2021年5月7日金曜日

「東京五輪中止を」22万筆超 コロナ下開催に不安の声―オンライン署名で―【私の論評】現時点での五輪中止の動きは、五輪の政治利用、厳に慎むべき(゚д゚)!

「東京五輪中止を」22万筆超 コロナ下開催に不安の声―オンライン署名で


 東京五輪・パラリンピックの開催中止を求めるオンライン署名が、7日午後7時時点で22万筆超集まった。呼び掛けたのは元日弁連会長の宇都宮健児氏(74)。新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからないままの大会実施は「『平和の祭典』であるはずの五輪の理念から大いに逸脱する」などと訴えている。

「安心な態勢づくり重要」 五輪中止のネット署名―小池都知事

 署名集めはネット署名サイト「Change.org(チェンジ・ドット・オーグ)」で5日正午に開始。運営団体によると、2012年の日本語版開始以来、最速のペースで賛同者数が伸びているという。

 宇都宮氏は、不足する医療資源を五輪に割くことは「コロナ禍で疲弊している医療従事者をさらに苦しめ、住民や参加者の命と暮らしを危険にさらすことになる」と指摘。五輪を中止して感染拡大を防ぎ、人々の命と暮らしを守るべきだと訴えている。

 賛同者からは「オリンピックより命のほうが大事」「アスリートの気持ちを思うとやりきれない。けれど、(開催予定の)7月になっても、何かが改善するとは到底思えない」といったコメントが寄せられている。

 宛先は国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長や菅義偉首相、東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長らで、英語での署名ページも開設した。

 宇都宮氏は取材に、「国民が歓迎する五輪になるのかを国や東京都、組織委は真剣に議論すべきだ」と述べた。

【私の論評】現時点での五輪中止の動きは、五輪の政治利用、厳に慎むべき(゚д゚)!

欧米から見れば日本のコロナ禍は、さざ波の中といえるものです、これについては、以前のこのブログにも掲載しましたが、これに関する現時点での最新情報は、以下の高橋洋一氏の記事を参照していただきたいです。
日本は本当にコロナ封じ込め「失敗国」なのか?データから「客観的事実」をお伝えしよう
詳細は、この記事をご覧いただくものとして、高橋洋一氏はこの記事で、以下のような結論を示しています。

こうしてみると、世界の中では、日本は新型コロナ対策と経済の両立をもっとも上手くやっている国であるといえるだろう。

ちなみに、経済パフォーマンスがいいことは、失業率の動向にも表れている。昨年1月と今年3月の1年間の失業率の推移をみると、日本は世界の中でも失業率上昇の少なさはトップクラスだ。

 テレビワイドショーではでてこない世界のデータで見ると、世界の優等生である。

確かにに、テレビのワイドショーでは、随分前から、ほとんど、他国のコロナ感染情報や経済などの国際的な比較データなど公開しません。ひたすら、日本国内の1周間前がどうだとか、せいぜい数ヶ月前との比較を報道しています。本来は、国際比較データを出すべきです。

しかし、それをしてしまうと、日本のコロナ対策も経済対策も非常に優秀であることが、わかってしまうので、そうなるとあまり危機を煽ることもできないし、コロナ、ワクチン、オリンピックで、政府を批判して、あわよくば倒閣に結びつけようとという試みも成就できないからでしょう。

そうして、言っていることが、昨年の今頃と代わり映えせず、何も新しいものがないので、見ていると疲労感を感じます。もう、なんらかの形で変えないと、テレビだけが情報源の中高年層以外の誰も見なくなると思います。

そうした中で東京オリンピックの開催は、①日本が数千億円の違約金を払って中止、②無観客を最低ラインで実施の二択の状況です。

まともに考えれば、合理的には②なので、①は政治利用だといえます。もう一択加えても良いかもしれません。①のオンライン署名をした人が一人数百万円負担するというのはいかがですか。無論きつい冗談ですが・・・・・。

欧州連合(EU)欧州委員会は新型コロナウイルスワクチンについて、3日までに45カ国・地域向けに約1億7800万回分の輸出を承認しました。欧州委が6日の記者会見で発表しました。日本向けが約7200万回分で全体の4割超を占める最大の輸出先です。2位は英国で約1850万回分、3位はカナダで約1840万回分です。

もともとさざなみ程度の、日本のコロナ禍ですが、ワクチン接種が軌道にのれば、さらに感染者は少なくなります。この状況であれば、日本のほうから五輪開催を中止すれば、世界中から奇異の目でみられることになりそうです。

やはり五輪開催を中止するとすれば、IOCからの申し出や、世界中の他の国々から中止の申し出があった場合にそうするべきでしょう。

COVIDに関しては、日本のマスコミは感染者数ばかり強調し、最近わかってきたその症状などを客観的に報道することはありません。そのため、結果として不安を煽るだけになっています。最近わかってきたことを以下に掲載します。

COVID-19 による症状は、人によって異なりますが、ほとんどの感染者では軽度から中等度の症状であり、入院せずに回復します。


以下に、COVID-19の具体的症状を掲載します。

最もよくある症状:
発熱
空咳
倦怠感
時折みられる症状:
痛み
喉の痛み
下痢
結膜炎
頭痛
味覚または嗅覚の消失
皮膚の発疹、または手足の指の変色
重篤な症状:
呼吸が苦しいまたは息切れ
胸の痛みまたは圧迫感
言語障害または運動機能の喪失
症状が重篤な場合は、直ちに治療を受けるべきです。 かかりつけ医師または医療機関にかかる前に必ず事前に電話で連絡をとって下さい。

症状が軽度であり、他に疾病がない人は、自宅療養を行う必要があります。

ウイルスに感染してから症状が現れるまでの期間は平均 5~6 日ですが、長い場合は 14 日程度までかかることもあります。

以上のようなことを、本当はテレビなどのマスコミはもっと伝えるべきです。それと、これからのコロナ感染そのものがどうなるのかもマスコミは伝えずいたずらに国民の不安をさらに煽っています。

以下にこれから、コロナ感染がどうなっていくと考えられるかを確かな筋から入手した内容を掲載します。

現時点で、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する残念なニュースがあるのは事実です。今後も長い間、新型コロナウイルスがいなくなる可能性は低いとする分析結果を、米エモリー大学などの研究グループが発表しています。

一方、良いニュースもあります。同グループの分析では、今後ウイルスがいなくなることはないが、感染しても入院や死に至ることはまれで、煩わしさや不快感をもたらすだけの軽い病気になる可能性が高いことも分かったというのです。詳細は、「Science」に1月12日掲載されました。

この分析結果は、一般的な風邪の原因ウイルスである4種類のヒトコロナウイルスが辿った疫学的パターンに基づき得られたものです。これらのウイルスはいずれも、すでに長期間、世の中に残り続けており、普段から継続的に罹患する人がいる「エンデミック」の状態にあります。

エンデミックの段階では、ほとんどの人が小児期にウイルスに感染して免疫を獲得し、成人期には重症化リスクから守られるといいます。

現在でも、実はコロナウイルスが風邪症状の10~15%を占めているといわれていますが、そのほとんど重症化しません。

研究論文の筆頭著者である、同大学生物学部のJennie Lavine氏は、「成人の風邪の約15%は、これらのエンデミックの状態にあるヒトコロナウイルスによるものだ。ヒトコロナウイルスに感染しても、大多数の人ではよくある風邪の症状、つまり上気道感染の症状が生じるだけだ」と説明しています。ただし、低年齢児や高齢者など一部の人では、まれに重症化することもあるといいます。

Jennie Lavine氏

研究グループは今回、これら4種類のヒトコロナウイルスと同様、ほとんどの人が小児期に新型コロナウイルスに曝露した場合に、将来的に予測される状況をモデル化しました。

その結果、COVID-19がエンデミックの状態に達すれば、感染者致死率は季節性インフルエンザと同程度(0.1%)にまで下がり、最終的にはヒトコロナウイルスを原因とする風邪と同じようなものになる可能性が高いと予測されました。

ただし、それがいつになるのかに関しては、1年とする見方がある一方で、10年はかかるとする見方もあり、現時点では予測困難だとしています。

また、新型コロナウイルスが、いずれは軽症の風邪の症状をもたらすだけになるというこのシナリオは、小児や若者のほとんどは感染しても軽症、あるいは無症候であることを前提としたものです。

それゆえ、今後、このウイルスに感染した小児でも重い症状が現れるようになった場合には、「長期的なシナリオは暗いものになる」とLavine氏は言います。ただし、この論文が公表されてから現在まで、小児の重症化例は少ないです。そうして、日本で最近何かと話題の変異株ですが、小児の感染リスクは従来型と変わらずという、報告をしています。

Lavine氏は、今後COVID-19が辿る経過を左右し得る複数の要素を挙げています。その一つは、この先の新型コロナウイルスが広がるスピードです。また、今後、数カ月間にどれだけの人がワクチンを接種できるかも関わってくるといいます。

さらにLavine氏は、強力かつ持続的な免疫を獲得するために必要な感染者数とワクチン接種者数は現時点では不明だと話っています。そのほか、自然感染あるいはワクチン接種でウイルスの伝播をどの程度封じ込めることができるのか、これらによって感染後の重症化リスクをどの程度の期間、低減できるのかも解明されていないとしています。

ただ、エンデミックの段階に至る道のりに、人々が影響を与えることは可能だといいます。「例えば、ワクチンの接種が広がるまでの間、できる限り感染率を低く抑え、死亡者を減らすとともに医療崩壊が生じないようにする、また、重症化リスクが高い人を中心にワクチンを接種する、といった対策が今後を左右する」とLavine氏は話しています。(HealthDay News 2021年1月14日より)

これから、ワクチンの接種が本格化することと、新コロナ感染症が将来現在の風邪のようになる可能性が大きいことなど、コロナに関しては、明るい話題もあります。

ここで、日本がなんとか踏みとどまって五輪を開催すれば、世界にとっても明るい希望となるのではないかと思います。

世界の多くの国々から中止を要請されているというのなら別ですが、現時点での日本国内での五輪中止の動きは、五輪の政治利用に過ぎません、厳に慎むべきです。


玉川徹氏が指摘 ワクチン接種の遅れは「厚労省が副反応の責任を取りたくなくて及び腰だったから」―【私の論評】現時点で国内でのコロナ禍を理由にオリンピック開催中止を声高に叫ぶ必要はない(゚д゚)!

22年北京五輪に影落とす人権問題 ジェノサイドには敏感な欧州、カギ握るバイデン政権の動向 ―【私の論評】北京五輪と日本のマスコミ・芸人・識者による森叩きは、線香花火が消える寸前の最期の煌めきか(゚д゚)!

コロナ対策難しい「民主主義国」 ユルい規制でも優等生の日本、トップレベルの財政支出が奏功 ―【私の論評】マスコミの最終目標は、森叩きのホップ、ワクチン叩きのステップ、オリンピック叩きのジャンプで、菅政権を退陣に追い込むこと(゚д゚)!

0 件のコメント:

「エネルギー備蓄」「インフラ防衛」にこそ投資が必要だ 台湾からの日本有事に備えよ 中国に狙われる日本のアキレス腱―【私の論評】台湾とエネルギー備蓄の実態 - 日台が抱える課題と対策

杉山大志 直言!エネルギー基本計画 ■ 「エネルギー備蓄」「インフラ防衛」にこそ投資が必要だ 台湾からの日本有事に備えよ 中国に狙われる日本のアキレス腱 まとめ 中国は軍事演習と臨検(船舶への立ち入り検査)で台湾を海上封鎖し、無血開城を狙っている。台湾のエネルギー備蓄が少ないため...