2007年8月12日日曜日

Stickam-ライブカメラの楽しさ


上は実際にStickamを利用している画面の様子です。
ステッカムは、ライブカメラを利用したweb2.0的コミュニティーサービスです。詳細は以下の説明をご覧下さい。
スティッカムはSNSやブログと違い、コメントして返信を何日も待つ必要ナシ!ライブ中継&チャットだからチャットインしてすぐ盛り上がれる!
Webカメラとマイクを使用すればTV電話のように使えちゃう!遠距離にいる恋人や友達、家族まで、誰にも邪魔されずに会話ができます。
スティッカムTVは、ユーザーであるアナタが企画・構成・制作するコンテンツをTV番組形式で配信するプログラムです。 番組はライブ配信、録画済動画どちらでもOK!


私もさっそく入会しました。いずれ、ジャーマンシェパード2頭(ウィンとチャナ)をライブ配信したいと思います。それにしても、これを利用すれば、skype(スカイプ、音声のみ)どころか、動画をリアルタイムで、しかも複数の人と話しができるのです。一昔前と比べたら夢のような話ではありませんか?このようなサービスがあれば、遠距離恋愛の破綻も少なくなるかもしれません。また、世界中の人々のコミュニケーションがさらに深まるかもしれません。とにかく、期待できるサービスです。皆さんも是非ご利用ください。

0 件のコメント:

金融緩和への奇妙な反対論 マスコミではいまだ「日銀理論」の信奉者、デフレの責任回避の背景も―【私の論評】財政・金融政策は意見ではなく、原理原則を実体経済に適用することで実行されるべきもの(゚д゚)!

日本の解き方 □ 金融緩和への奇妙な反対論 マスコミではいまだ「日銀理論」の信奉者、デフレの責任回避の背景も  デフレ脱却のための金融緩和政策については、かつて日銀内にも否定する声が強くあった。ここにきて「円安の副作用」を批判する声もあるが、こうした反対論は筋が通っているのか。 ...