないだろうと思います。
http://taraxacum.seesaa.net/article/114519891.html

また、つぎの記事によると、小沢一郎氏は官界の事情にくわしく、
小沢氏をどかせば、民主党政権になっても、なんとか政権を
自分たちの手玉に取れるだろうという見通しが、官僚のあいだにはあるようです。
検察が、民主党政権ないし、小沢一郎の存在を
うっとうしく思って、なにか邪魔立てすることは考えられるでしょう。
http://news.www.infoseek.co.jp/special/j-is/commons0903_004.html

検察が政権関係者とかかわりなく、独自の判断で、
恣意的かつ示威的な捜査をすることもありえます。
この場合でも、「国策操作」と言うのかどうかはわからないです。
(検察が意志の主体であっても、国の下部機関だから、
「国策」だと言うことは、できるのかもしれないけれど。)


「ユダヤの陰謀」とか、「CIAの陰謀」とか、
どうしようもないことを言っているのは、一部のネットユーザですよ。
たとえば、つぎのエントリで批判されているけれど、
貴エントリの批判が当てはまるのは、このような「大陰謀」だと思います。
http://d.hatena.ne.jp/dj19/20090320/p1

よく言われるのが、リンクさきに挙がっている「第七艦隊」発言ですね。
これはじつは、アメリカ軍の再編構想に沿ったもので、
オバマ大統領から提案したらしいものなので、
「アメリカの怒り」を買うはずもないとわかるんだけど...
http://www.kamiura.com/new2_2k9.html
http://podcast.tbsradio.jp/st/files/sakasa20090227.mp3

yutakarlson さんのコメント...

たんぽぽ様 コメント有り難うございます。いずれにせよ、この映画に登場するような大規模な陰謀など、今の日本や、アメリカ、それにヨーロッパでもあり得ないと思います。時代が時代ですから。
検察に関しては、今回のように結構大掛かりな捜査だと、1年くらい前から内偵を進めていたと思います。人間のやることですから、恣意的な捜査が全くないとはいいきれないかもしれませんが、今回のものは意図して、意識して、法律なども十分吟味し、世論などの動向も意識して実施していると思います。

犬井たつみ さんのコメント...

コメントありがとうございました。
「ワルキューレ」を政治的な観点では観ていなかったので、とても考えさせられました。
小沢氏秘書の事件について「国策捜査」では無いというのは、うなずけます。犬井は、検察の中に反民主党勢力があって、その行き過ぎあるいは暴走と見ています。
イタリア料理に関しては、肉、魚介、野菜のバランス。直塩調味など、健康に良いというのも同感です。
今後とも、よろしくお願いします。

yutakarlson さんのコメント...

犬井たつみ様 コメント有難うございます。何か、この映画を見ていると、日本人の平和ボケを思い出してしまいました。この映画の陰謀は、やはり、独裁者ヒトラーが背景にあるのだと思います。こちらこそ、よろしくお願いします。

margot2005 さんのコメント...

yutakarlson さん、こんばんは!
コメントありがとうございました。
ヒトラーが自決で最後を迎えたことは皆分っているのですが、映画は中々見応えありました。
主演のトム・クルーズにドイツ人役は無理かと感じましたが、他の俳優たちは素晴らしかったです。

yutakarlson さんのコメント...

margot2005様 コメント有り難うございます。ブラッド・ピットが「7yeras in Chibet」でオーストリアの青年の役をやっていましたが、それなりに違和感はなく見えました。
トム・クルーズもそんな感じで私はあまり違和感はありませんでした。
まあ、人それぞれというところでしょうか?

hkt3004 さんのコメント...

yutakarlsonさん、こんばんは。
コメント有難うございました。ジャガーの眼です。
確かに「ワルキューレ」はいい映画でした。
成功の確率が少なくても敢えて危険を省みず世の中を変えようとする勇気ある人がなければ進歩がない…ということでしょうか。
小沢さんのことについては、私は今回の検察の動きについて「国策捜査」という可能性は拭いきれないように思います。民主党の支持率が上昇して自民党と逆転した時点を見計らったような捜査の動きを見ると意図的なものを感じます。政治権力、時の政権に媚びるような動きが見えて仕方ありません。もちろん私の単なる感触でしかないのですが…

yutakarlson さんのコメント...

hkt3004様 コメント有り難うございます。おっしゃるとおりだと思います。ただし、ヒトラー側から言わせると、民意を得て統率者になったという側面もあります。やはり、ヒトラーに安々と政権をとらせてしまったという国民側の責任もあると思います。
小沢さんに関してですが、私は、逆に小沢さんの検察に対する圧力の方を懸念します。3月28日の朝まで生テレビの中で、検察OBがでてきて、小沢擁護論をぶちあげていました。そうして、その直後のアンケートでは小沢擁護論が70%を示していました。
それと、小沢氏の拉致問題に関する「このままでは、進展しない、北朝鮮に行って一人いくらで返してくれのだ」と質問して金を払わない限り、解決しないという発言や。そもそも、国策捜査ということを言い出すこと自体、自分もそうするつもりでいることを暗に示しているのではないかと思います。小沢氏、現代のヒトラー(昔ほど残忍なことはできないが、独裁に近い体制をとるという面で)になる可能性もあります。

大陸客の個人旅行禁止から2週間強、それでもあわてぬ台湾―【私の論評】反日の韓国より、台湾に行く日本人が増えている(゚д゚)!

大陸客の個人旅行禁止から2週間強、それでもあわてぬ台湾 蔡英文台湾総統 中国政府が8月1日に中国大陸から台湾への個人旅行を停止してから半月あまりが経過した。台湾メディアによれば、足元では、中国個人客が1日単位で貸し切ることの多い観光タクシーの利用に落ち込みが目立っ...