2007年8月12日日曜日

Stickam-ライブカメラの楽しさ


上は実際にStickamを利用している画面の様子です。
ステッカムは、ライブカメラを利用したweb2.0的コミュニティーサービスです。詳細は以下の説明をご覧下さい。
スティッカムはSNSやブログと違い、コメントして返信を何日も待つ必要ナシ!ライブ中継&チャットだからチャットインしてすぐ盛り上がれる!
Webカメラとマイクを使用すればTV電話のように使えちゃう!遠距離にいる恋人や友達、家族まで、誰にも邪魔されずに会話ができます。
スティッカムTVは、ユーザーであるアナタが企画・構成・制作するコンテンツをTV番組形式で配信するプログラムです。 番組はライブ配信、録画済動画どちらでもOK!


私もさっそく入会しました。いずれ、ジャーマンシェパード2頭(ウィンとチャナ)をライブ配信したいと思います。それにしても、これを利用すれば、skype(スカイプ、音声のみ)どころか、動画をリアルタイムで、しかも複数の人と話しができるのです。一昔前と比べたら夢のような話ではありませんか?このようなサービスがあれば、遠距離恋愛の破綻も少なくなるかもしれません。また、世界中の人々のコミュニケーションがさらに深まるかもしれません。とにかく、期待できるサービスです。皆さんも是非ご利用ください。

0 件のコメント:

中国経済が抱える“深すぎる闇” 統計資料も企業開示も不透明…日本企業は守ってもらえない ―【私の論評】中国当局による中国企業への統制強化の方が、より深刻な「チャイナリスク」に(゚д゚)!

中国経済が抱える“深すぎる闇” 統計資料も企業開示も不透明…日本企業は守ってもらえない  ■ 高橋洋一 日本の解き方 輸入額、鉄道貨物輸送料が減っても、変わらない中国のGDPの不思議  中国経済をめぐって、経済成長率の減速や不動産大手の経営問題が浮上している。世界第2の経済大国で...